Dellノートパソコンのバッテリー パフォーマンスを向上させる方法

Summary: Dellノートパソコンのバッテリー パフォーマンスを向上させる方法について説明します。ノートパソコンのバッテリー持続時間を延ばすためにできる設定の変更について説明します。

Article Content


Symptoms

ノートパソコンの構成や電源設定は、バッテリーのパフォーマンスに影響することがあります。これには、次の設定が含まれます。

  • ディスプレイの輝度
  • キーボードのバックライト
  • ディスプレイの解像度
  • Windowsの電源プラン
  • プロセッサー速度
  • ノートパソコンに接続されている外部デバイス

PCの電力消費量を削減し、バッテリー電力を節約するには、次の点を考慮してください。

  • 使用していないときには外部デバイスを取り外す。
  • 画面の輝度を下げる。
  • 開いているソフトウェアの数を減らす。
  • 使用していないときにはWiFiやBluetoothをオフにする。
  • Microsoft Windowsの省電力機能を使用する。
  • 極度の低温/高温にさらさないようにします。システムが極度の低温/高温にさらされると、使用の前や充電の前に、システムが高温または低温になる可能性があります。
  • デバイスの電源を切ってから、デバイスをノートパソコン用のバッグやその他の囲われた場所に置く。
  • ノートパソコンに同梱していた純正のACアダプターを必ず使用する。サード パーティー製ACアダプターまたはバッテリーを使用しない。
  • 該当するシステムでは、Dell Power ManagerまたはDell Command | Power Managerのような、Dellバッテリー管理ソフトウェアをインストールして使用する。

電源プラン(電源スキームとも呼ばれる)は、PCがバッテリー電力を使用する方法と節約する方法を管理するハードウェアおよびシステム設定のコレクションです。

  1. スタート]をクリックし、「コントロール パネル」と入力します。
  2. コントロール パネル]をクリックしてから、[ハードウェアとサウンド]をクリックします。
  3. [電源オプション]をクリックして、電源プランを選択します。
電源プラン 説明
バランス(推奨) 対応ハードウェアでの電力消費量とパフォーマンスのバランスを自動的に調整します。
省電力 可能な限りPCのパフォーマンスを下げることで電力を節約します。
高パフォーマンス PCのパフォーマンスと応答性を最大化します。より多くの電力を使用します。

Dell Power ManagerおよびDell Command | Power Managerを使用すると、特定のシステム使用パターンに応じて最適化されたバッテリー設定を選択することができます。例えば、一部の設定ではバッテリー持続時間を延ばすことを優先し、他の設定では充電の高速化を優先します。バッテリーによっては、利用可能な設定が制限される場合があります。可能なバッテリー設定は次のとおりです。

  • Standard] - バッテリーを適度な速度でフル充電します。この設定は、適度に高速な充電時間を実現しながら、バッテリー持続時間を延ばすことのできるバランスの取れたアプローチを提供します。バッテリーと外部電源を頻繁に切り替えるユーザーに推奨されます。
  • ExpressCharge™] - デルの高速充電テクノロジーを使用してバッテリーを迅速に充電します。バッテリーをすばやく充電する必要があるユーザーに推奨されます。システムの電源がオフの場合、バッテリーは通常1時間以内に80%、2時間で100%充電されます。システムの電源がオンの場合、充電時間が長くなる場合があります。
  • Primarily AC Use] - 充電しきい値を低くすることによりバッテリー持続時間を延ばすことができます。そのため、バッテリーは100%の容量まで充電されません。主にシステムを外部電源に接続して使用するユーザーに推奨されます。
  • Adaptive] - ユーザーの一般的なパターンに基づいてバッテリー設定を自動的に最適化します。「Set It and Forget It」を希望するユーザーに推奨されます。
  • Custom] - ユーザーはバッテリーの充電をいつ開始/停止するかを選択できます。上級ユーザーに推奨されます。

詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell Power Managerに関するガイド(英語)」または「Dell Command | Power Managerのガイド」を参照してください。

バッテリー性能は、ノートパソコンのパフォーマンスとバッテリー持続時間に影響します。パフォーマンスを向上させるには、バッテリー性能を確認し、必要な変更を行うことが重要です。Dellノートパソコンでは、さまざまな方法を使用して、バッテリー性能を測定することができます。

詳細については、Dellナレッジベース記事「Dellノートパソコンのバッテリー性能ステータスを確認する方法」を参照してください。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

バッテリー持続時間またはバッテリー稼働時間

バッテリー持続時間やバッテリー稼働時間は、バッテリーが1回の充電で持続する時間です。バッテリー持続時間は、バッテリー容量(セル数またはワット数(WH))によって異なります。バッテリーにより多くのセルまたはワット数があると、同一の動作条件下でノートパソコンにより長い時間電源を供給できます。


バッテリーの容量

バッテリーの容量は、バッテリーによって格納可能な充電の測定単位です。バッテリーの容量は、バッテリーの化学的劣化に応じて低下します。これにより、1回の充電で使用できる時間が短くなります。バッテリーの最大容量は、バッテリーの容量を、新しい時点の容量と比較して測定します。


バッテリーの寿命

バッテリーの寿命は、充電容量が低下し始める前に、バッテリーを再充電できる頻度です。通常の充電式バッテリーの特徴では、充電容量は、各放電 - 充電のサイクルとともに徐々に低下します。通常、バッテリー持続時間は18~24か月後に低下し始めます。パワー ユーザーの場合は、バッテリー持続時間が18か月より早く低下することがあります。

Powercfgは、バッテリー履歴のレポートを生成できるMicrosoft Windowsの非表示ツールです。このレポートには、バッテリーのパフォーマンスに関する情報が含まれており、バッテリー容量の低下を確認することができます。バッテリー レポートを生成するには、次の手順を実行します。

  1. Windowsロゴを押し続けて、Rキーを押します。
  2. [ファイル名を指定して実行]ダイアログ ボックスにcmdと入力して、Enterキーを押します。
  3. [コマンド プロンプト]ウィンドウで、「powercfg /batteryreport」と入力してEnterを押します(powercfgと/batteryreportの間のスペースに注意してください)。
  4. ファイル エクスプローラー]を開き、C:\Users\Your_Username\を参照します。
  5. battery-report.htmlをダブルクリックして、ブラウザーでレポートを開きます。

Resolution

SLN85590_ja__1Battery(1) SLN85590_ja__2Power(1) Visit our Battery and Power site for additional resources and information.

Videos

Informational videos

How to Increase Laptop Battery Life (Official Dell Tech Support) on YouTube - (1:56)

Maximize Laptop Battery Runtime - (1:25)

Article Properties


Affected Product

Laptops

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

4

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters