iDRAC 9を介して、PowerEdge 14Gを使用したSupportAssistコレクションとPERCログのエクスポート

Summary: iDRAC9を搭載したDellデバイスでは、SupportAssistコレクションは主にWebインタフェースを使用して手動で作成できます。この記事では、その方法について説明します。

Article Content


Symptoms
この記事および付属するビデオでは、SupportAssistコレクションのエクスポートについて説明します。このコレクションには、オペレーティング システム ログ、アプリケーション データ、およびRAIDコントローラー ログが含まれます。これは、PowerEdgeサーバー、データセンター スケーラブル サーバー、およびDell Precisionワークステーションのintegrated Dell Remote Access Controller 9(iDRAC9)Webインターフェイスを使用して行われます。


iDRAC 7または8を使用してPowerEdgeサーバーでSupportAssistコレクションをエクスポートする方法については、別の記事で説明されています。 
iDRACのマニュアルにアクセスするには、www.dell.com/idracmanualsにアクセスして、お使いのiDRACの世代、次にインストールされているファームウェアのバージョンをクリックし、[マニュアルおよび文書]をクリックしてください。

iDRAC 9を使用してSupportAssistログを抽出するには、このビデオの手順に従ってください。または、ビデオの下のテキスト手順に従ってください。


 

SLN306670_ja__1icon iDRACサービス モジュール(iSM)をダウンロードしてインストールします。お使いのサーバーにインストールされているオペレーティング システム向けの正しいバージョンは、[ドライバおよびダウンロード]ページにあります。

iDRACサービス モジュール(iSM)がインストール済みで、ホスト オペレーティング システムで実行されている場合、オペレーティング システム情報を含むSupportAssistコレクションを手動で生成することができます。iDRACサービス モジュールは、ホスト オペレーティング システム上で適切なオペレーティング システムのCollectorを起動し、データを収集してiDRACに転送します。その後でデータを必要な場所に保存することができます。SupportAssistコレクションを手動で生成するには:
 

  1. iDRAC Webインターフェイスにログインした後で、「Maintenance(メンテナンス)」に移動します(図1)。

  2. 次にタブ「SupportAssist」を選択します(図1)。

SLN306670_ja__1icon メモ: SupportAssistワークフローにサーバが登録されていない場合、「SupportAssist登録ウィザード(英語)」が表示されます。登録を推奨しますが、必須ではありません。登録しない場合は、[キャンセル]→[登録をキャンセル]をクリックします。コレクションをDell EMCサポートに自動的に送信するには、登録が完了している必要があります。
  1. 「Start a Collection(コレクションの開始)」をクリックします(図1)。

    SLN306670_ja__3iDRAC_9_SupportAssist_Collection
    図1:iDRAC9 GUI 

  2. 収集するデータ:コレクションに含めるデータセットを選択するか、既に選択されているデフォルトをそのまま使用します。テクニカル サポートから要求があった場合は、オペレーティング システムとアプリケーションのデータを収集します。

SLN306670_ja__1icon :[Operating System and Application Data]オプションは、次の場合には無効化されており選択できません。
  1. コレクションの設定:個人の特定が可能な情報(PII)対応のためにフィルタリングが必要なデータセットを選択することができます(図2)。

    SLN306670_ja__5image(9411)
    図2:コレクションの設定 

  2. コレクションの保存先を選択します。

    1. サーバがSupportAssistワークフローに登録されている場合、「Send Now(今すぐ送信)」オプションが有効になります。このオプションを選択すると、生成されたコレクションがDell EMCサポートに直接送信されます。
    2. 「Save locally(ローカルに保存)」オプションを使用して、生成されたコレクションをローカルシステムに保存することができます。
    3. ネットワークに保存]オプションを選択すると、生成されたコレクションがユーザー定義のCIFSまたはNFS共有の場所に保存されます。
SLN306670_ja__1icon :[ネットワークに保存]オプションが選択されている場合、ユーザーが指定したネットワークの詳細は、今後のすべてのコレクションに対してデフォルトとして保存されます。
  1. 「Collect(収集)」をクリックして、コレクションの生成を続行します。

  2. 「End User Level Agreement(エンドユーザレベル契約)(EULA)」に同意して、処理を続行します。

 

Dellサポートに直接SATCを送信する方法については、ここをクリックします。

 



Need more help?  
SLN306670_ja__7cloud Find additional PowerEdge and PowerVault articles
Watch Part Replacement Videos for Enterprise products
   
SLN306670_ja__8chat

Visit and ask for support in our Communities

   
SLN306670_ja__9key

Create an online support Request

Article Properties


Affected Product

iDRAC Service Module, iDRAC9, PowerEdge XR2, PowerEdge C4140, PowerEdge C6400, PowerEdge C6420, PowerEdge C6525, PowerEdge FC640, PowerEdge M640, PowerEdge M640 (for PE VRTX), PowerEdge MX740c, PowerEdge MX840c, PowerEdge R240, PowerEdge R340 iDRAC Service Module, iDRAC9, PowerEdge XR2, PowerEdge C4140, PowerEdge C6400, PowerEdge C6420, PowerEdge C6525, PowerEdge FC640, PowerEdge M640, PowerEdge M640 (for PE VRTX), PowerEdge MX740c, PowerEdge MX840c, PowerEdge R240, PowerEdge R340, PowerEdge R440, PowerEdge R540, PowerEdge R640, PowerEdge R6415, PowerEdge R6515, PowerEdge R6525, PowerEdge R740, PowerEdge R740xd, PowerEdge R740xd2, PowerEdge R7415, PowerEdge R7425, PowerEdge R7515, PowerEdge R7525, PowerEdge R840, PowerEdge R940, PowerEdge R940xa, PowerEdge T140, PowerEdge T340, PowerEdge T440, PowerEdge T640, PowerEdge XE2420, Precision 7920 Rack See more

Last Published Date

05 Dec 2020

Version

3

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters