ハードドライブとデバイスに関するUbuntu Linuxの用語

Summary: この文書では、Ubuntu Linuxでハード ドライブとデバイスがどのように呼ばれているか、Dell PCでこれらがどのように使用されているかについて説明します。

Article Content


Symptoms

 


この記事では、Ubuntu Linuxでハード ドライブとデバイスがどのように呼ばれているか、またDell PCでこれらがどのように使用されているかについて説明します。


目次:

  1. Linuxでのデバイス命名の理解
  2. Linuxデバイス命名規則
  3. GRUBデバイス命名規則
  4. GRUB2デバイス命名規則
  5. Ubuntuでのデバイスの用語および使用方法の概要

 

Linuxでのデバイス命名の理解

 

Ubuntu Linuxを適切にインストールして使用するには、デバイスの命名規則と使用方法を理解することが重要です。デバイスの命名は、絶えず発表されているLinuxの多数のバージョンの変遷に伴い、また技術の変更に伴い、変化し進化してきました。

残念なことに、これは、WindowsまたはAppleのシステムにおけるデバイスの命名規則および使用方法と比較できるものではありません。GoogleのAndroidとは、いくつかの類似点があります。

SLN151767_ja__1icon メモ:現在のバージョンのUbuntuでは、GRUB2(GRand Unified Bootloader)を使用しています。最新情報については、セクション4および5をお勧めします。


トップに戻る


 

Linuxデバイス命名規則

 

Linuxは、各デバイスに名前、次にポジション、次にパーティションを付与して始まりました。

SLN151767_ja__1icon :マスター ブート レコード(MBR)ドライブのパーティションを作成する場合、最大4つのプライマリー パーティションを作成できます。または、いくつかのプライマリー パーティションと論理パーティションの組み合わせを作成できます。GUIDパーティション表(GPT)のドライブの規則に従うことをお勧めします。

Linuxでは元の命名規則は次のとおりです:

  • dev/fd0 - 1番目のフロッピードライブ。
  • dev/fd1 - 2番目のフロッピードライブ。
  • dev/sda - 1番目のSCSIディスクSCSI IDアドレス単位
  • dev/sdb - 2番目のSCSIディスクアドレス単位など。
  • dev/scd0または/dev/sr0 - 1番目のSCSI CD-ROM。
  • dev/hda - IDEプライマリコントローラ上のマスターディスク。
  • dev/hdb - IDEプライマリコントローラ上のスレーブディスク。
  • dev/mmcblk0 - PCMCIA上のSDHCカード。特殊デバイスの命名
  • dev/sdb - SCSIエミュレーションに対するUSBフラッシュドライブ。ただし、カーネルはいくつかのドライバと並行して起動します。これは、sdaまたはsdbドライブがUSBであることを意味しているのではなく、USBモジュールがドライブ1と同時に起動しメッセージを同時に送信することを意味します。
  • dev/hdc and /dev/hdd - セカンダリコントローラのマスターディスクおよびスレーブディスク。新しいIDEコントローラは、2つのコントローラのように動作する2つのチャネルを備えています。


トップに戻る


 

GRUBデバイス命名規則

 

GRUBは、0から始まるパーティションを追加することで規則を変更しました。

E)IDE制御ディスクのベース名はdev/hd?です。?は1文字です。GRUBの場合、これはhd?に相当します。?はポジション1~4です。

デバイスの命名は簡単です。次に示す最初の例では、最初の部分はデバイス名hdで、2番目の部分はそのデバイスが保持されているポジションaを示しています。

ドライブ名
  • dev/hda - 1番目のコントローラ上のマスターディスク
  • dev/hdb - 1番目のコントローラ上のスレーブディスク
  • dev/hdc - 2番目のコントローラ上のマスターディスク
  • dev/hdd - 2番目のコントローラ上のスレーブディスク
GRUB名
  • hd1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク
  • hd2 - 1番目のコントローラ上のスレーブディスク
  • hd3 - 2番目のコントローラ上のマスターディスク
  • hd4 - 2番目のコントローラ上のスレーブディスク

パーティションの命名は簡単です。適切なデバイスに番号を付けるだけです。dev/hda上のいくつかのパーティションを見てみましょう。

SLN151767_ja__1icon メモ:0~3は選択できる4つのプライマリー パーティションで、4以上は設定した論理パーティション用です。
ドライブ名
  • dev/hda0 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目のプライマリパーティション。
  • dev/hda1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目のプライマリパーティション。
  • dev/hda4 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目の論理パーティション。
  • dev/hda5 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目の論理パーティション。
GRUB名
  • hd1,0 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目のプライマリパーティション。
  • hd1,1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目のプライマリパーティション。
  • hd1,4 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目の論理パーティション。
  • hd1,5 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目の論理パーティション。


トップに戻る


 

GRUB2デバイス命名規則

 

GRUB2 では命名規則から0を取り除いて規則を変更しました。つまり、何でも1から始まります。

(E)IDE制御ディスクのベース名はdev/hd?です。?は1文字です。GRUB2の場合、これはhd?に相当します。?はポジション1~4です。

デバイスの命名は簡単です。次の最初の例では、最初の部分はデバイス名hdで、2番目の部分はそのデバイスが保持されているポジションaを示しています。

ドライブ名
  • dev/hda - 1番目のコントローラ上のマスターディスク
  • dev/hdb - 1番目のコントローラ上のスレーブディスク
  • dev/hdc - 2番目のコントローラ上のマスターディスク
  • dev/hdd - 2番目のコントローラ上のスレーブディスク
GRUB2名
  • hd1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク
  • hd2 - 1番目のコントローラ上のスレーブディスク
  • hd3 - 2番目のコントローラ上のマスターディスク
  • hd4 - 2番目のコントローラ上のスレーブディスク

パーティションの命名は簡単です。適切なデバイスに番号を付けるだけです。dev/hda上のいくつかのパーティションを見てみましょう。

SLN151767_ja__1icon メモ:1~4は選択できる4つのプライマリー パーティションで、5以上は設定した論理パーティション用です。
ドライブ名
  • dev/hda1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目のプライマリパーティション。
  • dev/hda2 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目のプライマリパーティション。
  • dev/hda5 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目の論理パーティション。
  • dev/hda6 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目の論理パーティション。
GRUB2名
 
  • hd1,1 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目のプライマリパーティション。
  • hd1,2 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目のプライマリパーティション。
  • hd1,5 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、1番目の論理パーティション。
  • hd1,6 - 1番目のコントローラ上のマスターディスク、2番目の論理パーティション。


トップに戻る


 

Ubuntuでのデバイスの用語および使用方法の概要

 

Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ドライブ

SATAドライブの登場に伴って、命名規則が変更され、ハード ドライブはたいてい、hdaではなく、sdaとして参照されます。sdシリアルドライブを表しています。

パーティションテーブル

パーティションテーブルは、ハードドライブまたは他のストレージデバイスのパーティションを示しています。パーティション テーブルのレイアウトには、2つの基準があります。

  1. マスター・ブート・レコード(MBR) - MBRはms-dosとも呼ばれており、オリジナルな基準とも呼べるものです。MBRは今でも幅広く使用されているパーティションテーブルで、大きな2つの制限があります

    1. メイン パーティションは4つまでしか作成できません。これらのパーティションは、プライマリパーティションと呼ばれます。

    2. ディスク パーティションは、2 TBを超えることができません。

  2. GUIDパーティション テーブル(GPT) - GPTは後になって登場しました。MBRはまだ使用されていますが、この制限によりGPTの開発につながりました。  GPTはMBRの2つの制限を克服しています。複数のプライマリー パーティションを設定でき、ドライブ サイズは2 TBを超えることができます。

ハードドライブ命名規則

最初に知っておく必要があることは、LinuxにはCドライブEドライブもないことです。代わりに、/dev/sda/dev/sdb/dev/sdc…などのように表示されます。devはデバイスの短縮形です。sdはSmall Computer System Interface(SCSI)大容量ストレージドライバの短縮形です。

パーティションおよびパーティションの番号付け

ハード ドライブにオペレーティング システムをインストールするには、ハード ドライブを別個のストレージ ユニットに分割する必要があります。これらのストレージユニットをパーティションと呼びます。MBRの下 - ほぼすべてのLinuxディストリビューションではデフォルトです。パーティションには3つの異なる種類(プライマリ、拡張、論理)があります。MBRでは、拡張または論理パーティションとして明示的に作成されなかったパーティションが、プライマリパーティションになります。未割り当て領域は、「Free(空き)」と示されます。空いている領域でも、この状態では使用できません。システムに関するかぎり、パーティションが作成されるまで、空き領域は存在しません。

SLN151767_ja__51374075430559.PartitionGuide

最大数のパーティションを作成して、まだ空き領域がある場合、これは使用できません。

SLN151767_ja__61374075460232.Diskerror

拡張パーティション

パーティションを拡張パーティションとしてタグ付けすると、拡張パーティションの下にさらに多くのパーティションを作成できます。これらのパーティションは、論理パーティションと呼ばれ、作成できる論理パーティションの数に事実上制限はありません。つまり、3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションを作成し、ここから数多くのパーティションを作成できます。

SLN151767_ja__1icon メモ:単一ハード ドライブに設定できる拡張パーティションは1つのみです。

UbuntuのグラフィカルインストールプログラムはUbiquityです。

他のLinuxディストロでしばらくの間利用できた2つの機能が取り入れられました。

この2つの機能は次のとおりです。

フルディスク暗号化

ユーザーのホームディレクトリを暗号化するサポートは、かなり前からUbiquityに採用されていましたが、形は物理的なセキュリティツールでした。フルディスク暗号化を使用すると、正しいディスク暗号化パスフレーズを使用しないと、システムは起動しません。毎回の起動ごとに、フルディスク暗号化が設定されたコンピュータの前に座ると、プロンプトが表示されます

Linux LVM(Logical Volume Manager)

LVMを使用すると、ディスク領域を簡単に管理できます。特にパーティションのサイズ変更およびシステムへの別のハードドライブの追加で効果を発揮します。LVMには冗長性はありません。したがって、マルチ ディスク システムで1台のディスクに障害が発生すると、問題になります。LVMは現在のところ、自動化されたスキームを使用する場合にのみ動作します。


トップに戻る


 

その他の情報:

 

SLN151767_ja__1icon メモ:
Canonicalでは、次の方法でソフトウェア サポートを提供しています。
テクニカル サポートはデルにより提供されます:


トップに戻る


Article Properties


Affected Product

Latitude, Vostro, XPS, Thin Clients, Fixed Workstations

Last Published Date

05 Apr 2021

Version

4

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters