Dell TechDirectの使用ガイド

Summary: ケース作成、セルフディスパッチ、サポート リクエストを含むDell TechDirectの使用方法について説明しています。

Article Content


Instructions

この文書では、登録からディスパッチ プロセスまで、TechDirectのほぼすべてについて説明します。


目次:


TechDirectとは?

TechDirectポータルでは、Dell EMC製品を導入環境からサポートまで効率的に管理するために必要なツールが用意されています。ポータルは24時間365日利用可能で、保証期間内システムのサポートをリクエストしたり、スタッフ認定を管理したりすることができます。クライアント システムのProDeploy Plusを購入すると、TechDirect追加機能を利用できます。

トップに戻る


TechDirectへの登録

企業は、TechDirectアカウントを設定する管理者を指定する必要があります。この管理者はwww.TechDirect.comにアクセスし、[Register now]ボタンをクリックして登録プロセスを開始します。このプロセスの一環として、管理者は技術者ユーザーを追加します。このユーザーには、登録を確認し、ログインの詳細を提供するEメールが届きます。パーツのディスパッチを希望するユーザーは、まず、TechDirectオンライン ポータル内で無料のオンライン認定コースを完成させる必要があります。

トップに戻る


ブランチ/グループの追加

新しいブランチ/グループを追加するには、次の手順を実行します。

HOW12318_ja__1icon メモ:新しいブランチ/グループを追加するには、管理者アカウントが必要です。
  1. Utilities]に移動して、[Administrator Control Panel]をクリックします。
  2. Groups]タブをクリックします。
  3. 左下の[Add Group]ボタンをクリックします。
  4. ブランチ/グループのすべての詳細を入力し、[Save]をクリックします。
  5. 技術者をすぐにグループに追加することを選択できますが、必要に応じて後で追加することもできます。

トップに戻る


技術者の追加

技術者アカウントを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Utilities]に移動して、[Administrator Control Panel]をクリックします。
  2. Technicians]カテゴリを選択します。
  3. 次のページで、[Add Technician]ボタンをクリックします。
  4. 技術者についてのすべてのデータを入力し、アカウントの役割を選択します。
    HOW12318_ja__1icon メモ:役割名の上にカーソルを置くと、役割の簡単な説明が表示されます。
  5. Next]をクリックして、技術者の割り当て先となる[Branch]を選択します。
  6. Next]をクリックして、入力したデータを確認し、[Send]をクリックします。

技術者がEメールを受け取り、TechDirectアカウントにログインできるようになります。

トップに戻る


セルフディスパッチの認定を受ける方法

セルフディスパッチを作成する前に、技術者は認定を受ける必要があります。技術者は、次の手順を実行することによってTechDirect内で直接Dellシステム エンジニア認定を管理することができます。

  1. Services]に移動し、[Self-Dispatch]をクリックします。
  2. Get Authorized]ボックスで、[Apply]ボタンをクリックします。
  3. educate.dell.comにリダイレクトされたら、[My Learning]をクリックします。
  4. 左側にある[All Learning Activity]をクリックします。
  5. 左側にある[My Certifications]をクリックします。
  6. 右側に、使用可能なシステム認定書のリストが表示されます。表の右端にある[Actions]リンクをポイントします。
  7. ポップアップで、[Begin Registration]をクリックします

トップに戻る


サポート リクエストの作成

新しいサポート リクエストを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Services]に移動し、[Technical Support]をクリックします。
  2. Create New Service Request]で[Create]ボタンをクリックします。
  3. ケースを開くシステムのサービスタグを入力します。
  4. 次のステップで、サポート ケースに関する詳細情報を入力し、[Next]をクリックして続行します。
    • 問題の説明
    • 実行済みのトラブルシューティング手順
    • 問題を解決するための手順
    • 文書、画像、またはその他のファイル(例:ログ)
  5. サイト担当者の連絡先の詳細を入力します。デルは、少なくとも2つの連絡先を指定することを推奨します。
  6. システムの場所を指定します。以前に保存した住所をリストから選択することもできます。
  7. 入力した情報をもう一度確認して、[Next]をクリックします。これにより、サービス リクエスト番号を含む確認メッセージが表示されます。

トップに戻る


セルフディスパッチの作成

ディスパッチを作成するには、次の手順を実行します。

  1. Services]に移動し、[Self-Dispatch]をクリックします。
  2. Create Dispatch]で[Create]ボタンをクリックします。
  3. システムのサービスタグを入力し、リストからブランチを選択します。
  4. 表示されているシステムの詳細を確認し、[Next]をクリックして続行します。
  5. 技術者およびお客様のオンサイトでの情報を提供します。
  6. オンサイト エンジニアを含む予備部品が要求された場合は、修復日を指定してください。
  7. 問題を分析して解決するために行った手順など、問題を説明してください。使用可能な場合は、ePSAのエラー コードを入力し、[Next]をクリックします。 
    HOW12318_ja__1icon ここでは、スクリーンショットやログなどのファイルを追加することもできます。サーバーのディスパッチにはログが必要であることに注意してください。
  8. リストから必要なスペア パーツ(最大4つ)を選択し、可能であれば各パーツのシリアル番号を入力します。
  9. サイトの下までスクロールします。ここでは、オンサイト エンジニアが必要かどうかを選択します。または、お客様の技術者がオンサイトでシステムを修理する場合は、[Next]をクリックします。
  10. 提供されたデータをすべて確認して、リクエストを確認します。

デルはリクエストを確認し、指定されたすべてのデータが正常である場合にはディスパッチを作成します。

トップに戻る


Article Properties


Affected Product

Desktops & All-in-Ones, Printers & Accessories, Projectors & Accessories, Laptops, Servers, Tablets

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

How To

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters