Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell PowerEdge™ RAIDコントローラー(PERC)のSMARTエラーをトラブルシューティングする方法

Summary: SMART(自己監視、分析、およびレポート作成テクノロジー)機能は、ドライブの正常性を監視します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

記事の概要:この記事では、Dell PowerEdge RAIDコントローラーでSMARTエラーをトラブルシューティングする方法について説明します。



 

問題1:

ホットスペアがある場合は、ドライブを強制的にオフラインにすると、ホットスペアを使用して再構築が開始されます。SMARTにホット スペア エラーが存在する場合、ドライブを強制的にオフラインにした後、ホット スペアで再構築が開始されます。
自己監視分析およびレポート作成テクノロジー(SMART)機能は、すべてのモーター、ヘッド、および物理ディスク エレクトロニクスの内部パフォーマンスをモニターして、予測可能な物理ディスクの障害を検出します。SMART機能は、物理ディスクのパフォーマンスと信頼性のモニターに役立ちます。

SMART対応物理ディスクには、値の変化を識別し、値がしきい値の制限内にあるかどうかを判断するために、データ(値)をモニターできる属性があります。多くの機械的および電気的エラーの発生前にはパフォーマンスの低下が起こります。

SMARTエラーは、予測エラーとも呼ばれます。予測される物理ディスクの障害には、ベアリングの障害、読み取り/書き込みヘッドの故障、スピンアップ レートの変化など、多数の関連する要因があります。また、シーク エラー レートや過剰な不良セクターなど、読み取り/書き込み面の障害に関連する要因もあります。詳細については、ここをクリックしてください。
 
 

2.

ドライブ キャリアのステータスLED
  1. 緑色/橙色の点滅(緑色が500 msオン/黄色が500 msオン、1000 msオフ) 
  2. そのディスクを同等以上の容量を持つ新しい物理ディスクと交換します。Replace Member(メンバー交換)操作を実行します。Replace Member(メンバー交換)操作では、仮想ディスクのソース物理ディスクのデータをこの仮想ディスクの一部ではないターゲット物理ディスクにコピーできます。

 

3.冗長仮想ディスク内の物理ディスクでSMARTエラーが検出される

次の手順を実行します。  

  1. 物理ディスクを強制的にオフラインにします。
  2. そのディスクを同等以上の容量を持つ新しい物理ディスクと交換します。Replace Member(メンバー交換)操作を実行します。Replace Member(メンバー交換)操作では、仮想ディスクのソース物理ディスクのデータをこの仮想ディスクの一部ではないターゲット物理ディスクにコピーできます。  
メモ:ホットスペアがある場合は、ドライブを強制的にオフラインにすると、ホットスペアを使用して再構築が開始されます。
 
 

4.

非冗長仮想ディスク内の物理ディスクでSMARTエラーが検出されます。

次の手順を実行します。 
  1. データをバックアップします。
  2. Replace Member(メンバー交換)を使用するか、グローバルホットスペアを設定して、ディスクを自動的に交換します。
  3. 障害の発生した物理ディスクを同等以上の容量を持つ新しい物理ディスクと交換します。
  4. バックアップから復元します。

 

5.

整合性チェック(CC)中にSMARTエラーが発生します。


SMARTエラーが発生したときにCC操作を実行する方法を指定します。[はい]と[いいえ]の2つの設定があります。デフォルト設定は[いいえ]で、最初のエラーが発生した場合、CCは継続します。[はい]の設定では、最初のエラーが発生するとCCがキャンセルされます。CC中にエラーが発生すると、イベント ログにイベントが生成されます。
 



ディスク交換の詳細とディスクの管理方法については、次の記事を参照してください。「PowerEdge チュートリアル: サーバー上の物理ディスクと RAID コントローラ (PERC)」  
 
Cause
-
Resolution
-
 

 

Article Properties


Affected Product

Servers

Last Published Date

27 Sep 2021

Version

5

Article Type

Solution