Dell Recovery & Restore USBドライブの作成および使用方法

Summary: 以下の手順は、Dell Recovery & Restore USBドライブを作成する方法、およびそのドライブを使用して、動作していないPCまたはタブレットのオペレーティング システムを復元する方法を示しています。

Article Content


Symptoms
Cause

手順1:正常に動作しているコンピュータでDell Recovery & Restore USBドライブを作成する

作業を開始する前に

注:Dell Recovery and Restore USBツールは、Windowsオペレーティングシステム用です。Linux OSの再インストールについては、Dell Linux回復イメージを使用して、オペレーション システムを工場出荷時の状態に復元します。

Dell Recovery and Restore USBドライブを作成するプロセスを開始するには、Dell Recovery & RestoreからDell Recovery Restoreソフトウェアをダウンロードします。Dell Recovery & RestoreソフトウェアをUSBドライブにインストールすると、ドライブが再フォーマットされて、既存のデータは消去されます。USBに保存されているファイルやデータを必ずバックアップしてください。

正常に動作しているコンピュータに、Dell Recovery & Restoreソフトウェアをインストールする

  1. ファイルがブラウザのタスクバーまたは「ダウンロード」フォルダにダウンロードされたら、.zipファイルを解凍する必要があります。この操作を行うには、ダウンロード場所に移動し、ファイルを右クリックし、「すべて展開」を選択します。
    注:ファイルが正しく解凍されない場合、ダウンロードしたファイルが破損しているか、正しいファイル解凍を行っていない可能性があります。ファイルを.zipファイルに変更してからファイルを解凍してみてください。
  2. デル・ダイレクト・キーまたはsetup.exeファイルをクリックするか実行し、インストーラを起動します。Dell Recovery & Restoreインストールウィザードが画面に表示されます。
  3. Dell Recovery & Restoreインストールウィザードで、「Next(次へ)」「Install(インストール)」の順にクリックします。
  4. インストールウィザードが完了したら、「Finish(終了)」.をクリックします。

Dell Recovery & Restoreを開いて、ソフトウェアをUSBドライブに転送する

  1. デスクトップのDell Key CreatorアイコンSLN298442_en_US__3direct-key-icon3をクリックして、アプリケーションを開きます。
  2. 16GB以上のUSBドライブを使用可能なUSBポートに接続します。
  3. Dell Recovery & Restoreアプリケーションウィンドウで、使用するメディアとしてUSBドライブを選択します。ソフトウェアによってUSBドライブが検出されます。検出されない場合は、ドロップダウンボックスの横にある「Refresh(更新)」アイコンをクリックします。
  4. 「Start(開始)」をクリックすると、Dell Recovery & RestoreソフトウェアがUSBに転送されます。
  5. ディスクのフォーマットに関するダイアログボックスが表示されたら、メッセージを無視して、右上隅にある「X」をクリックしてボックスを閉じます。
  6. 処理が完了すると、「Operation done(操作完了)」のメッセージが表示されます。「OK」をクリックします。

トップに戻る


手順2:Dell Recovery & Restore USBドライブから、動作していないコンピュータを起動またはブートする

Windows 10およびWindows 8.1の場合

注:Windows 10およびWindows 8.1には、信頼できるソフトウェアでのみシステムが起動するようにする、セキュアブートと呼ばれるセキュリティ機能が搭載されています。システムにDell Recovery & Restore USBドライブで起動する権限を与えるために、セキュアブートを一時的に無効にする必要があります。復元処理が終了したら、セキュアブートを再度有効にする手順を実行します。
セキュアブートを無効にする方法
  1. 修復するシステムの電源を入れるか、再起動します。
  2. デルのロゴ画面が表示されたら、キーボードのF2キーを数回タップして、UEFIメニューを開きます。あるいは、WindowsでShiftキーを押しながら「再起動」を選択します。[Troubleshoot]>[Advanced Options: UEFI Firmware Settings]の順に移動します。
  3. 矢印キーを使用して、UEFIメニューの「Boot(ブート)」タブに移動します。
  4. 続いて、「Secure Boot(セキュアブート)」を選択してEnterキーを押し、+または-キーを使用してステータスを「Disabled(無効)」に変更して、Enterキーを押します。変更の許可を求めるメッセージが表示されたら、「Yes(はい)」をクリックします。
  5. 「Boot List Option(起動リストオプション)」を選択してEnterキーを押し、オプションメニューで「Legacy(レガシー)」を選択して、Enterキーを押します。
  6. Dell Recovery & Restoreを保存したUSBドライブを、使用可能な任意のUSBポートに接続します。
  7. 矢印キーを使用して、「System Setup(BIOS)」ウィンドウの「Exit(終了)」タブに移動します。「Save(保存)」および「Exit(終了)」を選択します。システムが自動的に再起動します。
Dell Recovery & Repair USBドライブから起動する方法
  1. デルのロゴ画面が表示されたら、キーボードのF12キーを数回タップして、セットアップ画面を起動します。
  2. 「USB storage device(USBストレージデバイス)」を選択して、Enterキーを押します。
  3. PCでUSBドライブのDell Recovery & Restoreソフトウェアが起動します。
  4. Recovery & Restoreウィンドウで、アプリケーションの優先言語を選択します。
  5. ライセンス契約の条項を確認して同意し、「続行」をクリックします。

Windows 7の場合

  1. 修復するシステムの電源を切ります。
  2. Dell Recovery & Restoreを保存したUSBドライブを、使用可能な任意のUSBポートに接続します。
  3. システムの電源を入れます。
  4. デルのロゴ画面が表示されたら、キーボードのF12キーを数回タップして、BIOS画面を起動します。
  5. 矢印キーを使用して「USB Storage Device(USBストレージデバイス)」を選択し、Enterキーを押します。PCでUSBドライブのDell Recovery & Restoreソフトウェアが起動します。
  6. Recovery & Restoreウィンドウで、アプリケーションの優先言語を選択します。
  7. ライセンス契約の条項を確認して同意し、「続行」をクリックします。

トップに戻る


手順3:Dell Recovery & Restoreで、修復、復元、再インストールの各オプションが順を追って示される

ビデオ - Dell Windows 8またはWindows 10 USBリストア キーでPCを復元する

注:クラウド内のキーでは、オペレーティングシステムのイメージはダウンロードされません。また、空のハードドライブを使用した復元では機能しません。クラウド内のキーの機能を以下にリストします。
HDD SMARTソフトウェア修復の60秒スキャン(スマート修復機能は以下の問題の解決に使用できます)
MBR(メイン ブート レコード)の問題
BCD(ブート構成データ)の問題
パーティションの問題
データ バックアップ処理
非表示のパーティションからイメージの復元プロセスを開始します

「Smart Repair(Smart修復)」

Smart修復は、次に示すような最も一般的で基本的なWindowsの起動の問題を自動的にチェックして、修復を試みます。

  • メイン ブート レコードの問題
  • ブート構成データの問題
  • パーティションテーブルの問題
  • HDDのファイルシステムのエラー

Smart修復で問題の検出と修正を行うことができた場合、サマリー画面が表示され、Dell Recovery & Restoreアプリケーションを終了してコンピュータを再起動するように求められます。データが処理されることはないため、データロスのリスクはありません。

Smart修復で問題を修正できない場合、Dell Recovery & Repairはプロセスの次の手順に進みます。

「Data and User-Settings Backup(データとユーザー設定のバックアップ)」

Dell Recovery & Repairによって、オペレーティングシステムの再インストールを続行するよう求めるメッセージが表示されます。「続行」をクリックするとバックアップ画面が表示され、個人的なファイルと設定をバックアップするオプションが示されます。

注:データのバックアップを行うことを強くお勧めします。「スキップ」をクリックすると、Windowsが再インストールされたときに、すべてのデータと設定が失われます。

バックアップには次の選択肢があります。

  • デフォルトバックアップ。Continue]をクリックすると、PCフォルダーに保存されているあらゆるデータ(例:ドキュメント、ミュージック、ビデオ、ピクチャの各フォルダー)がバックアップされます。
  • カスタマイズバックアップ「さらに表示を選択」をクリックすると、カスタマイズバックアップ画面が開きます。このオプションでは、バックアップするファイルを個別に選択できます。
  • バックアップなし「スキップ」をクリックすると、バックアップがキャンセルされます。個人的なファイルと設定は失われます。

必要なバックアップオプションを選択した後、外部ハードドライブに接続するか、プロセスの次の手順に進むように求めるメッセージが表示されます。

「Image Recovery and Reinstall(システムイメージ回復)」

  • バックアップが完了すると、Dell Recovery & Restoreは、コンピュータ上に存在する非表示のシステムイメージを使用して、イメージの復元を実行します。
  • イメージの復元が完了すると、バックアップが完了するまでシステムの再起動が数回実行され、外部ハードドライブを取り外して再接続するよう求めるメッセージが表示されます
  • すべてのプロセスが完了すると、Windowsが正常に起動して、デスクトップが表示されます。
  • Dell Recovery & Restoreアプリケーションウィンドウが開きます。プロンプトが表示されたら、「再起動」ボタンをクリックします。
  • システムの再起動後、Dell Recovery & Restoreアプリケーションによって、(データをバックアップするよう選択した場合は)外部ハードドライブを接続して「続行」をクリックするよう求めるメッセージが表示されます。
  • オペレーティングシステムの再インストールが終了すると、システムを再起動してインストールを完了するよう求めるメッセージがもう一度表示されます。[再起動]を選択します。
  • ご使用のオペレーティングシステムがWindows 8.1の場合は、手順4をすべて実行して、セキュアブートを再度有効にしてください。

トップに戻る


手順4:復元したコンピュータでセキュアブートを再度有効にする(Windows 10およびWindows 8.1のみ)

  1. 復元したシステムを再起動します。
  2. デルのロゴ画面が表示されたら、キーボードのF2キーを数回タップして、UEFIメニューを開きます。あるいは、WindowsでShiftキーを押しながら「再起動」を選択します。[Troubleshoot]>[Advanced Options: UEFI Firmware Settings]の順に移動します。
  3. 矢印キーを使用して、UEFIメニューの「Boot(ブート)」タブに移動します。
  4. 続いて、「Secure Boot(セキュアブート)」を選択してEnterキーを押し、+または-キーを使用してステータスを「Enabled(有効)」に変更して、Enterキーを押します。変更の許可を求めるメッセージが表示されたら、「Yes(はい)」をクリックします。
  5. 「Boot List Option(起動リストオプション)」を選択してEnterキーを押し、オプションメニューで「UEFI」を選択して、Enterキーを押します。

トップに戻る


便利なリンク

トップに戻る

Resolution

 
保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いの製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。 
 
注:サービスは現在、米国、カナダ、英国フランスでPCをご利用の個人のお客様にのみに提供されています。サーバーとストレージには適用されません。

Article Properties


Affected Product

Desktops & All-in-Ones, Alienware, Inspiron, Retired Models, OptiPlex, Vostro, XPS, G Series, Laptops, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Retired Models, Workstations, Fixed Workstations, Mobile Workstations

Last Published Date

01 Apr 2021

Version

7

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters