Precision Workstation R7910のメモリー仕様と構成

Summary: この記事の情報は、Precision ワークステーション R7910 でサポートされているメモリ構成について説明しています。

Article Content


Symptoms


メモリモジュール取り付けのガイドライン

本システムは柔軟なメモリ構成をサポートしているため、あらゆる有効なチップセットアーキテクチャ構成を採用、実行できます。最適なパフォーマンスを得るため、以下の推奨ガイドラインを参照してください。

  • RDIMMとLRDIMMを併用しないでください。
  • x4ベースDRAMベースのDIMMとx8 DRAMベースのDIMMを混在させないでください。
  • デュアルまたはシングルランクRDIMMをチャネルごとに3枚まで装着できます。
  • ランクカウントに関係なく、LRDIMMは3枚まで装着できます。
  • プロセッサーがインストールされている場合にのみDIMMソケットに装着します。シングルプロセッサシステムの場合には、ソケットA1~A12を使用できます。デュアルプロセッサシステムの場合には、ソケットA1~A12およびソケットB1~B12を使用できます。
  • まず白いリリースタブの付いたソケットすべてに装着し、次に黒、そして緑に装着します。
  • 一番高いランクから開始し、まず白いリリースレバーの付いたソケット、次に黒、そして緑の順にソケットに装着してください。たとえば、シングルランクとデュアルランクのDIMMを併用する場合、白のリリースタブの付いたソケットにシングルランクDIMMを装着し、黒のリリースタブの付いたソケットにシングルランクDIMMを装着します。
  • 容量の異なるメモリモジュールを併用する場合は、まず容量の大きいメモリモジュールをソケットに装着します。たとえば4 GBと8 GBのDIMMを併用するには、白のリリースタブの付いているソケットに8 GB DIMMを、黒のリリースタブの付いているソケットに4 GB DIMMを装着します。
  • デュアルプロセッサ構成では、各プロセッサのメモリ構成は同一でなければなりません。たとえば、プロセッサ1のソケットA1に装着したら、次にプロセッサ2のソケットB1に装着し、以下同様に続きます。
  • 他のメモリ装着ルールが守られていれば、異なる容量のメモリモジュールを混在させることができます。たとえば、4 GB および 8 GB のメモリモジュールを混在させることができます。
  • システム内で容量の異なる2種類のDIMMを併用することはできません。
  • 最大限のパフォーマンスを得るため、一度にプロセッサー当たり4つのDIMM(チャネル当たりDIMM1つ)に装着します。

トップに戻る


Cause

DDR 4 RAM

Dell Precision ラック7910は、all-new DDR4 RAM を使用します。DDR4 RAM には、次のような利点があります。

 
  • DDR3L (2 DPC)、最大 50% (3 DPC) 構成に比べ、最大35% の電力削減。
  • 帯域幅の50% のパフォーマンス向上。
  • 信頼性DRAM 上の ADDR/CMD パリティ

トップに戻る


Resolution

メモリ設定と仕様

Dell Precision™ラック7910は、DDR4 レジスタード Dimm (RDIMMs) および負荷軽減 Dimm (Lrdimm) をサポートします。

注:メモ: MT/sは、1秒あたりのメガ転送量でのDIMM速度を示しています。

メモリバスの動作周波数は、以下に応じて1333 MT/s、1600 MT/s、1866 MT/s、2133 MT/s、2400MT/sのいずれかになります。

  • DIMMのタイプ(RDIMMまたはLRDIMM)
  • 1つのチャネルに装着されたDIMMの数
  • 選択されているシステムプロファイル(たとえば「Performance Optimized(パフォーマンス重視の構成)」、「Custom(カスタム)」、または「Dense Configuration Optimized(密な構成の最適化)」)
  • プロセッサーでサポートされているDIMMの最大周波数

システムにはメモリソケットが24個あり、12個ずつの2セット(各プロセッサに1セット)に分かれています。ソケット12個の各セットは、4つのチャネルで構成されています。各チャネルのソケットのリリースレバーの色は、1つ目のソケットが白、2つ目のソケットが黒、3つ目のソケットが緑になっています。

注:メモ: ソケットA1~A12のDIMMはプロセッサー1に、ソケットB1~B12のDIMMはプロセッサー2に割り当てられています。

SLN298624_en_US__1R2 メモリ設計

(図 1 メモリチャネル)

メモリチャネルは次のような編成になっています:

CPU メモリチャネル
CPU 1 チャネル0: スロットA1、A5、A9
チャネル1: スロットA2、A6、A10
チャネル2: スロットA3、A7、A11
チャネル3: スロットA4、A8、A12
CPU 2 チャネル0: スロットB1、B5、B9
チャネル1: スロットB2、B6、B10
チャネル2: スロットB3、B7、B11
チャネル3: スロットB4、B8、B12
 

次の表は、サポートされている構成のメモリ装着と動作周波数を示したものです。

メモリ装着と動作周波数
DIMMのタイプ 装着DIMM/チャネル 動作周波数(MT/s単位) 最大DIMMランク/チャネル
RDIMM 1 2400、2133、1866、1600、1333 デュアルランクまたはシングルランク
2 2400、2133、1866、1600、1333 デュアルランクまたはシングルランク
3 1866、1600、1333 デュアルランクまたはシングルランク
LRDIMM 1 2400、2133、1866、1600、1333 クアッドランク
2 2400、2133、1866、1600、1333 クアッドランク
3 1866、1600、1333 クアッドランク
 

次の表は、Precision ラック7910固定ワークステーションのメモリの仕様を示しています。

メモリー
タイプ 1333 MT/s、1600 MT/s、1866 MT/s、または 2133 MT/s DDR4 登録済み、負荷軽減エラー訂正コード (ECC) Dimm
高度な ECC またはメモリ最適化操作のサポート
スピード 1866 MHz、2133 MHz、または 1600 MHz
メモリモジュールソケット 24 288 ピン
容量 2 GB、4 GB、8 GB、および 16 GB
Lrdimm 32 GB クワッドランク
Rdimm 4 GB シングルランク、8 GB または 16 GB デュアルランク
最小メモリー シングルプロセッサで 4 GB
デュアルプロセッサで 8 GB (プロセッサごとに最低1個の DIMM モジュール)
最大メモリ (Lrdimm) デュアルプロセッサで最大 768 GB
シングルプロセッサで最大 256 GB
 

トップに戻る


さらにサポートが必要な場合は、テクニカルサポートまでお問い合わせください

  お問い合わせ  
 

トップに戻る


Article Properties


Affected Product

Fixed Workstations, Precision Rack 7910

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

4

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters