Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

ドッキング状態またはドッキング解除状態のときに、USB Type-CまたはThunderboltを搭載したコンピューターで、起動のたびにBitLockerでリカバリー キーが要求される

Summary: この記事では、ドッキング ステーション使用時にUSB Type-CまたはThunderbolt 3を搭載したコンピューターを起動するときに、Windows BitLockerがリカバリー キーを要求する場合の対処方法について説明します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

USB Type-CまたはThunderbolt 3ドッキング ステーションを使用している場合にコンピューターを起動すると、BitLockerでリカバリー キーの入力を求めるプロンプトが表示されます。

この記事は、次のモデルを対象としています。

  • Latitude 5280
  • Latitude 5480
  • Latitude 5580
  • Latitude 7280
  • Latitude 7380
  • Latitude 7480
  • Precision 3520
注:その他のDellコンピューターでも同じ動作をする可能性があります。次の修正は、上記のモデルを対象としています。

Cause

原因に関する情報ではありません。

Resolution

目次

  1. 起動時にBitLockerが回復キーを要求する
  2. BitLockerで回復キーが要求されなくなるBIOSの設定方法

起動時にBitLockerが回復キーを要求する

注:続行する前にコンピューターのBIOSをアップデートします。一部のBIOSアップデートには、この問題の修正が実装されています。Dellの「ドライバおよびダウンロード」サイトで、アップデートされたバージョンを確認できます。

BitLockerは、Windowsオペレーティング システム(OS)の暗号化機能です。コンピューターを起動するたびにBitLockerがリカバリー キーを要求するという問題が発生する可能性があります。この問題は、USB Type-CおよびThunderbolt 3 (TBT)のポートを搭載したコンピューターで発生することが確認されています。

BitLockerは、コンピューターの起動設定に変更がないかをモニターします。起動リストに新しいデバイスが追加されたり、外部ストレージ デバイスが接続されたことが検出されると、BitLockerはセキュリティ上の理由からキーを要求します。これは、通常起こることです。

この問題が発生するのは、USB-C/TBTの起動サポートおよびTBTの起動前サポートが、デフォルトでオンに設定されているためです。BIOSでこれらのオプションをオフにすると、起動リストからすべてのUSB-C/TBTデバイスが削除され、BitLockerにも検知されません。

この設定変更の唯一の悪影響は、USB-C/TBTドングルまたはドッキング ステーションからPXE起動できないことです。


BitLockerで回復キーが要求されなくなるBIOSの設定方法

この問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. BIOSを起動します(起動画面でF2またはF12を押します)。
  2. System Configuration]、[USB Configuration]の順に移動して、次の変更を行います。
    注:コンピューターのタイプによっては、これらのオプションが他の場所に存在する場合があります。
     
    1. USB Type-CまたはThunderbolt 3の起動サポートを無効にする
    2. USB Type-CまたはThunderbolt 3(およびTBTの後ろのPCIe)のプリブートを無効にする
    3. UEFIネットワーク スタックを無効にする
    4. POST Behavior]->[Fastboot]->[Thorough]を設定する

これらの変更が行われると、コンピューターが起動するごとにBitLockerキーの入力を求めるプロンプトが表示されなくなります。

注:その他の原因でリカバリー キーが要求される場合、この手順では解決できないことがあります。

このソリューションはUEFIモードで動作します。レガシー モードを使用しているコンピューターの場合は、次の記事を参照してください。Windows 10、UEFI、TPM 1.2ファームウェアでの再起動時にBitLockerがオンにならない、または回復キーが要求される

トップに戻る

Additional Information

詳細なサポートとガイダンスについては、次の手順ビデオをご覧ください。『Resolve BitLocker Recovery Key Prompts

Article Properties


Affected Product

Dell Dock WD15, Dell Thunderbolt Dock TB16, Dell Precision Dual USB-C Thunderbolt Dock - TB18DC, Latitude 5280/5288, Latitude 7280, Latitude 7380, Latitude 5480/5488, Latitude 7480, Latitude 5580, Precision 3520

Last Published Date

14 Sep 2022

Version

4

Article Type

Solution