Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

2015年11月以降に構築された OptiPlex、Precision、Latitude システムの Dell BIOS データ消去機能の使用

Summary: Dell BIOS データ消去機能を使用して、2015年11月以降に製造された OptiPlex、Precision、Latitude システムを選択します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Resolution


この記事では、2015年11月以降に製造された選択 OptiPlex、Precision、Latitude システムに Dell BIOS データ消去機能を使用する方法について説明します。


データ消去

データ消去は、最新世代の Dell ビジネスクラスシステムに追加された新機能です。データ消去は、システムの1つの BIOS 統合機能を使用して、システム内のすべての内蔵ストレージデバイスを消去することを可能にします。データ消去処理は、システム上のすべての内部SerialATA (SATA) ドライブからすべてのデータを削除し、データはリカバリできません。

SLN300245_ja__1icon メモ: Kaby Lake システムでは、2台の NVMe PCIe ソリッドステートドライブには、セキュア消去機能もパスワード機能もありません。

ストレージデバイスのサイズとタイプに応じて、このプロセスには数時間かかる場合があります。

データ消去プロセスが開始されると、システム上のすべてのデータが回復不能になります。データ消去処理中に処理が中止された場合、オペレーティングシステムとデータは破損し、回復不能になります。


データ消去プロセス

データ消去処理は、システム BIOS で開始されます。

SLN300245_ja__1icon 注:IT 環境のシステムでは、システム上のデータが意図せず破損しないように、データ消去対応システム上の BIOS で設定された管理者パスワードを持っていることをお勧めします。
  1. システムの起動中に Dell スプラッシュ画面で F2 を押して、システム BIOS から起動します。
  2. BIOS で、bios の左ペインにある Maintenance (メンテナンス) オプションを選択し、マウスまたはキーボードの矢印キーを使用してデータ消去オプションを選択します (図 1を参照)。
    SLN300245_ja__3Datawipe-1
    図 1:[Maintenance] を選択し、BIOS のデータ消去オプションを選択します。  
  3. 次に、右側のペインの次回の起動時にワイプを確認します。これにより、警告が表示されます。これによって何が発生するかが説明され、消去操作を続行するかどうかを確認します (図 2)。
    SLN300245_ja__4Datawipe-2
    図 2:次の起動時に消去を選択し、OK を選択して表示される警告メッセージで選択内容を確認します。  
  4. データ消去操作の最終確認のために、2つ目のポップアップが表示されます。このポップアップでのデフォルトのレスポンスは、プロセスをキャンセルするには [いいえ] をクリックします (図 3)。次に、終了をクリックして BIOS 設定を終了します。
    SLN300245_ja__5Datawipe-3
    図 3:データ消去プロセスを続行するために表示される2番目の確認画面で、[いいえ] を選択します。  
  5. これでシステムが再起動され、データ消去操作の最終確認のための Dell Security Manager 画面が表示されます。この時点では、操作をキャンセルすることができますが、デフォルトの選択はキャンセルされます。データ消去プロセスを続行するには、続行を手動で選択する必要があります (図 4)。
    SLN300245_ja__6Datawipe-4
    図 4:Continue (続行) を選択して、データ消去プロセスを続行します。  
  6. キャンセルを選択すると、次の画面が表示されます (図 5)。
    SLN300245_ja__7Datawipe-5
    図 5: データ消去処理を完全にキャンセルしたい場合は、表示されるメッセージで OK をクリックします。
  7. 続行することを選択した場合は、進行状況画面が表示されます。このプロセスには、接続されている SerialATA ストレージデバイスの数とサイズに応じて数時間かかる場合があります (図 6)。
    SLN300245_ja__8Datawipe-7
    図 6:データ消去を続行することを選択した場合は、プロセス画面が表示されます。
  8. 完了すると、この画面が表示されます。システムを再起動したときに、オペレーティングシステムが見つかりません。オペレーティングシステムおよびすべてのドライバとアプリケーションを再インストールする必要があります (図 7)。
    SLN300245_ja__9Datawipe-6
    図 7:データ消去処理が完了したら、OK をクリックしてコンピュータを再起動します。

Article Properties


Affected Product

Latitude E5470, OptiPlex 3040 Tower, OptiPlex 3240 All-in-One, OptiPlex 5040 Tower, OptiPlex 7040 Tower, Precision 7510, Precision 7710, Dell Precision Tower 3420, Dell Precision Tower 3620

Last Published Date

17 Jul 2023

Version

5

Article Type

Solution