Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Windows 8.1の新機能

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

目次:

  1. スタートボタン
  2. デスクトップを起動
  3. SkyDriveとの統合
  4. 向上した検索機能
  5. ユーザーインターフェイスの向上

スタートボタン

MicrosoftはWindows 8.1でスタートボタンを再び導入しました。このバージョンのスタートボタンでは、キーとよく似た方法でスタート画面とデスクトップを切り替えることができます。これにより、スタート画面とデスクトップを切り替える方法が3通りになりました。

  1. キー
  2. 「スタート」チャーム(画面の右側からスワイプするか、右上隅でマウスを保持してチャームバーを表示)
  3. デスクトップの「スタート」ボタン

また、スタートボタンを右クリックすると、元のスタートメニューで使用可能なオプションの多くが表示されます。プログラムはスタート画面またはデスクトップのショートカットから起動する必要があります。


デスクトップを起動

Windows 8.1では、起動時にスタート画面ではなく、直接デスクトップビューを表示できるようになりました。この機能を有効にするには、次の手順に従います。

  1. キーを押してデスクトップビューにアクセスします。
  2. 画面下部のタスクバーを右クリックして「プロパティ」を選択します。
  3. 「ナビゲーション」タブをクリックし、「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」の横のチェックボックスをオンにします。

SkyDriveとの統合

Windows 8.1は、MicrosoftのクラウドストレージシステムであるSkyDriveと緊密に統合されています。SkyDriveの詳細とその利点については、Microsoftの「SkyDriveに関する詳細情報」ページを参照してください。


向上した検索機能

Windows 8.1では、スタート画面から直接ファイルとフォルダを検索できる機能を含んだ、先進的な検索機能が追加されました。


ユーザーインターフェイスの向上

最後に、Windows 8.1ではユーザーインターフェイスに多くの改善が施され、PCを操作しやすくなりました。画面ロックオプションの追加、スタート画面の新しいタイルサイズ、およびスタート画面の背景の追加などは、それらの変更の一部です。


Article Properties


Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

Solution