Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

DellストレージSCv20x0、SCv30x0、SC4020、SC5020 SASアレイに接続するVMware ESXiホストの準備

Summary: 次の手順に従って、SAS アレイに接続するように WMware ESXi を準備します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Instructions
この文書では次のトピックについての情報を提供します。   
  • SCv20x0、Scv30X0、SC4020 SC5020アレイに接続するVMware ESXiホストの準備
  • フロントエンド SAS 接続性に関するドライバの互換性

  1. SCv20x0、Scv30X0、SC4020 SC5020アレイに接続するVMware ESXiホストの準備

サポートされているドライバおよびファームウェアについては、KB 記事 000147092 DELL ストレージ互換性マトリックス を確認してください。

  • ESXi 5.5および6.0には、「mpt3sas」ドライバが必要です。 VMware Webサイトからダウンロードしてください
    • デルでカスタマイズしたESX 5.5 & 6.0 ISOは、適切なSAS HBAドライバを自動的にロードしません。ドライバのアップデートが必要です。
    • ネイティブ・インボックス・ドライバを使用すると、HBAからはESX内のボリュームが表示できなくなります。
  • ESXi 6.5には、「lsi_msgpt3」ドライバが必要です。インボックスドライバを使用することができます。ただし、ISOイメージが異なれば、デフォルトで使用されるドライバも変わります。
    • デルEMCでは、Dell™ EMC PowerEdgeサーバ上のVMwareには、デルでカスタマイズしたISOを使用することをお勧めします。このISOは、デルのWebサイトの 「ドライバおよびダウンロード」ページ の「エンタープライズソリューション」セクションにあります。
    • デルでカスタマイズしたESX 6.5 ISOは、適切なSAS HBAドライバを自動的にロードします。
    • 標準のVMware ESX 6.5 ISOを使用している場合、正しいインボックスSAS HBAドライバを有効にする必要があります。
これらの手順は、システム付属のSCv20x0インストールポスターの手順4、または『Deployment Guide(導入ガイド)』の第3章で説明されている手順と同じです。
 
ESXホストをSAS HBAでStorage Centerアレイに接続するには、DSM Data Collectorを使用する必要があります。  DSM Clientのアレイへの直接接続は、現在サポートされていません。

有効になっているドライバを確定します。  
  1. ESXiホストでSSHを有効にします。
    1. vSphere ClientでESXiホストにログインします。
    2. 「Configuration(構成)」タブを選択し、「Software(ソフトウェア)」メニューで「Security Profile(セキュリティプロファイル)」タブを選択します。
    3. 「Services(サービス)」エリアで、「Properties(プロパティ)」を選択します。
    4. 「SSH」を選択し、「Options(オプション)」ボタンをクリックします。
    5. 「Start(開始)」をクリックし、「OK」で確定します。
  2. SSHクライアント(Puttyなど)を使用して、ESXiホストに接続します。
  3. 実行しているドライバを確定します。これを行うには、次のコマンドを入力します。"esxcfg-scsidevs-a"                                                       
HOW11081_en_US__1ESX_SAS_esxcfg-scsidevs
 
  1. 標準のESX 6.5 ISOイメージを使用する場合は、次のコマンドで、「mpt3sas」ドライバを無効にして、「lsi_msgpt3」ドライバを有効にします。  
  • esxcfg-module -d mpt3sas
  • esxcfg-module -e lsi_msgpt3
  1. ESX 5.5および6.0のドライバが正しくない場合は手順5aに進みます。正しいドライバが表示された場合は、手順5bに進みます。
    1. 次のコマンドを入力して正しくないドライバを無効にします。
  • esxcli system module set --enabled=false --module=lsi_msgpt3: 手順6に進みます。
HOW11081_en_US__2ESX_SAS_esxcli_system_module_set (1)
  1. ドライバのバージョンが KB 記事000147092のものと一致していることを確認します。 「Dell Storage Compatibility Matrix(Dell Storage互換性マトリックス)」に記載のバージョンと一致することを確認します。次のコマンドを入力します。
  • mpt3sasドライバタイプの場合: 「vmkload_mod -s mpt3sas |grep Version」 
HOW11081_en_US__3ESX_SAS_vmkload_mod
  ドライバのアップデート:  
  1. すべての仮想マシンをホストから移動し、メンテナンスモードに移行します。
  2. KB 記事000147092の記載に従って正しいドライババージョンをダウンロードします。 「Dell Storage Compatibility Matrix(Dell Storage互換性マトリックス)」: に記載されているものを参考にしてください(この文書の作成時点のドライババージョンはESX 5.5 U2用が04.00.00.00.1vmwです)。ドライバは、 VMware Webサイトからダウンロードしてください
  3. ダウンロードした「ZIP」パッケージから「.VIB」ファイルを解凍します。
  4. 「.VIB」ファイルをESXiホストにアップロードします。
    1. ESXiホストインターフェイスで、「Configuration(構成)」タブを選択します。
    2. 「Configuration(構成)」メニューで「Storage(ストレージ)」を選択し、「.VIB」ファイルをアップロードするためのデータストアを選択します 
      (データストアがない場合、任意のFTPクライアントを使用して、/tmpフォルダにアップロードできます)。
    3. データストアを右クリックし、「Browse Datastore(データストアの参照)」を選択して、データストアを参照します。
    4. 「upload a file(ファイルのアップロード)」アイコンを選択して、「.VIB」ファイルをアップロードします。
  5. 次のコマンドを入力して、新しいドライバをインストールします (適切なパスとファイル名を調整します)。"esxcli software vib install-v/vmfs/volumes/esxi01-local/scsi-mpt3sas-04.00.00.00.1vmw-1OEM.500.0.0.472560.x86_64 vib"
HOW11081_en_US__4ESX_SAS_esxcli_software_vib
 
  1. VMware ESXiホストを再起動します。
  2. HBAに正しいドライバがロードされ、Storage Centerを正常に使用できるようになっているはずです。上記の手順5bを繰り返して確認します。
HBAファームウェアもiDRACを使用して更新してください。
  1. Connectivity2 のフロントエンド SAS ドライバの互換性

Dell EMC Storageの互換性マトリックスでは、SASフロント エンド接続を使用して6.5 VMware ESXiバージョンがテスト/サポートされています。SASドライバー「lsi-msgpt3」バージョン12、およびStorage Center OS(SCOS)バージョン7.2.x/7.3.xは、このテスト/サポートされているソリューションに含まれていました。ただし、VMWare ESXi 6.5 U1、6.5 U2、および6.7にアップグレードすると、バージョン16などのアップデートされたlsi-msgpt3 SASドライバーが自動的にインストールされます。  ドライバーのモジュール パラメーターを手動で設定しないと、バージョン12以降のlsi-msgpt3はこのアップデートされたドライバーとSCOSを使用するESXiバージョンでは正しく動作しません(たとえば、ホストの再起動でLUNの容量が0バイトになります。この場合、コントローラーのフェールオーバー時に、SASフロント エンド ボリュームにアクセスできなくなり、PSODカーネルのダンプが出力されます)。これは、ESXi 6.5と6.7に最も顕著な影響を及ぼします。ただし、この新しいドライバーをESXi 6.0(デフォルトのドライバーではない)で使用する場合も当てはまります。

Recommendations:(推奨手順:) 

lsi-msgpt3ドライバー(通常はESXi 6.5+)を使用してStorage CenterとESXiホスト間のSAS接続を利用している場合、ベスト プラクティスの設定は、lsi-msgpt3 SASドライバーのすべてのバージョンについてモジュール パラメーターを以下に説明されているように変更することです。  12以降のバージョンでは、この設定が必須です。  このアップグレードされた最適な設定は、『VMware vSphere 5.x~6.xを使用するDell EMC SCシリーズのベスト プラクティス』にも記載されています。この変更を有効にするには、ホストを再起動する必要があります。

SASドライバーでモジュール パラメーターを設定するステップ 

  1. モジュール パラメーター値をリストします。
esxcli system module parameters list -m lsi_msgpt3
 
SLN313031_en_US__1image (7172)
  1. issue_scsi_cmd_to_bringup_driveモジュール パラメーターを変更します。
esxcli system module parameters set -p issue_scsi_cmd_to_bringup_drive=0 -m lsi_msgpt3
  1. モジュール パラメーター値が変更されたことを、ステップ1のlistコマンドで確認します。
SLN313031_en_US__2image (7173)
  1. 変更した値を有効にするためにESXiホストを再起動します。 
 

Article Properties


Affected Product

Dell Compellent SC4020, Dell Storage SCv2000, Dell Storage SCv2020, Dell Storage SCv2080, Dell Storage SC5020

Product

Storage

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

6

Article Type

How To