Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Windowsリモート デスクトップ クライアント アクセス ライセンスをインストールおよび変換する方法

Summary: Windowsリモート デスクトップ クライアント アクセス ライセンス(RD CAL)には、次の2種類があります。ユーザーごと、デバイスごと。この記事では、ライセンス サーバーにRD CALをインストールし、あるタイプから別のタイプに変換する方法について説明します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Instructions

RD CALは、リモート デスクトップ サービス(RDS)の導入に必要です。RD CAL は、リモート デスクトップ セッションを介して RDS 展開に接続するユーザーまたはデバイスごとに購入する必要があります。RD CAL は、リモート デスクトップ ライセンス マネージャー コンソールを使用して、リモート デスクトップ ライセンスの役割サービスがインストールされているサーバーにインストールされます。

RD CALをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. リモート デスクトップ ライセンス サーバーで、サーバー マネージャーの [ツール ]メニューからリモート デスクトップ ライセンス マネージャー コンソールを起動します。
  2. コンソールの左ペインで、ライセンス サーバーを右クリックし、[ ライセンスのインストール]を選択します。
  3. ライセンスのインストール ウィザードが開きます。第一画面で 次へ をクリックします。
  4. ドロップダウン リストから適切なライセンス プログラムを選択します。ライセンス プログラムは、CALのインストールに必要なその他の情報を決定します。この例では、最も一般的なオプションである[License Pack (Retail Purchase)]を選択します。このプログラムを通じて購入されたCALには、25文字のライセンス キーが含まれています。[Next]をクリックして続行します。
  5. 表示されたフィールドにライセンス キーを入力し、[ Add]をクリックします。複数のキーを入力できます。すべてのキーを入力したら、[ 次へ ]をクリックします。
  6. その後、キーが検証されます。[Finish]をクリックしてウィザードを閉じます。
  7. 新しくインストールされた CAL が RD ライセンス マネージャー コンソールの右側のウィンドウに表示されます。
前述のように、RD CALには2つのタイプがあります。ユーザーごと、デバイスごと。CALを1つのタイプから別のタイプに変換する必要がある場合があります。たとえば、接続ユーザー数のCALは、Active Directoryドメインでのみ使用できます。RD CAL を変換するには、次の手順を実行します。
  1. リモート デスクトップ ライセンス サーバーで、サーバー マネージャーの [ツール ]メニューからリモート デスクトップ ライセンス マネージャー コンソールを起動します。
  2. コンソールの左ペインで、ライセンス サーバーを選択します。インストールされたCALが右側のペインに表示されます。各エントリは 1 つのキーパックを表し、1 つ以上の CAL を含めることができます。
  3. 変換するCALキー パックを右クリックし、[ ライセンスの変換]を選択します。
  4. CAL パック内のすべての CAL を変換するには、[ 完全変換] を選択します。一部のCALのみを変換するには、[ Partial Conversion ]を選択し、変換するCALの数を入力します。[OK]をクリックして続行します。
  5. プロンプトのテキストを確認し、[ Continue ]をクリックしてCALを変換します。
  6. 確認ポップアップで[ OK ]をクリックします。RD ライセンス マネージャー コンソールに変更が反映されます。
注:場合によっては、変換されたCALをユーザーまたはデバイスに割り当てるために、1つ以上のセッション ホストのライセンス モードを変更する必要があります。たとえば、インストールされているすべての CAL がユーザー単位から接続デバイス単位に変換された場合、接続デバイス数ライセンス モードのセッション ホストのみがそれらを使用できます。

Convert-License Powershellコマンドレットを使用してRD CALを変換することもできます。

Additional Information

デモについては、このビデオをご覧ください。


このビデオはYouTubeでもご覧いただけます。
 

Article Properties


Affected Product

Microsoft Windows Server 2019, Microsoft Windows Server 2022

Last Published Date

05 Jan 2024

Version

5

Article Type

How To