コマンド |構成: WinPE 環境で CCTK ツールを使用すると、WMI、SMBIOS 関連のオンスクリーンエラーを停止する方法

Summary: この記事では、CCTK コマンドを使用する場合の問題を解決します。WinPE 環境でツールを設定すると、WMI/SMBIOS 関連のエラーメッセージが発生します。

Article Content


Symptoms

以下の記事では、問題の解決について説明していたのは、CCTK コマンド |WinPE 環境でツールを設定すると、WMI および SMBIOS 関連のエラーメッセージが発生します。


 

Dell のコマンド |WMI および SMBIOS のエラーメッセージを引き起こす CCTK ツールの構成

 

Dell Command |WinPE 環境でコマンドラインツールを実行しようとすると、次のいずれかのエラーが返されます。この問題を解決するには、セクション 2の手順に従ってください。

画面上のエラー

  • CoCreateInstance() failed for locator
  • GetWMISMBIOSTable: NULL pointer to SMBIOS Entry specified.
  • GetWMISMBIOSVersion: null pointer passed as pSmbios. getSmbiosTable():
  • GetWMISMBIOSData returned 0 for buffer size. CoCreateInstance() failed for locator
  • GetWMISMBIOSTable: NULL pointer to SMBIOS Entry specified.
  • GetWMISMBIOSVersion: null pointer passed as pSmbios. getSmbiosTable():
  • GetWMISMBIOSData returned 0 for buffer size.

頭字語の意味

  • Cctk: Dell クライアント設定ツールキット
  • WMI: Windows Management Instrumentation
  • SMBIOS: システム管理 BIOS
  • WinPE: プレインストール環境の Windows


トップに戻る


Resolution

 

Dell のコマンドを停止する方法WMI と SMBIOS のエラーメッセージを引き起こす CCTK ツールを構成します。

 

画面上のエラーが発生する理由は、CCTK .exe を実行するために必要な、必須の WMI パッケージWinPE WMIが存在するためです。Microsoft アセスメント & 開発キット (ADK) を使用して WinPE メディアを作成する場合、デフォルトでは含まれません。

CCTK ツールを使用して、Dell によって提供される適切なバッチファイルを使用することができます。

_x86)64)winpe_10.bat

"%DISM%" /image="%WINPEPATH%"\mount/Add-Package/PackagePath:"%ADKTOOKS%\WinPE_OCs\winpe-wmi.cab

または、次のリンクを使用するか、またはこのパッケージの追加方法について Microsoft の詳細なガイドを参照してください。


トップに戻る


Article Properties


Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters