Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Windows向けITDT-SE CLI - ITDTを使用したテープ ドライブのアップデートと診断の実行

Summary: この文書では、ITDT-SE(CLI)を使用してファームウェアをアップグレードし、診断を実行して、デル サポート用にログを取得する方法について説明します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms
この文書では、Windows向けITDT-SEについて説明します。  ITDT-SEは、ログ ファイル(ドライブ ダンプ)を取得するために使用されます。また、メディアの取り出し、テープ ドライブ診断の実行、ファームウェアのアップデートなど、その他のさまざまな機能を実行します。
 
SLN316605_ja__1icon メモ:ITDT-DCRは製造終了しました。DCRバージョンでは、LTO7または新しい世代のテープ ドライブはサポートされていません。

 

Resolution
1.ITDT-SE(CLI)のインストール
2.テープ ドライブのログ(ドライブ ダンプ)
3.  テープ ドライブの診断
4.  テープ・ドライブ・ファームウェアのアップデート
5.  テープ メディアの取り出し
6.  テープ使用

 

SLN316605_ja__2icon メモ:バックアップ ソフトウェア サービスによって、ファームウェアのアップデート、ドライブの検出、および診断が妨げられる場合があります。バックアップ サービスを「無効」に設定し、ホストとテープ ドライブまたはライブラリーを再起動することをお勧めします。これにより、ライブラリーまたはテープ ドライブの予約がすべてクリアされます。

ITDT-SE(CLI)のインストール

ITDTにはインストーラーがないため、インストールはお客様のマシンでファイルを解凍するだけです。  解凍プログラムによって、入力、ライセンス、出力、およびスクリプトのフォルダーが作成され、また、ITDT実行ファイル、readmeファイル、およびその他2つのファイルが作成されます。  再起動は必要ありません。
ITDT-SE(CLI)は、www.dell.comから入手可能です。  お客様が使用しているPowervaultテープ ドライブ、自動ローダー、またはライブラリーを選択します。  ITDT-SE(CLI)は、[テープ オートメーション]カテゴリーに含まれています。

1.  ダウンロードが完了したら、右クリックして管理者として実行します。

SLN316605_ja__3image(9320)

2.  デフォルトの場所は、C:\\Dell\Drivers\...です。 
 
SLN316605_ja__4image(9321)

3. 2個のファイルが解凍されます。 

SLN316605_ja__5image(9365)

4.  この例では、Windowsホストを使用しているので、Windowsのバージョンを右クリックし、管理者として実行します。

SLN316605_ja__6image(9323)

5.  作成されたITDTフォルダーに移動します。  ITDTを開始するには、ITDTアプリケーションを右クリックして、管理者として実行します。 
SLN316605_ja__7image(9324)

SLN316605_ja__2icon メモ:最初に解凍したときに、出力フォルダーと入力フォルダーが作成されないことがあります。ITDTアプリケーションが実行されると、その2個のフォルダーが作成されます。
 

テープ ドライブのログ

バックアップ中または診断を実行している間にテープ ドライブが故障した場合は、テープ ドライブからドライブ ダンプを収集すると、ドライブを交換する必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。
メディアが疑わしい場合は、テープ ライブラリー内のすべてのテープ ドライブからドライブ ダンプを収集することをお勧めします。 
ドライブ ダンプが生成されると、3個のファイルが「出力」フォルダーに作成されます。  ファイルは「A」、「B」、「BLZ」になります。  3個のファイルはすべて、ドライブの問題を特定するのに役立ちます。

1.  ITDTフォルダーにある[ITDT]を右クリックして、ITDT-SEアプリケーションを起動します。
2.  ITDTを初めて実行した場合は、ライセンス情報が表示されます。
3.  最後のページで「I」と入力して同意します。
4.  これにより、メイン メニュー ページが表示されます。
5.  「S」と入力してデバイスをスキャンします。

SLN316605_ja__9image(9357)

6.ダンプを収集するドライブを選択します。
7. 「D」と入力してダンプ ファイルを生成します。

  SLN316605_ja__10image(9358)

SLN316605_ja__11image(9359)

8.  完了すると、ITDTが解凍された出力フォルダーにダンプ ファイルが保存されます。
9.  「R」と入力してデバイス リストに戻り、次のテープ ドライブを選択するか、「Q」と入力して終了します。

SLN316605_ja__12image(9355)
10.  ダンプ ファイルが生成されました。  確認のためサポートに送るために3個のファイルすべてをzip圧縮します。

SLN316605_ja__13image(9356)

テープ ドライブの診断
 

ITDT-SEを使用して実行できる診断が数種類あります。適切な診断を実行します。

 テープ ドライブがメディアへの書き込みを開始しない場合は、システム テストが役に立ちます。システム テストは、短時間の診断テストです。

 テープ ドライブが読み取り/書き込みヘッドとメディア間で問題が発生しているかどうかを判断する際には、新しいテープを使用して完全な書き込みテストを実行することをお勧めします。 

完全な書き込みテストは、すべての書き込みヘッドをテストする、時間の長い診断テストです。診断が完了すると、その診断テストを実行したドライブからドライブ ダンプが生成されます。


スタンドアロン テープ ドライブには、テストを実行するためにドライブにテープが挿入されている必要があります。
テープ ライブラリーには、I/Oステーションにテープが必要です。

 

SLN316605_ja__2icon メモ:診断を実行する際は、一部のテストでデータを上書きするため空のテープまたはスクラッチ テープを使用します。

 

1.  ITDT-SE(CLI)を起動します。
2.  テスト対象のドライブを選択します。
3.  診断オプションを選択します。

SLN316605_ja__15image(9360)

4.  その他の機能については、「O」を入力します。

SLN316605_ja__16image(9361)

5.  完全な書き込みテストの場合は、「W」を入力します。
6.  ブロック サイズを選択します。

SLN316605_ja__17image(9362)

7.  テストするデータのタイプを選択します。  圧縮できないデータは、テープ ドライブの標準速度で実行されます。  

SLN316605_ja__18image(9363)

SLN316605_ja__19image(9364)

8.  診断が完了すると、ITDT-SEは合格または不合格になります。
9.  ITDT-SEが解凍された出力フォルダーにログが生成されます。

テープ・ドライブ・ファームウェアのアップデート

テープ ドライブのファームウェアをアップデートした後、診断またはバックアップ ジョブを実行する前に、ホストを再起動する必要があります。


1.  更新するテープ ドライブ用の適切なファームウェアを、デル サポート サイトからダウンロードします。
2.  ファームウェアを解凍するデフォルトの場所は、C:\Dell\Drivers\...です。ファイルが解凍されたときのフォルダーの場所を書き留めます。
3.  ファームウェア ファイルを、ITDT-SEが解凍された入力フォルダーにコピーします。

     
SLN316605_ja__2icon メモ:フル ハイト、ハーフ ハイト ドライブ、およびSASとFCドライブ用に、個別のファームウェア ファイルが存在する場合があります。

                                SLN316605_ja__21image(9371)

4.  ITDT-SE(CLI)を起動します
5.  アップグレードするテープ ドライブを選択します。

SLN316605_ja__22image(9394)

6.  ファームウェア アップデートの場合は、「F」と入力します。
7.  ファームウェア ファイルを選択し、「C」と入力して続行します。

SLN316605_ja__23image(9395)

8.  ディレクトリーとファームウェア ファイルがリストされます。  「S」と入力してファームウェア アップデートを開始します。

SLN316605_ja__24image(9396)

9.  完了したら、[ステータス]が[合格]になるはずです。

SLN316605_ja__25image(9397)

10.  「R」を入力して戻り、アップデートする次のドライブを選択します。
11.  すべてのドライブが完了したら、バックアップ ジョブをテストまたは実行する前に、サーバーを再起動する必要があります。

テープ メディアの取り出し

ITDTのテープ メディア取り出し機能は、バックアップ ソフトウェアを使用してテープがイジェクトされない場合に使用する必要がある場合があります。  バックアップ ソフトウェアによってテープ ドライブの予約をクリアするには、すべてのバックアップ サービスを無効にし、サーバーとテープ デバイスを再起動します。
 

SLN316605_ja__2icon メモ:内部テープのリカバリーには、完了までに最大10分かかる場合があります。リカバリー時に、シングル キャラクター ディスプレイ(SCD)が、1回の8の字動作を実行すると同時に1つのセグメントを点滅させ、次に9番を点滅させてから、1回の8の字動作を実行すると同時に1つのセグメントを点滅させ、次に8番を点滅させます。これが1番が点滅するまで続けられ、ドライブが完了します。カウント ダウンが終了すると、イジェクト ボタンを押してカートリッジをイジェクトすることができます。

  

SLN316605_ja__2icon メモ:通常の取り出しプロセスでは、ドライブにスプールされているテープの量に応じて、5分以上かかる場合があります。  アクティビティが停止すると、テープ ドライブのアクティビティLEDが点滅を停止します。

1.  ITDT-SEを開きます。
2.  メディアがロードされているドライブを選択します。
3.  「J」と入力してメディアをイジェクトします。 

SLN316605_ja__28image(9402)

4.  テープがイジェクトされると、[結果]が[合格]になります。


テープ使用

テープ使用機能では、カートリッジから統計データとエラー カウンターを取得します。

SLN316605_ja__2icon メモ:テープ使用では、ログ ファイルは作成されません。

 

1.  ITDT-SEを開きます。
2.  メディアがロードされているドライブを選択します。
3.  その他のオプションについては、「O」と入力します。
4.  テープ使用の場合は、「U」と入力します。

SLN316605_ja__30image(9400)

Article Properties


Affected Product

Dell EMC ML3, PowerVault 136T LTO/SDLT (Tape Library), PowerVault LTO4-120HH, PowerVault LTO5-140, Powervault LTO6, PowerVault LTO7, PowerVault LTO8

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

Solution