Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

ドライバー パック カタログ

Summary: BYOD(個人所有のデバイスの活用)、エンタープライズ クライアント、およびモビリティ ソリューションを導入、管理、保護、および仮想化する方法を専門家および同僚から学びます。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Instructions

Dell Command | Deploy Catalog別名ドライバー パック カタログ)1.0(リリース ノート(英語))は、デルがリリースした最新のシステムおよびWinPEのドライバー パックに関するメタデータです。これは、デルのタブレット、Latitude、OptiPlexおよびPrecisionシステムをサポートしています。お客様は現在のDell Command |を見つけてダウンロードできます。選択した自動化方法を使用して、ドライバー パック(別名ドライバー パック)を導入します。 

ドライバー パック カタログとドライバー パックは、「リリース スケジュール(英語)」に従ってアップデートされます。ドライバー パック カタログは、下の3つのいずれのリンクからもダウンロードできます。

http://downloads.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab

ftp://downloads.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab

ftp://ftp.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab

 

ドライバー パック カタログは、XMLファイル「DriverPackCatalog.xml」であり、Dellエンタープライズ クラス システム(Latitude、OptiPlex、Precision、タブレット)に適用可能なシステムおよびWinPEドライバー パックの走査可能なリストです。「DriverPackCatalog.xml」は圧縮され、デジタル署名され、インターネット経由で「DriverPackCatalog.cab」として配信されます。「DriverPackCatalog.xml」のXMLスキーマは、 DriverPackManifest.xsdからダウンロードできます(参照されるXSDは同じ場所にあります。DataModelCore.xsdおよび Package.xsd )。

DellテックセンターのRockStarに認定されているDustin Hedges氏のブログ(英語)では、ドライバー パック カタログを使用することでドライバーCABを「automagicallyに(魔法のように自動的に)」取得する方法が紹介されていますので、ご参照ください。また、MDTに詳しいKeith Garner氏は、MDT用スクリプト(ビデオ チュートリアル付き)(英語)を提供しています。

「DriverPackCatalog.xml」の内容は、次の2つのカテゴリーに分類できます。

1.       ドライバー パック カタログに関するメタデータ: 

このセクションは、ドライバー パック リリースの親ノードとして機能し、カタログ自体に関するメタデータを含んでいます。このセクションに存在する重要な情報または属性を、下で説明します。 

  • baseLocation:

ドライバー パックのダウンロード時のルート フォルダーを指定するURLコンポーネント。

  • baseLocationAccessProtocols

 ベース ロケーションで許可されているネットワーク プロトコル。デフォルトでは、HTTPおよびFTPが許可されています。

  • dateTime:

カタログ ビルドの日付と時刻に関する情報。

  • バージョン:

カタログのリリース バージョン。バージョン番号の形式は次のとおりです。Year.Month.ReleaseNumber(YYYY.MM.RN)。

 

  • スキーマ バージョン:

カタログの構築に使用されたXMLスキーマのバージョンに関する情報。

2.       ドライバー パックに関するメタデータ: 

各「ドライバー パッケージ」ノードは、エンティティとしてドライバー パックを表します。属性および子ノードとして存在する情報またはデータは、次の2つの基本的な目的で使用されます。

  • ダウンロードするドライバー パックを検索するまたは見つける。
  • ドライバー パックの適用可能性を評価する。 

これらの目的に基づいて、一部の重要な属性および子ノードについて詳しく説明します。 

「ドライバー パッケージ」ノードの重要な属性

  • フォーマット:

ドライバー パックは.EXEファイルとして提供されるため、デフォルト値は「DUP」です。 

  • hashMD5:

.EXEファイルのMD5。 

  • サイズ:

.EXEファイルのサイズ。 

  • dateTime:

ドライバー パックのリリース日。 

  • ベンダ バージョン:

通常、デフォルト値は次のとおりです。1.0.ただし、ドライバー パックの内部構造が変更された場合はバージョンも変わります。 

  • デル バージョン:

デルによって割り当てられた、ドライバー パック リリースのバージョン。バージョン番号は、通常、A00からA99まで増分して割り当てられます。 

  • パス:

ルートのダウンロード場所または「DriverPackManifest」ノードの「baselocation」からの相対URLに関する情報を表示します。 

  • リリースID:

デルによって割り当てられた、ドライバー パックの固有のID。 

  • タイプ:

ドライバー パック カタログは、システムおよびWinPEドライバー パックをサポートしています。タイプは、システム ドライバー パックの場合は「Win」、WinPEドライバー パックの場合は「WinPE」になります。 

 

「ドライバー パッケージ」ノードの重要な子ノード:

 

  • SupportedSystems:

「SupportedSystems」ノードは、モデルに関するドライバー パックの適用可能性を定義します。「Brand」(子)ノードは基幹業務に関する情報を提供し、「Model」(孫)ノードはモデルに関する情報を提供します。 

モデルの適用可能性を評価するために使用される「ブランド」ノードと「モデル」ノードの主な属性は次のとおりです

  • keyおよびprefix

 

デルによって割り当てられた、取扱製品の識別キーと接頭コード。

 

Key

接頭コード

基幹業務

4

ラッチ

Latitude

1

OP

OptiPlex

11

PRE

Precision

90

TABLET

タブレット

72

XPSNOTEBOOK

XPSノートパソコン

 

  • systemID

デルによって割り当てられた、モデルのシステムBIOSに対する固有ID。

デルによって割り当てられた、モデルの名前。

 

注:「systemID」と「name」の両方がBIOSにフラッシュされますが、「systemID」はWMIクエリーにすぐにアクセスできません。したがって、「名前」を使用することをお勧めします。

注:「Display」ノードのCDATAをプログラムで使用することは推奨されません  

 

  • SupportedOperatingSystems:

ドライバー パックのオペレーティング システムの適用可能性は、「SupportedOperatingSystems」および「OperatingSystem」ノードによって定義されます。

 

オペレーティング システムの適用可能性を評価するために使用される「オペレーティング システム」ノードの主な属性は次のとおりです

 

  • osVendor:

ドライバー パックはMicrosoft Windowsオペレーティング システムのみを対象としているため、デフォルト値はMicrosoftです。

 

  •  osArch:

デルが提供するシステムおよびWinPEのドライバー パックは、32ビット(x86)および64ビット(x64)のオペレーティング システム アーキテクチャをサポートします。

 

  •  majorVersionminorVersionspMajorVersionspMinorVersion:

これらの属性は、Windowsオペレーティング システムのメジャー バージョン、マイナー バージョン、サービス パック メジャー バージョンおよびサービス パック マイナー バージョンを表します。  詳細については、「オペレーティング システムのバージョン(英語)」を参照してください。

 

注:ドライバー パックは、Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1などのクライアント オペレーティング システム専用に構築およびリリースされています。特定のモデルのすべてのオペレーティング システム用のドライバー パックは、ハードウェアとソフトウェアの互換性などが原因で使用できない場合があります。

 

注:言語、名前、タイトルなど、xmlファイルに存在するその他のデータの使用は推奨されません。たとえば、「majorVersion」、「minorVersion」、「osArch」、「osVendor」は、OSの適用可能性を識別するために使用する必要があります。

 

1.デルから「DriverPackCatalog.cabをダウンロードする」方法

 

注:最新のドライバー パック カタログ「DriverPackCatalog.cab」ファイルは、Dellサポート サイトで入手できます。以前のバージョンは、アップデートが行われるたびにサイトから削除されます。

 

PowerShellスクリプト スニペット:

 

説明:http://downloads.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab、ftp://downloads.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab、または ftp://ftp.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab を使用して、カタログを現在のディレクトリにダウンロードします。 

 

$source = "http://downloads.dell.com/catalog/DriverPackCatalog.cab"

$destination = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.cab"

$wc = New-Object System.Net.WebClient

$wc.DownloadFile($source, $destination)

 

 

2.「DriverPackCatalog.cab」から「DriverPackCatalog.xml」を取得する方法

 ドライバー パック カタログ(「DriverPackCatalog.xml」)はデジタル署名されており、解凍可能な「DriverPackCatalog.cab」ファイルとして配信されます。

 

PowerShellスクリプト スニペット:

 

説明:「DriverPackCatalog.cab」から「DriverPackCatalog.xml」を現在のディレクトリーに抽出します。

 

$catalogCABFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.cab"

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

EXPAND $catalogCABFile $catalogXMLFile

 

3.「DriverPackCatalog.xml」でサポートされているモデルのリストを見つける方法

注:LOBタイトルとモデル コードは子ノードに存在しますが、BIOS/システムIDと名前を使用してドライバー パックの適用可能性を評価することをお勧めします。

説明:現在のディレクトリにある「DriverPackCatalog.xml」からカタログでサポートされているシステムのモデル名とBIOS/システムIDの間のマッピングを取扱製品とともに取得します

 

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

[xml]$catalogXMLDoc = Get-Content $catalogXMLFile

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage | Select-Object @{Expression={$_.SupportedSystems.Brand.key};Label="LOBKey";},  @{Expression={$_.SupportedSystems.Brand.prefix};Label="LOBPrefix";}, @{Expression={$_.SupportedSystems.Brand.Model.systemID};Label="SystemID";}, @{Expression={$_.SupportedSystems.Brand.Model.name};Label="SystemName";} –unique

 

注:1つのモデル名を複数のシステムIDに関連づけることができ、その逆も同様です。このような場合が生じるのは、構成/機能がBIOS/システムIDで制御されており、一部のモデルで複数の構成が使用可能であるからです。

Recommendations:(推奨手順:)ドライバー パック カタログは、上記のスクリプトの説明に従ってSystemIDまたはSystemNameを使用してトラバースする必要があります。つまり、モデル ノードの「SystemID」および「名前」属性。ただし、SystemIDはMicrosoftのWMIクラスから容易にアクセス可能ではないので、Name属性をお勧めします。 

  

4.「DriverPackCatalog.xml」からシステムのドライバー パックを検索する方法

「DriverPackCatalog.xml」が現在のディレクトリで使用可能になると、XMLを解析して、BIOS/システムIDまたは名前を使用してモデルに適用可能なすべてのドライバー パックを検索できます。

 

PowerShellスクリプト スニペット:

 

説明:  特定のシステムに適用可能なすべてのシステムおよびWinPEドライバー パックを取得するには、スクリプトの「BIOS ID」または「システム名」を置き換えます。

 

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

[xml]$catalogXMLDoc = Get-Content $catalogXMLFile

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.SupportedSystems.Brand.Model.systemID -eq "BIOS ID") -or ($_.type -eq "WinPE")} |sort type

または

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.SupportedSystems.Brand.Model.name -eq "システム名") -or ($_.type -eq "WinPE")} |sort type

 

 5.「DriverPackCatalog.xml」からシステムおよびオペレーティング システム用のシステム ドライバー パックを見つける方法

 ドライバー パック カタログには、特定のモデルおよびオペレーティング システム用の最新のドライバー パックのみが含まれています。

 

PowerShellスクリプト スニペット:

 

説明:「OSメジャー バージョン」、「OSマイナー バージョン」、および「BIOS ID」または「システム名」を置き換えて、モデルとオペレーティング システムのシステムCABを取得します。

 

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

[xml]$catalogXMLDoc = Get-Content $catalogXMLFile

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.SupportedSystems.Brand.Model.systemID -eq "BIOS ID") -and ($_.type -ne "WinPE") -and ($_.SupportedOperatingSystems.OperatingSystem.majorVersion -eq "OS Major Version" ) -and ($_.サポートされているOperatingSystems.OperatingSystem.minorVersion -eq "OSマイナー バージョン" )}

または

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.SupportedSystems.Brand.Model.name -eq "システム名") -and ($_.type -ne "WinPE") -and ($_.SupportedOperatingSystems.OperatingSystem.majorVersion -eq "OS Major Version" ) -and ($_.サポートされているOperatingSystems.OperatingSystem.minorVersion -eq "OSマイナー バージョン" )}

 

 6.「DriverPackCatalog.xml」からオペレーティング システム用WinPEドライバー パックを検索する方法

 

注: カタログ内のすべてのモデルをサポートするWinPE CABには、サポートされているシステムのリストがありません。

PowerShellスクリプト スニペット:

 

説明:オペレーティング システムのWinPE Cabを取得するには、「OSメジャー バージョン」と「OSマイナー バージョン」を置き換えます。

 

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

[xml]$catalogXMLDoc = Get-Content $catalogXMLFile

$catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.type -eq "WinPE") -and ($_.SupportedOperatingSystems.OperatingSystem.majorVersion -eq "OS Major Version" ) -and ($_.サポートされているOperatingSystems.OperatingSystem.minorVersion -eq "OSマイナー バージョン" )}

 

 

7.モデル、オペレーティング システム、およびタイプのドライバー パックのリンクを「DriverPackCatalog.xml」からダウンロードする方法

 

(タイプ)-(BIOS/システムのIDまたはシステム名)-(オペレーティング システム)用のドライバー パックが見つかったら、それを簡単にダウンロードできます。

 

PowerShellスクリプト スニペット:

 説明:この例では、WinPE CABのダウンロードを示しています。モデルおよびオペレーティング システム用のWinPE CABを取得してそれを現在のディレクトリーにダウンロードするには、「OSメジャー バージョン」および「OSマイナー バージョン」を置き換えてください。

 

$catalogXMLFile = "$pwd" + "\DriverPackCatalog.xml"

[xml]$catalogXMLDoc = Get-Content $catalogXMLFile

$cabSelected = $catalogXMLDoc.DriverPackManifest.DriverPackage| ? { ($_.type -eq " WinPE ") -and ($_.SupportedOperatingSystems.OperatingSystem.majorVersion -eq "OS Major Version" ) -and ($_.サポートされているOperatingSystems.OperatingSystem.minorVersion -eq "OSマイナー バージョン")}

 

$cabDownloadLink = 「http://」+ $catalogXMLDoc.DriverPackManifest.baseLocation + $cabSelected.path

$cabDownloadLink = 「http://」+ $catalogXMLDoc.DriverPackManifest.baseLocation + "/" + $cabSelected.path

$Filename = [System.IO.Path]::GetFileName($cabDownloadLink)

$downlodDestination = "$pwd" + "\" + $Filename

$wc = New-Object System.Net.WebClient

$wc.DownloadFile($cabDownloadLink, $downlodDestination)

 

Article Properties


Last Published Date

27 Jul 2022

Version

4

Article Type

How To