「デルPCでのUbuntu Linuxターミナルの使用方法(英語)」

Summary: この記事は、Dell PCでLinux Ubuntuオペレーティング システムを最大限に活用するために、知っておくべきターミナルの表記規則について説明するための参考資料です。

Article Content


Symptoms

この記事では、Ubuntu Linuxでのターミナル シェルの使用方法について説明します。ターミナルで使用できる多くのコマンドの詳細な使用方法について説明します。


目次:

  1. ターミナル シェルでの各コマンドの動作とその方法の確認
  2. Ubuntu Linuxターミナル コマンドで表示できる情報
  3. ターミナル シェルのチュートリアル
  4. 知っていると便利なターミナル コマンド
  5. 覚えやすいルール

 

ターミナル シェルでの各コマンドの動作とその方法の確認

 

この記事では、組み込みターミナル コマンドを使用して、各コマンドに関する情報と動作について確認する方法を説明します。

プロセスが理解できるような例もいくつか紹介します。

コマンド ラインは強力な機能です。ツールでは、グラフィカル ユーザー インターフェイス(GUI)の単調なジョブを、数秒のタスクとして実行できます。大きなファイルの各列の最後の4行を削除する作業を、GUIアプリケーションで行うと長時間時間かかります。しかし、コマンド ラインでは、これを自動化することができます。

Ubuntu Linuxでは、多くのコマンドがターミナル シェルに関連付けられています。次の記事には、こうしたコマンドの大部分がリストされています。


トップに戻る


Resolution

 

Ubuntu Linuxターミナル コマンドで表示できる情報

 

さまざまなターミナル コマンドを使用するうえで必要なすべての情報を知ることができる3つの主要なコマンドがあります。

 

manコマンドは、ターミナルで使用されているすべてのコマンドのマニュアルを表示します。

ほとんどのシェル コマンドでは、さまざまなオプションを使用できます。コマンドに関する何らかの情報や使用できるオプションのリストを表示するには、manmanualの略)コマンドを使用します。詳細な情報を知りたいコマンドの名前を引数として指定します。指定したコマンドに対して、manコマンドが動作します

例:man whoというコマンドを入力すると、次のような出力が表示されます。

 WHO(1)                     User Commands                     WHO(1)

 NAME
    who - show who is logged on

 SYNOPSIS
    who [OPTION}... [ FILE | ARG1 ARG2 ]

 DESCRIPTION
    -a, --all
       same as -b -d --login -p -r -t -T -u

    -b, --boot
       time of last system boot

    -d, --dead
       print dead processes

    -H, --heading
       print line of column headings

    -i, --idle
       add idle time as HOURS:MINUTES, . or old (deprecated, use -u)

    -l, --login
       print system login processes

    --lookup
       attempt to canonicalize hostnames via DNS

    -m, only hostname and user associated with stdin

 Manual page who(1) line 1

マニュアルの多くは、数行にわたって画面に表示されます。カーソル/ARROWキーまたはPage Up/Page Downキーで、テキストを移動します。スペース バー キーを押すと、テキストの次の行に移動します。qキーを押すと、マニュアルは終了してシェルに戻ります。

manページで-aオプションを使用すると、動作中のユーザー セッションに関する詳細情報を表示できます。

      user@3[user]$ who -a
   

        Nov 14 13:47   10 id=si term=0 exit=0
      system boot Nov 14 13:47          
      run-level 5 Nov 14 13:47     Last=S    
        Nov 14 13:47   835 id=15 term=0 exit=0
LOGIN     tty1 Nov 14 13:47   958 id=1    
root   - tty2 Nov 14 19:15 00:19 959      
user   - tty3 Nov 14 19:28 00:06 960      
LOGIN     tty4 Nov 14 13:47   961 id=4    
LOGIN     tty5 Nov 14 13:47   962 id=5    
LOGIN     tty6 Nov 14 13:47   963 id=6    
user   ? :0 Nov 14 13:47 ? 965      
      pts/3 Nov 14 16:29   1746 id=/3 term=0 exit=0
 

    user@3[user]$

manコマンドは、ヘルプ ファイルを読み取ったり、シェル、機能、ライブラリーに関する情報も表示することができます。

 

あるコマンドの使用方法が分からない場合は、-hまたは–helpスイッチを付けて、そのコマンドを実行します。使用方法に関する情報と、コマンドで使用できるオプションのリストが表示されます。

例:wgetコマンドの使用方法を知りたければ、wget –helpまたはwget -hと入力します。

      User@Ubuntu@#$ wget --help
 GNU Wget 1.12, a non-interactive network retriever.
 Usage: wget [OPTION]... [URL]...

 Mandatory arguments to long options are mandatory for short options t
 oo.

 Startup:
  -V, --version display the version of Wget and exit.
  -h, --help print this help.
  -b, --background go to background after startup.
  -e, --execute=COMMAND execute a '.wgetrc' -style command.

 Logging and input file:

通常かなり多くの情報が画面に表示されます。スクロールするのが困難な場合もあります。出力を読みやすくするには、lessコマンドでpipeします。すると、キーボードのカーソル/矢印キーでスクロールできるようになります。

例: wget -help | less

 GNU Wget 1.12, a non-interactive network retriever.
 Usage: wget [OPTION]... [URL]...

 Mandatory arguments to long options are mandatory for short options t
 oo.

 Startup:
  -V, --version display the version of Wget and exit.
  -h, --help print this help.
  -b, --background go to background after startup.
  -e, --execute=COMMAND execute a '.wgetrc' -style command.

 Logging and input file:
  -o, --output-file=FILE log messages to FILE.
 :

qを押すと、lessユーティリティーを閉じることができます。

特定のオプションを検索するには、grepコマンドを使用して、出力をpipeすることができます。たとえば、proxyという単語を含むオプションを検索するには、次のコマンドを実行します。 proxy.

wget -help | grep proxy

  User@ubuntu:~$ wget --help | grep proxy
  --no-proxy explicitly turn off proxy.
  --proxy-user=USER set USER as proxy username.
  --proxy-password=PASS set PASS as proxy password.
  User@Ubuntu:~$

 

一部のコマンドは、infoシステム内部にも記載されています。ここに記載されている情報は、manコマンドによって表示される情報を補完する情報です

例:info ls,というコマンドを入力すると、次の出力が表示されます。

   [support@support]$" info ls

lsコマンドに関する重要情報が記載されたマニュアルが表示されます。

   File: coreutils.info, Node: ls invocation, Next: dir invocation, Up: Directory listing

 'ls': List directory contents
  =============================

   The 'ls' program lists information about files (of any type,
  including directories). Options and file arguments can be intermixed
  arbitrarily, as usual.

    For non-option command-line arguments that are directories, by
  default 'ls' lists the contents of directories, not recursively, and
  omitting files with name beginning with '.'. For other non-option
  arguments, be default 'ls' lists just the file name. If no non-option
  argument is specified, 'ls' operates on the current directory, acting
  as if it had been invoked with a single argument of '.'.

   By default, the output is sorted alphabetically, according to the
  locale settings in effect. (1) If standard output is a terminal, the
  output is in columns (sorted vertically) and control characters are
  output as question marks; otherwise, the output is listed one per line
  and control characters are output as-is.
  --zz-Info: (coreutils.info.gz)ls invocation, 48 lines --Top------------------
  Welcome to info version 4.3 Type C-h for help, m for menu item.

スペース バー キーを押すか、カーソル/ARROWキーを使用すると、下にスクロールできます。

  1. helpには、Hを押します。

  2. quitには、Qを押します。

  3. メニュー項目を検索するには、Mを押します。


ターミナル シェルのチュートリアル

 

ターミナルからほとんどの操作を実行できますが、GUIからも同様に実行できます。

すでに説明したように、多くのコマンドは最初にターミナルで動作するように設計されましたが、その後GUIが主になりました。そのため、GUIの中にはぎこちない感じのものもあります。それは、ほとんどのLinuxサーバーのビルドで、出来上がってから後付けされたためです

メニューからターミナルが開かれるデフォルトの位置は、ホーム フォルダーです。「~」と記述されます。 ~

現在のディレクトリーは.オペレーターで確認できます。コマンド、場所、ファイルでの操作で、現在のフォルダー選択に対して実行されるコマンドのほとんどは、大文字と小文字が区別されます。/home は、/HOME/Homeと同じではありません

ファイル名の入力にはTABキーを使用します。ドライバーのタイトルが長い場合、driver-128947232jaseu.sh たとえば、 driとだけ入力すれば、残りの部分が入力されます。driで始まる名前が1つしかない場合はこれだけで十分ですが、他にもある場合はもう1文字を追加して、drivで試してみます。表示された内容が意図したものかどうかを確認してください。

ほとんどのコマンドは、manページでも、-hまたは--helpの指定時でも、コマンドの最初の部分を入力すると、全体が表示されます。その場合の構文は、man command_namecommand_name -hcommand_name --helpなどです。

より詳細な情報が必要な場合は、infを使用します。info command_nameで、コマンドを検索することができます。こうしたコマンドの多くは、coreutilsパッケージに入っています。infoは、info coreutils command_nameで起動することもできます。command_nameには、検索するコマンドを指定します。

ほとんどすべのコマンドは、ステップバイステップで進捗状況を正確に表示できます。これには、通常-vまたは--verboseを使用します。

コマンドには、詳細情報を表示するためのコマンド フラグを同時に複数指定できます。次のls -alの例を参照してください。

コマンド名が常に明確とは限りません。古い時代のUnixで、スペース節約のために縮めた名残が現在も残っているためです。


知っていると便利なターミナル コマンド

 

 

  1. cd - ホームに戻ります。同様: cd ~

  2. cd.. - 1つ前のディレクトリーに戻ります。/home/user/Desktopと指定してから、cd..と指定すると、/home/userに戻ります。これをcd ../../のように書くと、ディレクトリーを2つ戻して/homeに戻ります。

  3. cd foldername/ - 現在のフォルダー内の指定したフォルダーに移動します。

SLN265948_ja__1icon :プレフィックス/がありませんが、これは重要です。/home/userからDesktopに移動するには、Desktopの前に/を指定しないで、cd Desktop/と入力する必要があります。前に/を指定するとファイル システムのルートを意味しますが、機能しません。
  1. cd /some/other/path - 指定されたフォルダーのパスに移動します。ただし、正しいパスが分かっている必要がありますTABキーを使用すれば、オートコンプリートを使用できることを忘れないでください。

 

 

  1. ls - 現在のフォルダー内のすべてのファイルをリストします。

  2. ls -l - 所有者、アクセス権、サイズ、変更日などが入ったより長いリストが表示されます。

  3. ls -a - 非表示のファイルおよびフォルダーと通常のリストを表示します。

  4. ls -al - 2つのオプションが組み合わさり、非表示のファイルおよびフォルダーが長い形式で表示されます。

  5. ls -h - ファイルのサイズが、バイトではなく、人間が読みやすいKB, MB, GB,の形式で表示されます。多くの場合、-lフラグと一緒に使用します。

  6. 使用していないディレクトリーにあるファイルを表示することもできます。/home/user/Desktopにいて、/home/userのファイルを表示するには、ls ../と入力すると、1つ上のディレクトリーのファイルがリストされます。

 

  1. cp file /path/to/folder - 指定したファイルを所定のパスにコピーします。

  2. cp -r folder /path/to/folder - フォルダーのコンテンツを別のフォルダーに繰り返しコピーします。

  3. cp *.extension /path/to/folder - 指定した拡張子と一致するファイルを新しいフォルダーにコピーします。すべての.docファイルをコピーするには、cp *.doc /path/to/folderとします。既にフォルダーが存在している必要があります。

  4. cp name* /path/to/folder - nameで始まるファイルを指定したフォルダーにコピーします。exampleで始まるファイルをすべてコピーするには、cp example* /path/to/folderとします。既にフォルダーが存在している必要があります。

 

  1. mvの構文は、例#2を除いて上記cpの例と似ています。mv では-rフラグを使用しません。フォルダーを移動するとコンテンツも移動するためです。どのインスタンスも構文は具体的には同一ではありませんが、上記の例に沿って機能します。詳細については、manページを参照してください

 

SLN265948_ja__1icon :重要なファイルが削除されても、プロンプトは表示されません。このコマンドを使用するのは、何らかの誤操作を行ってこのコマンドを使用する場合か、マシン上で何らかの問題がある場合です。このコマンドの使用は最後の手段であり、推奨しません。
  1. rmによる削除は永続的です。ごみ箱は使用しません。注意して使用してください。また、削除するファイルに間違いがないことを確認してから、Enterを押すようにしてください。削除コマンドを過度に複雑にすると、最後まで完了しないことがあります

  2. rm file - システムから特定のファイルを削除します。

  3. rm -r folder - システムから特定のフォルダーを削除します。

  4. rm -rf folder - システムから特定のフォルダーを強制的に削除します。このコマンドを間違って使用すると、正しく構成されません

 
  1. ターミナルでnanoを使用してファイルを編集して、足りない部分を迅速に設定することができます。便利ですが、プレーン テキスト ファイルとプログラミング ファイルを処理するため、Microsoft Wordドキュメントなどでは正しく表示されません。

  2. ルートにあるファイルは、通常のユーザーには編集できません。nanosudoというプレフィックスが付いていなければ、変更を保存することはできません。プレフィクスが付いていないファイルは、読み取り専用モードで開かれます。

  3. nano newfile.whatever で指定した名前でファイルを開いて編集します。

  4. nano existing_file - 編集のために既存のファイルを開きます。

  5. 内部から: nano

  6. CTRL+Oキーを一緒に押してファイルを保存し、名前を変更するか、Enterキーを押して同じ名前で保存します。これで、ファイルが保存されます。

  7. CTRL+Xキーを一緒に押すと、nanoは終了します。保存していない変更がある場合は、保存するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。

 

  1. mkdir folder_name - 指定した名前のフォルダーを作成します。

  2. mkdir -p /path/to/folder/name - 必要に応じて各フォルダーを作成します。/home/userだけが存在している場合に、/home/user/1stfolder/2ndfolderフォルダーを作成するには、mkdir -pを使用して1stfolderディレクトリーと2ndfolderディレクトリーを作成します。

 

  1. ps aux - システムで実行されているすべてのプロセスの詳細をリストします。ユーザー、プロセスID PID、プロセス名などが表示されます。この機能を使用して、プロセス リストを表示し、必要に応じて不要なプロセスや停止したプロセスを強制終了することができます。

 

  1. kill PID - PIDは問題のあるプロセスを参照する番号です。PIDは、ps auxなどのコマンドを使用して入手します。プロセスが停止を拒否する場合、kill -9 PIDでプロセスを完全に終了させることもできます。

SLN265948_ja__1icon :状況を考慮せずにプロセスを閉じてしまうためシステムで不測の自体が発生する可能性があります。注意してください。
  1. killall program - Killallは、by nameで指定したlisted programのすべてのインスタンスを強制終了します。たとえばFirefox Internetブラウザー セッションが3つ開いている場合に、killall Firefoxと指定すると、すべてのFirefoxセッションが強制終了されます。kill は、問題のあるFirefoxプロセスの指定されたPIDだけを指定して強制終了します。

  2. xkill は、GUIでウィンドウをクリックして強制終了する方法です。xkillと入力すると、どくろ印のアイコンが表示され、次にクリックしたウィンドウが強制終了されます。

 

  1. Pipes は、straight barキー(|)で表されます。

  2. このキーはWindowsではほとんど使用されませんが、通常バックスラッシュ キーと一緒にあります。

  3. パイプはコマンドをリンクするために使用されます。Pipes あるコマンドの出力結果を、チェーンでつながれている2番目のコマンドの入力として使用するようにルーティングします。

  4. pipesと書き込まれたボリュームの詳細については、オンライン リソースを参照してください。

 

  1. > は、既存のファイルのコンテンツを新しいコマンドのコンテンツで置き換えてoverwriteするために使用します。

  2. >> は、既存のファイルに情報をappendするために使用されます。これは、ログ操作の実行に便利です。

  3. Example: ps aux > processes.log は、ps auxの出力をprocesses.logファイルに送信して、コマンドの出力をテキスト エディターに表示し、ファイルの現在の内容を上書きします。

 

  1. tee は、コマンド出力をどこか別の所に送信するために、|と伴に使用します。これは、見逃したエラーがある場合に便利です。画面のすべての表示が、ファイルにも取り込まれます。

  2. 例: dmesg| tee boot.txtでは、初期起動情報を表示するdmesgコマンドが実行されます。|により、dmesgの出力がteeに送信され、そこからターミナルとログ ファイルboot.txtに送信されます。

 

  1. 現在のディレクトリー内のファイルを実行可能ファイルとしてマークした後、そのファイルを実行する必要がある場合は、./オペレーターを使用すれば、root権限のない通常のユーザーとしてファイルを実行できます。./ は、文字どおりin the current directoryであり、現在のディレクトリー以外のファイルでは機能しません。

  2. 現在のディレクトリーにないファイルを実行する必要がある場合は、正しく実行されているプログラムにパスを渡す必要があります。たとえばPythonプログラムの場合はpython /path/to/file、シェル ファイルの場合はsh /path/to/fileとします。他のプログラムもありますが、この2つが最も一般的です。

  3. operation not permitted?を受信したため、root権限でファイルを実行する必要がある場合は、コマンドに、プレフィックスsudoを付ける必要があります。上記の例では、sudo python /path/to/fileにより、root権限でスクリプトが実行されます。

  4. ターミナルからGUIプログラムを実行する必要がある場合は、プログラム名を入力するだけで実行できます(case sensitive!なので注意)。現在のターミナルは使用できなくなります。プログラムが開かれている間にターミナルを閉じると、プログラムも強制終了されます。バックグラウンドでプログラムの実行を継続することもできます。ターミナルでprogram_nameの後にexit という語を付けておけば、ターミナルが閉じてもプロセスの実行は継続されます。

  5. ターミナルからroot権限を持つGUIプログラムを実行する必要がある場合は、sudoではなく、gksudoまたはgksuというプレフィックスを付けます。sudoを付けてGUIアプリケーションを起動することは好ましくありません。回避する必要があります。

  6. Operation not permitted.が表示されるからといって、むやみにsudoを使用することはしnotでください。不適切な場所で、コマンドをroot権限で実行すると、システムをdestroyする可能性があるため注意してください。ファイルが信頼できるソースからのものであることを確認してください。


覚えやすいルール

 

ディレクトリー内で位置が分からなくなった場合は、pwdと入力して、作業ディレクトリーを出力します。

ディスク領域を計算する場合は、df -h で簡単に計算できます。

フォルダーまたはファイルのサイズを計算する場合は、du -cksh target_name を実行します。現在のフォルダーのサイズを計算する場合は、du -cksh

実行可能ファイルのマークを付ける場合は、chmod +x filename を実行します。

ISOにマウントする場合、Linuxにはこの機能が組み込まれています。/home/user/isomountなどの任意の場所にディレクトリーを作成して、mount -o loop /path/to/myisofile.iso /home/user/isomountコマンドを使用すると、そのフォルダー内にコンテンツがマウントされます。

コマンドの実行中に再度実行する必要ができたが、どうやったのか正確に覚えていない場合は、ターミナルでhistoryと入力すると、コマンド履歴が出力されます。履歴をクリアする場合は、history -c で情報を消去できます。


トップに戻る


 

その他の情報:

 

SLN265948_ja__1icon メモ:
Canonicalは、次の方法でソフトウェア サポートを行っています。
テクニカル サポートはデルにより提供されます:


トップに戻る


Article Properties


Affected Product

Desktops & All-in-Ones, Laptops

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

4

Article Type

Solution

Rate This Article


Accurate
Useful
Easy to Understand
Was this article helpful?

0/3000 characters