Dell EMC iDRACサービス モジュールのサポート

Summary: iDRACサービス モジュール(iSM)は、iDRACにオペレーティング システム(OS)機能を統合して、デルのyx2x世代以降のPowerEdgeサーバーにインストールすることができる、軽量のソフトウェアOSサービスです。iSMは、iDRACにOS関連の情報を提供し、OSログへのLCログ イベントSee more

Article Content


Symptoms
Dell EMC iDRACサービス モジュール

Integrated Dell Remote Access Controllerサービス モジュール

  • サポートされているホスト オペレーティング システムにiDRAC管理を拡張する
  • iDRACにOS関連情報を提供する
  • 最小限のホスト フットプリントを必要とする軽量ソフトウェア サービス

Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)サービス モジュール(iSM)は、PowerEdgeサーバーにインストールできるオプションの軽量ソフトウェア アプリケーションです。IDRAC Service Module は、iDRAC インターフェイスを補完します。追加の監視データを使用したグラフィカルユーザーインタフェース (GUI)、RACADM CLI、Redfish、WSMan (ウェブサービス管理)。iDRACサービス モジュールのアーキテクチャは、IPソケット通信を使用して、その他のシステム管理データ(OS/デバイス ドライバー)をiDRACに提供し、OSの標準インターフェイスを介してシステム管理データへのアクセス権を持つ1対多のコンソールを提供します。

 
 

iDRACサービス モジュールの機能

オペレーティング システム情報

Server Administratorは現在、オペレーティング システム情報とホスト名をiDRACと共有しています。iSMは、ホストOS名、サーバー ホストのIPアドレス情報、OSのバージョン、完全修飾ドメイン名(FQDN)など、iDRACと同様の情報を提供します。ホストOSのネットワーク インターフェイスも表示されます。デフォルトでは、このモニタリング機能は有効になっています。この機能は、Server AdministratorがホストOSにインストールされている場合でも使用できます。

Lifecycle Controllerログのオペレーティング システムへのレプリケーション

Lifecycle Controller(LC)ログをOSログに複製します。(アラート ページまたは同等のRACADMまたはWSMANインターフェイスにおいて)ターゲットとしてOSログ オプションを持つすべてのイベントは、iSMを使用してOSログに複製されます。このプロセスは、Server Administratorによって実行されるシステム イベント ログ(SEL)のレプリケーションに似ています。

OSログに含まれるデフォルトのログのセットは、SNMPトラップ/アラート用に設定されたログと同じです。ISMがインストールされた後にLCログに記録されたイベントのみがOSログに複製されます。Server Administratorがインストールされている場合は、OSログでのSELエントリーの重複を避けるために、モニタリング機能が無効になります。

iSM 2.1を起動すると、LCログを複製する場所をカスタマイズすることができます。デフォルトでは、LCログはWindowsイベント ビューアーのWindowsログ フォルダーのシステム グループに複製されます。LCログは、既存のグループに複製するか、またはWindowsイベント ビューアーのアプリケーションとサービス ログフォルダーに新しいフォルダーを作成して複製することができます。

自動システム リカバリー機能

自動システム リカバリー機能はハードウェア ベースのタイマーで、ハードウェア障害が発生した場合にサーバーをリセットするために使用されます。この機能により、指定された時間間隔後に再起動、電源の入れ直し、または電源オフなどのシステムの自動リカバリー操作を実行できます。この機能は、オペレーティング システムのウォッチドッグ タイマーが無効になっている場合にのみ有効になります。Server Administratorがインストールされている場合、ウォッチドッグ タイマーの重複を避けるため、モニタリング機能は無効になります。

Windows Management Instrumentationプロバイダー

iSMで使用可能なWindows Management Instrumentationプロバイダーは、Windows Management Instrumentation(WMI)を介してハードウェア データを公開します。WMIは、インストルメント化されたコンポーネントが情報と通知を提供するために使用するオペレーティング システム インターフェイスを提供する、Windowsドライバー モデルの一連の拡張機能です。WMIは、Distributed Management Task Force(DMTF)がサーバー ハードウェア、オペレーティング システム、およびアプリケーションを管理するために定めた、Web-Based Enterprise Management(WBEM)標準およびCommon Information Model(CIM)標準をMicrosoftが実装したものです。WMIプロバイダーは、Microsoft System Centerなどのシステム管理コンソールとの統合を助け、Microsoft Windows Serverを管理するためのスクリプト作成を可能にします。

SupportAssistコレクション

iDRACのSupportAssist収集機能は、ハードウェア、OS、および関連するアプリケーション データに関する情報を収集し、この情報を圧縮します。OS Collectorツールは、iSM 2.0以降のバージョンを使用して、関連するOSおよびハードウェア情報を自動的に収集します。TSRを使用したOSおよびアプリケーション情報の収集を含む自動サポートログ収集。

iSMを使用すると、収集プロセスが自動化されるため、テクニカル サポート レポートを収集するための手動の手順数が減ります。

注:iDRACサービス モジュール2.0はサポートされているMicrosoftまたはLinuxオペレーティング システムを実行しているシステムにインストールされているため、デフォルトで使用可能です。
メモ:CentOSでは、自動テクニカル サポート レポートのOSログ収集機能はサポートされていません。

NVMe PCIe SSDデバイスの取り外しサポート

システムをシャットダウンまたは再起動せずに、不揮発性メモリー エクスプレス(NVMe)の周辺機器相互接続エクスプレス(PCIE)ソリッド ステート デバイス(SSD)を取り外します。デバイスを取り外す場合は、データの損失を防ぐために、デバイスに関連付けられているすべてのアクティビティを停止する必要があります。データの損失を防ぐため、[Prepare to Remove]オプションを使用して、デバイスに関連付けられているすべてのバックグラウンド アクティビティを停止してから、NVMe PCIe SSDを取り外すことができるようにします。

リモートでのiDRACのハード リセット

iDRACを使用すれば、サポートされているサーバーで重要なシステム ハードウェア、ファームウェア、またはソフトウェアの問題が発生していないかモニタリングします。ごくまれに、iDRACが応答しなくなることがあります。以前は、サーバーから電源を抜くことによってサーバーの電源を切る必要がありました。現在では、iDRACが応答しなくなったときには、リモートiDRACハード リセット機能を使用して、サーバーをシャットダウンすることなく、リモートiDRACのリセット操作を実行できます。この機能を使用するためには、ホストOSの管理者権限が必要です。デフォルトでは、リモートiDRACハード リセット機能は有効になっています。

ホストOS経由のiDRACのアクセス

Dell PowerEdgeサーバーを使用して、iDRAC専用ネットワークを構成することにより、iDRACを介してデバイスのハードウェアまたはファームウェアを管理します。専用のネットワーク ポートを使用して、GUI、WSMAN、RACADM、RedfishクライアントなどのiDRACインターフェイスにアクセスします。

ハードウェアまたはファームウェアを管理するための前提条件として、デバイスとサポートされているiDRACインターフェイスの間に専用の接続を設定することをお勧めします。ホストOS経由でのiDRACアクセス機能を使用して、デバイスとiDRAC専用ネットワーク間の接続にはかかわりなく、OS IPまたはホストからiDRACインターフェイスに接続します。この機能は、iDRACがサーバーに接続されていない場合でも、ハードウェアまたはファームウェアをモニタリングします。

iDRAC SNMPアラートの帯域内サポート

iDRACと、帯域外サーバー管理およびモニタリング ツールを使用して、SNMPトラップ/アラートをログに記録することができます。ただし、帯域内エージェントの視点を使用してホストOSのシステム管理を行うと、ホストOSから受け取るSNMPアラート上のプレファレンスが、iDRACから受け取るトラップよりも多くなります。iDRACからSNMPアラートを受信すると、アラートのソースを特定することが難しくなります。これは、システムIPではなく、iDRAC IPからのものであるためです。

iSM 2.3を起動すると、ホストOSからSNMPアラートを受信することができます。これは、iDRACによって生成されるアラートに類似しています。

WSMANのリモートでの有効化

現在のところ、WMI情報機能を使用すれば、ホストのMicrosoft Windows WMIネームスペースに接続して、システム ハードウェアを監視することができます。ホスト上のWMIインターフェイスはデフォルトで有効になっており、リモートでアクセスすることができます。ただし、WINRMのWMIアダプターを使用してWMIインターフェイスにアクセスする場合には、デフォルトでは有効になっていないため、手動で有効にする必要があります。この機能を使用する場合、インストール中に有効にしておけば、WINRM WMIのネームスペースにリモートでアクセスできます。

iDRACサービス モジュールのMicrosoft Windows用の工場出荷時インストール(顧客のオプトイン)

iSMを工場出荷時にMicrosoft Windowsオペレーティング システム用にインストールできるようになりました。iSMが事前にインストールされているため、重要なログおよびサポート ドキュメントに迅速にアクセスすることができます。Microsoft Windowsオペレーティング システムの工場出荷時インストールを選択した場合には、使用可能なオプションからiSMのインストールをオプトインすることができます。

  • iSM - Enabled - Windows OSにiSMを工場出荷時にインストールします
  • iSM - Disabled - OSにiSMをインストールしない場合には、このオプションを選択する必要があります

S.M.A.R.Tモニタリング

S.M.A.R.Tモニタリング機能は、AHCIモードでSATAが有効にされているハードディスク ドライブをサポートします。これには、SATAチップセット コントローラー下のハード ドライブについて、iDRACでサポートされている監査方法を使用して、S.M.A.R.Tアラートをモニタリングする機能が組み込まれています。以前のアラートは、RAIDモードで設定されたハード ドライブをモニタリングするために、任意のオープンソース ユーティリティーを使用してモニタリングされていました。

フル パワー サイクル

フル パワー サイクル機能は、サーバーの補助電源をリセットする方法を提供します。サーバーの補助電源で動作するサーバー ハードウェアの数が増加しており、一部のサーバーに関する問題をトラブルシューティングするには、サーバーの電源ケーブルを物理的に取り外し、補助電源で動作するハードウェアをリセットする必要があります。これには、電源ケーブルを物理的に抜き差しする必要があるため、お客様やサポート担当者に多大なコストと手間がかかります。フル パワー サイクル機能を使用すると、管理者はデータ センターにアクセスすることなく、補助電源をリモートで接続または切断することができます。この機能は、iDRAC9でサポートされています。

SupportAssist On-the-Box

SupportAssistは、時間を節約し、テクニカル サポート ケースを合理化します。イベントに基づいてデータを収集し、SupportAssistでオープン サービス リクエストを作成します。スケジュール設定されたデータ収集により、ご使用の環境をモニタリングおよび維持することができます。これらの収集するデータには、ハードウェア データ、RAIDコントローラー ログ、OS、アプリケーション データが含まれます。サポートされる機能は次のとおりです。

  • SupportAssist登録 - iSMではSupportAssist登録をサポートしています。これは1回限りのアクティビティです。名前、Eメール、住所、電話番号などの必要な詳細を入力して登録を完了することができます。
  • SupportAssistコレクション - iDRACのSupportAssist収集機能は、ハードウェア、OS、および関連するアプリケーション データに関する情報を収集し、この情報を圧縮します。
  • SupportAssistは次の機能も提供します。
    • プロアクティブな問題の特定
    • 自動ケース生成
    • Dellテクニカル サポート担当者によるサポート連絡

Microsoft S2Dのソフトウェア イベントとハードウェア障害の相関

ハードウェア ストレージ プールのアラートまたはイベントのイベント ログは、iSMのサーバー ストレージ相関機能を使用してモニタリングされます。現在、Dell EMCストレージ コントローラーがRAIDモードで使用されている場合に、サーバー ストレージ サブシステムはモニタリングされます。ただし、ストレージ スペース(SS)またはストレージ スペース ダイレクト(S2D)では、サーバー ストレージ サブシステムはパススルー モードでモニタリングされるか、またはSATAチップセットを使用してストレージ プールが作成されます。この機能を使用すると、LifeCycleログ対象となるハードウェア デファインド アラートおよびOSログの対象となるソフトウェア デファインド アラートがマージされ、アラートがiDRAC LifeCycleログに登録されます。この機能は、iDRACサービス モジュール パッケージと一緒にインストールされ、デフォルトで有効になっています。ユーザーは、iDRAC設定でプリファレンスを変更できます。モニタリングの一環として、iSMはログを監査して潜在的なエラーと警告を表示します。iSMは、ホスト上のSS相関イベントを同等のLCイベントに取り込みます。

iSM SupportAssistによるディスクの自動ディスパッチ

予測アラートの一部として、サーバーが次のいずれかの SNMP イベントをヒットした場合は、次の手順を実行します。PDR16 および PDR63 は、推奨されるライセンス契約条件に従って、予測障害のディスパッチに関する電子メールを介して Dell EMC サポートから推奨を送信します。パーツをディスパッチするには、Dell EMCサポートへのサービス アドレスが必要です。この機能は、WindowsおよびLinuxオペレーティング システムでのみ使用できます。

iDRAC GUIランチャー

iDRAC GUIランチャーのアイコンをダブルクリックして、ローカル システムからiDRAC GUIを起動します。iDRAC GUIログイン ページがデフォルトのブラウザーで開き、iDRACの認証情報を使用してiDRACホーム ページにログインできます。これは、Microsoft Windowsオペレーティング システムでのみサポートされています。

ホストOS管理者のデスクトップからiDRAC GUIへの単一サインオン(SSO)

ISM 3.4を起動すると、iSMとiDRAC間のデータ通信がTLSに保護されたUSBNIC INETソケットを介して行われます。これにより、USBNICを介してiDRACからiSMに転送されるすべてのデータが確実に保護されます。iSMとiDRACは、自己署名証明書を使用して認証を制御します。自己署名証明書の有効期間は10年です。iSMのインストール中に、毎回新しい自己署名証明書が生成されます。

TLSプロトコルを使用したiSMとiDRAC間通信のセキュリティ強化

ISM 3.4を起動すると、iSMとiDRAC間のデータ通信がTLSに保護されたUSBNIC INETソケットを介して行われます。これにより、USBNICを介してiDRACからiSMに転送されるすべてのデータが確実に保護されます。iSMとiDRACは、自己署名証明書を使用して認証を制御します。自己署名証明書の有効期間は10年です。iSMのインストール中に、毎回新しい自己署名証明書が生成されます。

 

iDRAC9 ダッシュボード

Dell EMC iDRACサービス モジュールの拡張機能

Dell EMCでは、Dell EMC iDRACサービス モジュールを継続的に改良しています。

Dell EMC iDRACサービス モジュール3.5の新機能

  • サポートされているOS:
    • Red Hat Enterprise Linux 8.3
    • Red Hat Enterprise Linux 7.9
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP2
    • Ubuntu® 20.04 LTS
    • VMware ESXi 7.0
  • 新機能と拡張された機能
    • Linux と VMware の ESXi に事前にロードされないように、ライブラリを安全にロードします。
    • RAIDモードでチップセットSATAコントローラー デバイスのS.M.A.R.T属性をモニタリング。
    • チップセット SATA デバイスの履歴に含まれているファイル SupportAssist 収集に記録されます。
    • VMware ESXi の2つのイベントに対して、ディスクの自動ディスパッチを SupportAssist ます。
      • 物理ディスクの予測エラーが報告された。
      • 書き込み処理中に、< デバイス > の不良ディスクブロックを再割り当てすることはできません。
    • Linux オペレーティングシステムの拡張された NVMe 準備機能-nvme ドライブが使用されている場合、または nvme ドライブで raw 読み取りおよび書き込み操作が進行中の場合、NVMe の取り外しの準備操作は許可されません。
    • 高度な Idrachのリセットおよび FullPowerCycle 機能— BIOS でセキュアブートオプションが有効になっている場合、idrachセキュアリセットおよび FullPowerCycle 操作がサポートされています。必要な BIOS の最小バージョンは、yx5x AMD サーバー用の v1.5.3 です。

拡張機能の完全リスト、制限事項、修正された問題、既知の問題については、「Dell EMC iDRACサービス モジュール リリース ノート」の最新バージョンを参照してください。

iSMのすべてのバージョンを含む完全リストについては、「Dell EMC iDRACサービス モジュール」を参照してください。

 
 

iDRAC9設定項目

Dell EMC iDRACサービス モジュールのダウンロードとインストール

Dell EMC iDRACサービス モジュールは、iDRAC7、iDRAC8、およびiDRAC9を搭載したESXiサーバー用のMicrosoft Windows、Linux、およびESXiオペレーティング システムのほとんどのバージョンでサポートされています。サポート プラットフォームとオペレーティング システムの詳細については、「サポート プラットフォーム」の項を参照してください。

お使いのシステムのiSMの特定バージョンは、サーバー モデルとインストールされているオペレーティング システムによって異なります。iSMの最新バージョンをダウンロードするには、次の手順に従います。

  • Dell.com/supportに移動し、サーバー モデルを選択するか、サービス タグを入力します。
  • ドライバーおよびダウンロード]を選択します。
  • お使いのシステムのオペレーティング システムを選択します
  • iSM」とキーワードを入力します。
  • Dell EMC iDRACサービス モジュールの最新リビジョンをダウンロードします。

ソフトウェア要件、システム要件、およびiSMをインストール、アップグレード、アンインストールする手順の詳細については、「iDRACサービス モジュールのインストール」の項を参照してください。

 
 
 

Dell EMC iDRACサービス モジュールのリソース

コミュニティ

Systems Managementコミュニティーに参加すると以下を利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

ドキュメンテーション

最新のマニュアルについては、Dell EMC iDRACサービス モジュールのマニュアルおよび文書を参照してください。

ホワイト ペーパー

「iDRAC Service Module - iDRAC Access via Host Operating System」


2017年1月
17ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降のホスト オペレーティング システム機能を使用したiDRACアクセスの使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。

ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Module - Enable In-Band iDRAC SNMP Alerts


2017年1月
17ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降でのインバンドiDRAC SNMPアラートの使用方法、設定、およびトラブルシューティングについて説明しています。

ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Module-How to perform an iDRAC CPU Hard Reset


2016年7月
8ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、iDRAC Service Moduleバージョン2.3以降のiDRAC CPUハード リセット機能の使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。

ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Module 2.1 (min) on Ubuntu and Debian Linux Operating Systems


2015年9月
19ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、UbuntuおよびDebian Linuxオペレーティング システムでのiDRAC Service Moduleバージョン2.1以降の使用方法とトラブルシューティングについて説明しています。

ホワイト ペーパーを読む

iDRAC Service Module – Windows Management Instrumentation


2015年4月
17ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、Windows PowerShell、Windows Management Instrumentationコマンドライン、Windows Remote Managementクライアント(WINRM)、WBEMTESTなどのWindows Management Instrumentation(WMI)クライアント インターフェイスを使用して、さまざまなハードウェア プロファイルをモニタリングするためにiDRACサービス モジュールを使用する方法について説明します。

ホワイト ペーパーを読む

ビデオ

How to install the iDRAC Service Module via iDRAC GUI

 

iDRAC GUIからiDRACサービス モジュールをインストールする方法について説明します。

2017年11月

How to perform a SupportAssist Collection in iDRAC Service Module 3.0.1

 

iDRACサービス モジュール3.0.1を介してSupportAssist収集機能を実行する方法について説明します。

2017年11月

Enabling iDRAC access via Host OS on Microsoft Windows in iSM 2.4

 

Microsoft WindowsでホストOS機能を経由したiDRACアクセスを有効化して設定する方法について説明します。

2017年7月

Install iDRAC Service Module on Microsoft Windows Nano OS

 

Microsoft Windows Nanoオペレーティング システムでiDRACサービス モジュールをインストールする方法について説明します。

2017年7月

Enabling iDRAC access via Host OS feature on Linux in iSM 2.4

 

Linuxシステムで帯域内iDRACアクセスを有効にする方法について説明します。

2017年7月

Viewing iDRAC SNMP Traps received from the host OS on Linux in iSM 2.4

 

Linuxオペレーティング システムでホストOSから受信したiDRAC SNMPトラップを表示する方法について説明します。

2017年7月

Monitoring Dell servers through iDRAC Service Module using WMI

 

Microsoft System Center Operations ManagerまたはSCOM環境で、Dell Server Management Pack Suiteバージョン6.3向けのWindows Management Instrumentation(WMI)を使用して、iDRACサービス モジュール(iSM)を介してDellサーバーをモニタリングするプロセスについて説明します。

2017年7月
Cause
Dell EMC
Resolution
Dell Technologies 2021

Article Properties


Affected Product

Software, iDRAC Service Module, iDRAC8, iDRAC9, Lifecycle Controllers

Product

iDRAC7

Last Published Date

07 Apr 2021

Version

6

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters