Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

エラー メッセージの解決: Microsoft Teredo Tunneling Pseudo-Interface このデバイスは開始できません(コード10))

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

[Microsoft Teredo Tunneling Pseudo-Interface このデバイスは開始できません(コード10)]というエラー メッセージが表示されることがあります。一部のシステムでは、Teredoトンネリング デバイスの横にあるデバイス マネージャーで!マークが表示されることがあります。このデバイスをアップデートしてドライバーをインストールしようとすると、エラーが発生し、ドライバーがインストールされないことがあります。この問題を解決するには、以下の手順が役立ちます。

Resolution

 


コマンド プロンプトから

  1. 管理者の資格情報を持つコマンド プロンプトを開きます(CMDを検索し、[管理者として実行]を右クリック)。
  2. netsh」と入力し、Enterキーを押します。
  3. int teredo」と入力し、Enterキーを押します
  4. set state disabled」と入力し、Enterキーを押します
  5. [デバイス マネージャー]を開き、[Teredo Tunneling Pseudo-Interface]をアンインストールします
  6. コマンド プロンプトに戻り、「netsh」と入力してEnterキーを押します
  7. Int ipv6」と入力し、Enterキーを押します
  8. set teredo client」と入力し、Enterキーを押します
  9. デバイス マネージャーに戻って、[新しいハードウェアのスキャン]を選択します。
  10. [表示]メニューから[非表示のデバイスの表示]を選択します。これで、Teredo Tunneling Pseudo-Interfaceにはエラーがなくなりました。

 

上記の手順を実行しても問題が解決しなかった場合は、レジストリーを編集してエラー メッセージを解決するために使用できる手順もあります。

 

メモ: 変更を行う前に、レジストリーをバックアップすることをお勧めします。レジストリーを編集すると、オペレーティング システムのロードに必要なファイルに影響を与えることがあります。デルは、データロスについて一切責任を負いません。

レジストリーから

  1. [スタート]メニューの検索バーで、「regedit」と入力してレジストリー エディタを開きます。
  2. 左側にある、 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CURRENTCONTROLSET\SERVICES\TCPIP6\PARAMETERS]に移動します
  3. [パラメーター]を選択すると、右側ペインに[無効なコンポーネント]のオプションが表示されます
  4. [無効なコンポーネント]を右クリックし、[DWORD]の値を0に設定します
  5. レジストリー エディタを終了し、システムを再起動します。
  6. これで、Teredo Tunneling Pseudo-Interfaceのエラー メッセージが解決されます。

 


その他の情報

Microsoftコミュニティー:「Teredo Tunneling Pseudo-Interface このデバイスは開始できません(コード10)」(英語)

Article Properties


Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

Solution