Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell PowerEdge:仮想ディスクのRAIDレベルを変更する方法(英語)」

Summary: オンライン仮想ディスクをその容量を拡張するかRAIDレベルを変更する方法で、再設定する方法

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

SLN305744_en_US__1icon 注:この記事は、サーバー チュートリアル:「Raid and Disks」の一部です(こちらからアクセス可能)。
 

オンライン仮想ディスクは、その容量を拡張するかRAIDレベルを変更する方法で、再構成することができます。
 
SLN305744_en_US__1icon 注:RLM/OCEが完了するまでは、RLM/OCEを実行中のすべての仮想ディスクの書き込みキャッシュ ポリシーが、コントローラーによってライトスルーに変更されます。
SLN305744_en_US__1icon 注:RAID 50および60のようなスパンした仮想ディスクは再構成できません。 
SLN305744_en_US__4icon 仮想ディスクの再構成は通常、再構成操作が完了するまで、ディスクのパフォーマンスに影響を及ぼします。
SLN305744_en_US__4icon RAID再構成の前にバックアップを実行することをお勧めします。

 

オンライン容量拡張(OCE)は、2通りの方法で行うことができます。
  • ディスク グループに1つの仮想ディスクがあり、空き容量が使用可能な場合、仮想ディスクの容量は、その空き容量内で拡張できます。
  • 仮想ディスクを作成し、この仮想ディスクでディスクグループの最大サイズを使用しない場合、空き容量が利用可能です。
空き容量は、[Replace Member]機能を使用してディスク グループの物理ディスクがよりサイズの大きいディスクで交換された場合にも利用可能になります。仮想ディスクの容量は、物理ディスクを追加するためのOCE操作を実行しても拡張できます。


RAIDレベルの移行(RLM)とは、仮想ディスクのRAIDレベルの変更を指します。RLMとOCEを同時に行うと、仮想ディスクでRAIDレベルの変更と容量拡張が同時に実行できます。RLM/OCE操作の完了後に再起動する必要はありません。移行元RAIDレベル列は、RLM/OCE操作前の仮想ディスクRAIDレベルを示します。移行先RAIDレベル列は、RLM/OCE操作後のRAIDレベルを示します。
 
SLN305744_en_US__1icon 注:この機能は、サポートされているPERC(9および10)がある場合は、iDRAC9世代以降で利用可能です。

仮想ディスクを拡張するには、類似したディスクをバックプレーンに取り付けてから仮想ディスクを再構成します。

再構成を行うには、以下の手順に従います。
  • PERC BIOSメニューで(起動時)、「Virtual Disk(仮想ディスク)」を選択したら、F2キーを押し、「Reconfigure(再構成)」を選択します。
  • OMSA (OpenManage Server Administrator)で、[System]>[Storage]>[PERC]>[Virtual Disk]の順に選択して、ドロップダウン メニューで[Reconfigure]を選択します。

 


可能なRAIDレベルの移行:

ソースRAID ターゲットRAID 必要な物理ディスクの数(開始時) 物理ディスクの数(終了時) 容量拡張の可否 説明
RAID 0 RAID 0 1 2台以上 はい 容量を増やします。
RAID 0 RAID 1 1 2 No ディスクを1台追加して、非冗長の仮想ディスクをミラー仮想ディスクに変換します。
RAID 0 RAID 5 1台以上 3台以上 はい 分散パリティデータ用に少なくとも1台のドライブを追加する必要があります。
RAID 0 RAID 6 1台以上 4台以上 はい 二重分散パリティデータ用に少なくとも2台のドライブを追加する必要があります。
RAID 1 RAID 0 2 2台以上 はい 容量は増えますが、冗長性が失われます。
RAID 1 RAID 5 2 3台以上 はい 容量が倍になり、冗長性も保たれます。
RAID 1 RAID 6 2 4台以上 はい 分散パリティデータ用に2台のドライブを追加する必要があります。
RAID 5 RAID 0 3台以上 3台以上 はい 非冗長の仮想ディスクに変換し、分散パリティー データ用に使用されていたディスク領域を復元します。
RAID 5 RAID 5 3 4台以上 はい ディスクの追加により容量を増やします。
RAID 5 RAID 6 3台以上 4台以上 はい 二重分散パリティデータ用に少なくとも1台のドライブを追加する必要があります。
RAID 6 RAID 0 4台以上 4台以上 はい 非冗長の仮想ディスクに変換し、分散パリティー データ用に使用されていたディスク領域を復元します。
RAID 6 RAID 5 4台以上 4台以上 はい 一組のパリティー データを削除して、パリティー データ用に使用されていたディスク領域を復元します。
RAID 6 RAID 6 4 5台以上 はい ディスクの追加により容量を増やします。
RAID 10 RAID 10 32未満 32 はい ディスクの追加により容量を増やします。

Cause

SLN305744_en_US__1icon 注:コントローラーに最大数の仮想ディスクがすでに存在する場合は、どの仮想ディスクにおいてもRAIDレベルの移行または容量の拡張を行うことはできません。

Resolution

-

Article Properties


Affected Product

PowerEdge, C Series, Modular Infrastructure, Rack Servers, Tower Servers, XE Servers

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

6

Article Type

Solution