Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell OpenManage Enterprise Power Managerのサポート

Summary: Dell Technologiesは、OpenManage Enterprise Power Managerを介して、PowerEdgeサーバーの電源を管理する機能を提供します。Power Managerは、サーバーの電力消費量を表示、測定、および制御し、またインフラストラクチャのパフォーマンスを向上させることができます。この拡張機能は、DellSee more

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

Dell OpenManage Enterprise Power Manager

デル・テクノロジーズによるサーバー電源管理のサポート

サーバー電源管理は、Dell PowerEdgeサーバーの主要なコンポーネントです。サーバー電源管理には次のものが含まれます。

  • 電力使用率と温度正常性の測定
  • 電源および冷却イベントからのリスクの軽減
  • 容量の活用
  • ポリシー ベースの制御の設定

Dell PowerEdgeサーバーに組み込まれているIntegrated Dell Remote Access Controller (iDRAC)とコンソールが統合され、サーバーの電力消費量と制御率が表示されるようになりました。OpenManage Enterprise Power Managerは、次世代のサーバー電源管理です。Power Managerは、サーバーの電力消費量を表示、測定、および制御し、またインフラストラクチャのパフォーマンスを向上させることができます。この拡張機能は、Dell OpenManage Enterpriseの拡張機能として、OpenManageポートフォリオの重要な要素であり、シームレスな統合を実現します。

OpenManage Power CenterはOpenManage Enterprise Power Managerに置き換えられています。OMPCに機能が追加されることはありません。

Dell OpenManage Enterprise Power Manager

OpenManage Enterprise Power Managerのメリット

  • IT機器が消費している電力をサーバー、ラック、ラックの列、またはサーバー室レベルで測定する
  • 事前に定義されたポリシーに従って電力消費量を削減してリスクを軽減し、重要でない消費を削減して、ビジネス クリティカルなアプリケーションのアップタイムを最大化する
  • 接続されている電力容量を十分使用していない機器のあるラックを識別し、データセンターの密度を向上させる
  • 再利用または削除するアイドル状態のサーバーを特定する
  • CPU使用率と、次の目的で使用できる電力消費量を含むレポートを出力します。
    • チャージバック
    • 電力消費量に基づいたワークロード バランシング
    • サーバーを取り付け可能なラック スペースの識別
  • 個々のサーバーまたはサーバーのグループに電力上限値を設定する
  • PowerEdgeサーバーの使用状況に関するCO2排出量レポートを表示する
 
 

Dell OpenManage Enterprise Power Managerの電力使用量

OpenManage Enterprise Power Managerの機能

  • PowerEdgeサーバーのシステムのエアフロー履歴をリアルタイムで表示
  • サブシステムの電力とCUPS(Compute Usage Per Second、秒あたりの計算能力使用状況)の表示、分析、レポート
  • デバイス/グループのサマリー、イベント、ポリシー、電源/温度しきい値の設定へのアクセス
  • レポート:
    • データセンターの「無効な電力」の報告
    • レポートを作成、実行、およびエクスポートするための定義済みレポート テンプレート
    • レポートでのREST APIのサポート
    • サーバーを取り付け可能なラック スペースの識別
  • 電源投入動作中のリモート デバイスの管理と電源スパイクの制御
  • 設定可能なシャーシの利用スケジュールと必要に応じた即時実行
 
 

Dell OpenManage Enterprise Power Manager

OpenManage Enterprise Power Managerの機能拡張

Dell Technologiesでは、OpenManage Enterprise Power Managerを改良し続けています。

OpenManage Enterprise Power Manager 3.0の新機能

  • 仮想マシンとグループの管理
    • 仮想マシン(VM)グループを作成、編集、削除します。
    • 電源、仮想マシンのエネルギー、施設の総エネルギー、オーバーヘッド エネルギー、VMおよびVMグループの関連コストを表示します。
    • VMグループの統合レポートとカスタム レポートが追加されました。
    • デバイスに関連付けられているVMの電源およびvCPUの使用状況に関する情報を表示します。
  • Power Managerデバイスとグループの管理
    • 新しいデバイスのサポートが追加されました。
    • IT機器のエネルギー、施設の総エネルギー、オーバーヘッド エネルギー、関連コスト、デバイスとグループの炭素排出量を表示します。
    • デバイスに関連付けられているVMの統合レポートとカスタム レポートが追加されました。ビューを表示してレポートをダウンロードします。
    • クラスH1のASMRAE仕様が追加されました。
    • デバイスで設定されたデバイスの場所情報に基づいて、未配置デバイスの物理階層を自動的に作成します。
    • Power Managerのデータに従って、デバイス コンソールでデバイスの場所をアップデートします。
    • 電力消費量が電力制限に近づくと、デバイスとグループに対するアラートを生成します。
    • EPRが無効になっている場合にデバイスの電源をずらしてオンにします。
    • EPRを有効にする際にデバイスの強制シャットダウンを有効にします。
    • サーバー、シャーシ、静的グループ、物理グループの温室効果ガスの排出量を表示します。
    • PowerEdgeサーバーの新しいメトリックを表示します。
    • Power Managerでアイドル状態のサーバーを特定します。
    • サーバー使用率メトリック(CPU、I/O、メモリー帯域幅、システム使用率)を分析して比較します。
    • 水冷システム(LCS)イベント トリガーEPRのサポートが追加されました。

拡張機能、制限事項、修正された問題、既知の問題に関する完全リストについては、Dell EMC OpenManage Enterprise Power Managerのマニュアル ページから最新のユーザーズ ガイドとリリース ノートを参照してください。

  • 配電ユニット(PDU)デバイスのモニタリングのサポート。
  • OpenManage Enterpriseで検出されPower Managerに追加されたハイパーバイザーでホストされている仮想マシン(VM)のモニタリングのサポート。
  • Power Manager:Power ManagerでモニタリングされているVMの詳細を表示するために統合されている仮想マシンのパフォーマンス レポート。
  • サーバー、PDU、仮想マシン、500グループ(静的および物理)を含む8000デバイスのモニタリングのサポート。
  • セキュリティを強化する範囲ベースのアクセス制御(SBAC)機能をサポート。
  • Redfishテレメトリー プロトコルを使用してデータを収集するためのサーバーとの通信をサポート。
  • CSVファイルをインポートすることによる物理グループの作成をサポート。

拡張機能、制限事項、修正された問題、既知の問題に関する完全リストについては、『OpenManage Enterprise Power Manager 2.0 Release Notes』を参照してください。

  • ラック ビュー機能は、iDataVisualizationLab/HPCCオープンソース ライブラリーを利用します。ライセンス契約の詳細については、詳細>を参照してください。
  • データ センターの構造をレプリケートするための物理グループの作成と管理をサポート。
  • 物理グループをビジュアル化するためのラック ビューをサポート。
  • 静的および物理グループのエアフロー メトリックをサポート。
  • ラックでのデバイス サイズ定義をサポート。
  • ラック管理用にデバイス詳細の追加をサポート。
  • 物理グループに対する内蔵およびカスタマイズされたパワー/スペース ヘッドルーム レポートを作成。
  • Power Managerでの監視対象でないデバイスの追加をサポート。
  • パワー/スペース ヘッドルームを表示。
  • 電力およびスペースの消費量について、使用率の低い上位10ラックを表示。

拡張機能、制限事項、修正された問題、既知の問題に関する完全リストについては、『OpenManage Enterprise Power Manager 1.2 Release Notes』を参照してください。

  • Power Managerは、最大6,000台のデバイスをサポートできます。
  • OpenManage Enterpriseをアップグレードした後、互換性のないバージョンのPower Managerを無効化。
  • Power Managerファイルをダウンロードし、拡張機能を都合のよいタイミングでインストールできる柔軟性。
  • Power Managerのすべての機能に関する情報を並べ替えてフィルタリング。
  • グループ レベルでの電力上限値(ワットまたはパーセンテージ)の設定をサポート。
  • Power Manager専用のランディング ページ。
  • ウィジェットの改善によるユーザー エクスペリエンスの向上。
  • デバイス上でEmergency Power Reduction(EPR)を適用することにより、冷却インフラストラクチャの障害による過熱が原因で発生する管理対象デバイスの損傷を防ぐために、温度ベース ポリシーの作成と管理をサポート。
  • 既存の内蔵レポートでの温度ベース ポリシー詳細の表示をサポート。
  • 上位10デバイスおよびグループの電力および温度しきい値の違反を表示。
  • Dell EMC VxRailシステムのサポート。
  • iDRACバージョン4.10.10.10以降のAMDプロセッサー搭載PowerEdgeサーバーのサポート。
  • iDRAC Datacenterライセンスのサポート。

拡張機能の詳細なリスト、制限事項、修正された問題、既知の問題については、『OpenManage Enterprise Power Manager 1.1 Release Notes』を参照してください。

  • Power Managerのイニシャル リリース。
  • サポートされているデバイスの電力および温度のメトリックを監視し、最大1年間データを保持。
  • ポリシー機能を使用して、グループの一部であるデバイスまたはデバイスの電力消費量に電力上限を設定できる電力ポリシーを作成および管理。
  • Emergency Power Reduction(EPR)機能を使用して、緊急時にグループの一部であるデバイスおよびデバイスの電力消費を調整またはシャットダウン。
  • アラートしきい値機能を使用して、デバイスおよびグループの警告および重要制限を指定する電力および温度のしきい値制限を作成。
  • レポート機能を使用して、グループの一部であるデバイスおよびデバイスの電力および熱消費量を表示する定義済みレポートまたはカスタム レポートを生成。
  • Power Managerのデバイスおよびグループに素早くアクセスできるDell EMC OpenManage Enterpriseダッシュボードの追加。

拡張機能の詳細なリスト、制限事項、修正された問題、既知の問題については、『OpenManage Enterprise Power Manager 1.0 Release Notes』を参照してください。

 
 
 

OpenManage Enterprise Power Managerのライセンス

OpenManage Enterprise Power Managerの使用権は、OpenManage Enterprise Advancedライセンスに含まれています。Power Managerの高度な機能は、サーバーのiDRACまたはモジュラー エンクロージャ ライセンス(あるいはその両方)に依存しています。Advancedライセンスは、これらのSKUを使用して、サーバーの販売時点(POS)および販売後(APOS)に利用できます。『OpenManage Portfolio Software Licensing Guide』には、組織のライセンス オプションに関する詳細な情報が記載されています。

OpenManage Enterprise Advancedの評価版ライセンス(90日間)では、Power Managerを使用してすべての機能を完全にテストし、体験することができます。この評価版ライセンスは、iDRAC9 Express、Enterprise、またはData Centerのライセンスでの作業に限定されています。詳細情報およびダウンロード >

OpenManage Enterprise AdvancedライセンスのSKU
SKU 説明
528-BJEW APOSレガシー プラットフォーム
528-BIYY 現行および今後のプラットフォームのPOS
528-BIYX 現行および今後のプラットフォームのAPOS
528-BJEV サーバー設定ライセンス レガシー プラットフォームからのAPOSアップグレード
528-BIYW 現行および今後のプラットフォームのサーバー設定ライセンスからのAPOSアップグレード
PowerEdgeサーバーのPower Manager機能
Power Managerの機能 OME Advanced/Advanced+とiDRAC Basic OME Advanced/Advanced+とiDRAC Express OME Advanced/Advanced+とiDRAC Enterprise OME Advanced/Advanced+とiDRAC Data Center
デバイス メトリックの監視(電源、温度、システム使用率、CPU、I/O、メモリー、エアフロー、サブシステム、エネルギー メトリック)
エネルギー消費コストと二酸化炭素使用量
静的電源ポリシー
緊急時の電力削減(スロットルとシャットダウン) - EPR
温度トリガー ポリシーとEPR
液冷リーク検出とLCS EPRアクション
しきい値(アラートしきい値と電力上限しきい値)
仮想マシンのモニタリングとグループ化
物理階層とラック管理
iDRACで物理階層を自動的に作成し、場所をアップデートする
アイドル サーバーの検出
PowerEdgeエンクロージャのPower Manager機能
Power Managerの機能 PowerEdge MX7000 PowerEdge M1000e PowerEdge FX2 / FX2s / VRTX PowerEdge FX2 / FX2s / VRTX
ライセンス要件なし ライセンス要件なし CMC Express CMC Enterprise
デバイス メトリックの監視(電力、温度、エネルギー メトリック)
エネルギー消費コストと二酸化炭素使用量
静的電源ポリシー
緊急時の電力削減(EPR)
温度トリガー ポリシーとEPR
アラートしきい値
物理階層とラック管理
物理階層の自動作成
シャーシ コンソールでデバイスの場所をアップデート
 
 

Dell OpenManage Enterprise Power Manager

OpenManage Enterprise Power Managerのダウンロードとインストール

Power Manager 3.0は、OpenManage Enterprise(最小バージョン3.9)用のプラグインです(「Dell EMC OpenManage Enterpriseのサポート」を参照)。この拡張機能をダウンロードしてインストールまたはアップグレードするには、次の手順に従います。

OpenManage Enterpriseバージョン3.9以降を使用していることを確認します。
  1. Power Managerプラグインへの接続
    • オンライン リポジトリー:OpenManage Enterpriseからdownloads.dell.comポータルへの接続を確認します
    • オフライン リポジトリー:Power Managerプラグイン ファイルをダウンロードし、オフライン リポジトリーに抽出します。
  2. OpenManage Enterpriseを起動します。
  3. [アプリケーション設定]で、[コンソールとプラグイン]をクリックします。[コンソールとプラグイン]ページが表示されます。
  4. [Power Manager]セクションで、[インストール]をクリックします。[プラグインのインストール]ページが表示されます。
  5. [Available Version]ドロップダウン メニューから、インストールされているOpenManage Enterpriseのバージョンでサポートされているプラグインのバージョンを選択します。前提条件のリストを確認します。
  6. [プラグインのダウンロード]をクリックします。プラグインがダウンロードされ、[コンソールとプラグイン]ページでプラグインのステータスが[ダウンロードが完了しました。インストールできます。]に更新されます。
  7. インストールの詳細ページで、プラグインの[Install]をクリックします。
  8. 契約内容を確認し、[Accept]オプションをクリックします。
  9. OpenManage Enterpriseにログインしているユーザー数の詳細、進行中のタスク、スケジュール ジョブが確認ウィンドウに表示されます。インストールを確認するには、[プラグインの処理を実行する前にOpenManage Enterpriseアプライアンスのスナップショットを撮りました。]オプションを選択してから、[インストールを確認]をクリックします。
  • ターゲット デバイスでのライセンス変更の結果としてPower Managerの一部であるデバイスおよびグループの最新のリストを即時に表示するには、OpenManage Enterpriseで[Run Inventory]をクリックし、[Power Manager Devices]ページの[Refresh Power Manager]機能オプションをクリックします。
  • OpenManage Enterpriseダッシュボードの[Power Manager Devices Statistics]セクションから電力対応デバイスの全体数を表示します。
OpenManage Enterpriseバージョン3.9以降を使用していることを確認します。
Power Managerをアップグレードするには、次の手順を実行します。
  1. OpenManage Enterpriseを起動して、[アプリケーションの設定]>[コンソールとプラグイン]の順にクリックします。[コンソールとプラグイン]タブが表示されます。
  2. [Power Manager]セクションで、[Update Available]をクリックします。[Update Plugin]ページが表示されます。
  3. このバージョンのアップデートを表示するには、[リリース ノート]リンクをクリックします。サポート ページが表示されます。
  4. アップデートをダウンロードするには、[プラグインのダウンロード]をクリックします。[Enable plugin during update]オプションがデフォルトで選択されています。アップグレード後にプラグインを無効にする場合は、[Enable plugin during update]オプションをオフにします。プラグインがダウンロードされ、ダウンロードのステータスが緑色の帯に表示されます。
  5. Power Managerをアップデートするには、[Update Plugin]をクリックします。
  6. [End User License Agreement]ウィンドウで、確認して[Accept]オプションをクリックします。
  7. OpenManage Enterpriseにログインしているユーザー数の詳細、進行中のタスク、スケジュール ジョブが確認ウィンドウに表示されます。インストールを確認するには、[プラグインの処理を実行する前にOpenManage Enterpriseアプライアンスのスナップショットを撮りました。]オプションを選択してから、[インストールを確認]をクリックします。
Redfish対応のデバイスおよびグループのリストを表示するには、OpenManage Enterpriseで[Run Inventory]をクリックし、[Power Manager Devices]ページで[Refresh Power Manager]機能オプションをクリックします。
 

OpenManage Enterprise Power Managerのリソース

コミュニティ

OpenManage Systems Managementコミュニティーに参加すると以下を利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

ドキュメンテーション

最新のマニュアルについては、Dell EMC OpenManage Enterprise Power Managerのマニュアル ページを参照してください。

ホワイト ペーパー

『Data Center Carbon Usage』


2022年5月
16ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、運用中に消費されるエネルギーに基づいて、データ センターの二酸化炭素使用効率性を測定するためのガイダンスを提供します。排出量の測定は、データ センターの持続可能性に関する目標を達成するために不可欠です。

ホワイト ペーパーを読む

CSVファイルからの物理グループとデバイスの関連付けのインポート


2020年10月
13ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーを使用して、既存のデバイス グループを物理グループとしてOpenManage Enterprise Power Managerにインポートし、データ センター内のデバイスとその場所をレプリケーションして、効率的なラック管理システムを実現します。

ホワイト ペーパーを読む

『Installation Guide for OpenManage Enterprise Power Manager』


2020年9月
34ページのホワイト ペーパー
この技術ホワイト ペーパーでは、Power Managerを初めてセットアップする方法についてのガイダンスを提供します。OpenManage Enterpriseへのインストール方法、Power Managerを設定してデータ センターの電源のモニタリングと管理を開始する方法について詳しく説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Using OpenManage Enterprise Power Manager for Chargeback』


2020年9月
17ページのホワイト ペーパー
この技術ホワイト ペーパーでは、Dell EMC OpenManage Enterprise Power Managerプラグイン1.2を使用して、電力コストを削減し予算を効率良く利用するために、Dell EMCのサーバーとシャーシの使用を最適化するためのベスト プラクティスを説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Overall Best Practices for OpenManage Enterprise Power Manager』


2020年9月
23ページのホワイト ペーパー
この技術ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterprise Power Managerプラグインの使用に関する全体的なベスト プラクティスについて説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Usage of Reports in Data Center through Dell EMC OpenManage Enterprise Power Manager』


2020年8月
19ページのホワイト ペーパー
この技術ホワイト ペーパーでは、OpenManage Enterprise Power Managerプラグインの使用に関する全体的なベスト プラクティスについて説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Emergency Power Reduction (EPR) feature with OpenManage Enterprise Power Manager』


2020年8月
38ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、データ センター環境での、OpenManage Enterprise Power Managerによる緊急時の電力削減機能の効果的な使用方法についての概要について説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Static Power and Temperature-Triggered Policies with OpenManage Enterprise Power Manager』


2020年8月
37ページのホワイト ペーパー
このホワイト ペーパーでは、データ センター環境での、OpenManage Enterprise Power Managerによる電力および温度ベース ポリシーの効果的な使用方法についての概要を説明します。

ホワイト ペーパーを読む

『Best practices for Alert Management using OpenManage Enterprise Power Manager』


2019年9月
22ページのホワイト ペーパー
この技術ホワイト ペーパーでは、電源のモニタリングおよび管理機能を活用してデータ センターをより有効に管理するために、OpenManage Enterprise Power Managerバージョン1.0のアラート機能を使用する場合のベスト プラクティスを構成して実行するプロセスについて説明します。

ホワイト ペーパーを読む

ビデオ

OpenManage Enterprise Power Managerを使用したゾンビの特定

 

サーバーの電力およびコンピュート メトリック履歴を分析して、消費電力が高い割には処理効率の悪いサーバーを特定します。

2019年10月

Power Managerを使用したOpenManage Enterpriseでの電力レポート

 

Power Managerを使用したOpenManage Enterpriseのレポート作成機能です。

2019年10月

Cause

Dell

Resolution

Dell Technologies

Article Properties


Affected Product

Dell EMC OpenManage Enterprise Power Manager

Product

OpenManage Power Center, Dell EMC OpenManage Enterprise

Last Published Date

11 Nov 2022

Version

16

Article Type

Solution