Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインのサポート

Summary: Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインは、データ センター管理に積極的なアプローチを採用し、Nagiosコンソールでintegrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerテクノロジー、モジュラー型インフラストラクチャ、ストレージおよびネットワーク デバイスを使用したエージェント フリーの方法によって、最新のDell EMC PowerEdgeサーバーの監視機能を提供します。このプラグインを使用すると、ハードウェア レベルの包括的な可視性を得られます。また、障害の検出と解決のため、全体およびコンポーネント レベルで正常性を監視できます。 ...

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms
Nagios XI用Dell EMC OpenManageプラグイン

Nagios XI用Dell EMC OpenManageプラグイン

  • ハードウェア レベルの包括的な可視性
  • PowerEdgeサーバーのエージェント フリー管理
  • コンポーネント レベルの正常性監視

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインは、データ センター管理に積極的なアプローチを採用し、Nagiosコンソールでintegrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)with Lifecycle Controllerテクノロジー、モジュラー型インフラストラクチャ、ストレージおよびネットワーク デバイスを使用したエージェント フリーの方法によって、Dell EMC PowerEdgeサーバーの監視機能を提供します。このプラグインを使用すると、Dell PowerEdgeサーバー、モジュラー型インフラストラクチャ、ストレージおよびネットワーキング デバイスに対して、ハードウェア レベルの包括的な可視性を得られます。また、より迅速な障害の検出と解決のため、全体およびコンポーネント レベルで正常性を監視できます。Dell EMC + Nagiosの詳細>

 
 

Nagios XI向けOpenManageプラグインの機能と利点

メリット

  • 既存のNagios XI製品への投資を保護し、Dell EMCサーバー、モジュラー型インフラストラクチャ、データ センター インフラストラクチャ内のストレージを簡単に統合および監視できる。
  • 大規模な異機種データ センター環境の管理における運用効率と柔軟性を改善できる。
  • サーバー インフラストラクチャのメンテナンス、モニタリングおよび問題のトラブルシューティングにかかる時間を短縮して生産性を向上できる。
  • データ センターのリソースの可用性に影響を及ぼす、確かな情報に基づいた迅速な決定ができる。

機能

  • コンポーネント レベルのインベントリー詳細を含むシステムの詳細情報を提供する。
  • サポートされているすべてのDell EMCプラットフォームおよびデバイスについて、コンポーネント レベルの正常性を含む全体的な正常性を監視する。
  • サポートされているDell EMCプラットフォームおよびデバイスの保証情報と監視を提供する。
  • サポートされているすべてのDell EMCプラットフォームおよびデバイスのSNMPアラートを監視する。
  • 迅速なトラブルシューティングのため、SNMPアラートに対応するアラート ナレッジベース(KB)情報を表示する。
  • Nagios XIから次の1対1および1対多のWebコンソールを起動して、さらなるトラブルシューティング、設定、または管理アクティビティを実行する。
    • iDRAC Webコンソール - PowerEdgeおよびHCIプラットフォーム用
    • モジュラー エンクロージャ用OpenManage Enterprise ModularおよびChassis Management Controller(CMC)Console
    • ME4ストレージ アレイ用PowerVault Manager
    • PSシリーズ(EqualLogic)Group Managerコンソール
    • SC、SCv、FSシリーズ(Compellent)Enterprise Managerコンソール

Nagios XI用Dell EMC OpenManageプラグイン

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインの拡張機能

Dell EMCでは、Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインを継続的に強化しています。

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン3.1の新機能

  • 新しいプラットフォームのサポート:
    • iDRAC9ベースの最新PowerEdgeサーバー プラットフォーム
    • PowerEdge MX7000モジュラー シャーシ プラットフォーム
    • PowerVault ME4シリーズSAN/DASストレージ - ME4012、ME4024、ME4084
    • Dell EMC VxFlex Ready Nodes
    • Dell EMCネットワーキング デバイス - 最新のOS6、OS9、およびOS10バージョンのサポート
  • iDRACを使用したGPU監視のサポート
  • ホスト定義ファイルでのAES-256ビット パスワード暗号化を使用したセキュリティの強化
  • 保証監視のためのTLS 1.2対応Dell保証APIを使用したセキュリティの強化
  • サーバー、MX7000モジュラー シャーシ、およびME4ストレージ アレイの全体的な正常性サービス ステータスの一部として、SNMPトラップ/障害情報を表示

改善点

  • 以下の目的の新しいデバイス チェック スクリプトのオプション:
    • ホストのすべてのコンポーネント監視サービスを一覧表示する
    • 単一ホストまたはホスト グループに対して1つまたは複数のコンポーネント監視サービスを有効化/無効化する
    • コンポーネントの1つ以上のインスタンスを監視対象に含める/監視対象から除外する(たとえば、特定のファン インスタンス(「System Board Fan6」など)を監視対象から除外する)
  • iDRAC Redfish REST APIを使用した検出、インベントリー、およびサービス チェック機能の向上と高速化
  • python wheelの既存サポートに加え、pythonのソース ディストリビューションを使用したomsdkライブラリーのインストールをサポート - pipが使用されていない環境で役立つ

拡張機能の完全リスト、制限事項、解決された問題、および既知の問題については、『Dell EMC OpenManage Plug-in Version 3.1 for Nagios XI Release Notes』を参照してください。

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン3.0

  • 新機能:
    • iDRAC9搭載の最新Dell EMC PowerEdgeサーバーでエージェント フリー監視機能をサポート。
    • PowerEdgeサーバー プラットフォームの検出、インベントリー、および監視のため、iDRAC Redfish REST APIをサポート。
    • VxRailおよびNutanix XCシリーズを含むDell EMCハイパーコンバージド インフラストラクチャ プラットフォームにおける、エージェント フリーの検出、インベントリー、および監視。
    • Dell EMC Networkingスイッチの検出、インベントリー、およびモニタリングのサポート:Cシリーズ、Sシリーズ、Nシリーズ、Zシリーズ、およびブレードI/O(M1000eの場合はMIOA/MXL、FX2の場合はFN-IOM/FN-IOA)
  • 改善点:
    • オープンソース コンポーネントとPerlモジュールにある複数の依存関係を削除することで、プラグインのインストールと導入を簡略化しました。
    • Pythonで完全に書き換えられた最新のプラグイン アーキテクチャを使用して、検出、インベントリー、およびサービス チェックを改善しました。
    • ホスト チェックとサービス チェックを強化しました。
    • サポートされているすべてのデバイスに対するH/W保証ステータス監視を強化しました。

Nagios XI 1.0用Dell EMC OpenManageプラグイン

  • 自動化されたガイド付きのDell EMC設定ウィザードを使用して、次のDellデバイスの検出と監視の設定を行う。
    • 第12世代以降のDell EMC PowerEdgeサーバー
    • Dell EMC PowerEdge M1000e、VRTX、およびFX2/FX2sモジュラー型インフラストラクチャ
    • EqualLogic PSシリーズ ストレージ アレイ
    • Compellent SCシリーズ ストレージ アレイ
    • PowerVault MD 34/38シリーズ ストレージ アレイ
  • 次のDellデバイスについて、コンポーネント レベルの詳細を含む基本的なシステム情報を提供する。
    • 第12世代以降のDell EMC PowerEdgeサーバー
    • Dell EMC PowerEdge M1000e、VRTX、およびFX2/FX2sモジュラー型インフラストラクチャ
    • EqualLogic PSシリーズ ストレージ アレイ
    • Compellent SCシリーズ ストレージ アレイ
    • PowerVault MD 34/38ストレージ アレイ
  • サポートされているDellデバイスについて、次のコンポーネントの正常性を含む全体的な正常性を監視する。
    • Dell PowerEdgeサーバーのCPU、メモリー、物理ディスク、仮想ディスク、コントローラー、ファン、PSU、バッテリー、温度プローブ、電圧プローブ、ネットワーク デバイス、SDカード、電流プローブ、侵入、およびFC NIC
    • サポートされているDellシャーシのPSU、ファン、I/O、スロット、KVM
    • Dell PowerEdge VRTXシャーシのエンクロージャ、コントローラー、物理ディスク、仮想ディスク
    • Dell PowerEdge VRTXおよびPowerEdge FX2/FX2sシャーシのPCIe
    • Dell EqualLogic PSシリーズ ストレージ アレイのメンバー物理ディスク、ストレージ プール、およびグループ ボリューム
    • Dell Compellentストレージ アレイの物理ディスクとボリューム
  • サポートされているDellデバイスについて、保証情報を提供し、保証期限切れまでの残りの日数に基づいて警告する。
  • サポートされているすべてのDellデバイスからSNMPアラートを監視する
  • 次のDellデバイスについて、迅速なトラブルシューティングを行うため、SNMPアラートに対応するアラート ナレッジベース(KB)情報を表示する。
    • 第12世代以降のDell EMC PowerEdgeサーバー
    • Dell EMC PowerEdge M1000e、VRTX、およびFX2/FX2sモジュラー型インフラストラクチャ
    • EqualLogic PSシリーズ ストレージ アレイ
  • Nagios XIから次の1対1および1対多のWebコンソールを起動して、さらなるトラブルシューティング、設定、または管理アクティビティを実行する。
    • PowerEdgeサーバーおよびHCI(VxRail、XCシリーズ)コンピューティング ノード用のiDRAC Webコンソール
    • M1000e、VRTXおよびFX2/FX2s用のChassis Management Controller(CMC)コンソール
    • PSシリーズ ストレージ アレイ用のEqualLogicGroup Managerコンソール
    • SCシリーズ ストレージ アレイ用のCompellent Enterprise Managerコンソール

拡張機能の完全リスト、制限事項、解決された問題、および既知の問題については、「Dell EMC OpenManage Plug-in Version 1.0 for Nagios XI Release Notes」を参照してください。


Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインのライセンス

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインは無料です。


Dell EMC Networking OpenManage Enterprise

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインのダウンロードおよびインストール

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインは、Nagios XIバージョン5.6.6以降の拡張機能です。さらに、前提条件として次の要件があります。

  • OpenManage Python Software Development Kit(OMSDK)。
  • Pythonバージョン2.7.5以降または3.6.3以降がインストールされている。
  • Python Argparseモジュールがインストールされている。
  • Python Netaddrモジュールがインストールされている。
  • (オプション)Dell EMC保証情報を表示するには、Javaバージョン1.8以降のインストールが必要です。
  • (オプション)SNMPアラートを受信するには、SNMP Trap Translator(SNMPTT)バージョン1.3以降のインストールが必要です。最新バージョンを使用することをお勧めします。
Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン バージョン3.1のソフトウェア要件、システム要件、およびインストール、アップグレード、アンインストールの手順については、『Dell OpenManage Plug-in Version 3.1 for Nagios XI Installation Guide』を参照してください。

 

OMSDKは、pypi.orgで標準pythonパッケージとして提供されています。pipを使用して、OMSDKをインストールできます。OMSDKのダウンロード>
  • OMSDKパッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。常に最新バージョンを使用することをお勧めします。
    1. pip install omsdk
  • OMSDKパッケージをアップグレードするには、次のコマンドを実行します。
    1. pip install omsdk --upgrade
  • OMSDKパッケージをアンインストールするには、次のコマンドを実行します。
    1. pip uninstall omsdk
  1. Nagios XI向けOpenManageプラグイン バージョン3.1のGNU zipファイルをダウンロードします。Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gzのダウンロード>
  2. 次のコマンドを実行して、ダウンロードしたファイルを抽出します。tar -zxvf Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gz次のフォルダーとファイルが抽出されます。
    • Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard.zipファイル
    • Dell_EMC_OM_Plugin_3_1_For_NagiosXI_IG.pdfファイル
    • Dell_EMC_OM_Plugin_3_1_For_NagiosXI_ReadMe.txtファイル
    • license_en .txtファイル
    • Upgradeフォルダー
  3. 認証情報を使用して、Nagios XIコンソールにログインします。Nagios XIのホームページが表示されます。
  4. [Admin]タブをクリックします。
  5. 左ペインの[System Extensions]で、[Manage Config Wizards]をクリックします。[Manage Configuration Wizards]ページが表示されます。
  6. [Upload a Wizard]メニューで、[Browse]をクリックします。[File Upload]ウィンドウが表示されます。
  7. Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gzファイルが抽出された場所に移動し、Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard.zipファイルを選択して、[Open]をクリックします。
  8. [Upload & Install]ボタンをクリックします。Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインが正常にインストールされ、著作権とバージョン情報とともに[Wizard Information]メニューに表示されます。
  9. インストール後:
    1. 暗号化と復号化のためのパスフレーズを格納するパスフレーズ リソース ファイルを作成します。
    2. <NAGIOS_HOME>/etc/resource.cfgに移動し、マクロ$OMINAGIOSRESPATH$=<absolute path>resource.cfgで定義して、手順1で作成したファイルの絶対パスを指定します。
    3. 次のコマンドを実行して、Nagios Coreサービスを再起動します。 service nagios restart
      パスフレーズ リソース ファイルとパスフレーズを作成するためのガイドラインは次のとおりです。
      • パスフレーズには、英数字と特殊文字を含める必要があります。
      • パスフレーズの長さは、最低10文字、最大25文字にする必要があります。
      • パスフレーズは定期的に変更することをお勧めします。
      • パスフレーズ リソース ファイルは、「nagios」ユーザーおよび検出スクリプトを実行しているユーザーに対して読み取り権限を付与する必要があります。
      • 「nagios」ユーザーが検出スクリプトを実行します。
Nagios XI向けOpenManageプラグイン バージョン3.0から3.1へのアップグレード
  1. Nagios XI向けOpenManageプラグイン バージョン3.1のGNU zipファイルをダウンロードします。Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gzのダウンロード>
  2. 次のコマンドを実行して、ダウンロードしたファイルを抽出します。tar -zxvf Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gz次のフォルダーとファイルが抽出されます。
    • Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard.zipファイル
    • Dell_EMC_OM_Plugin_3_1_For_NagiosXI_IG.pdfファイル
    • Dell_EMC_OM_Plugin_3_1_For_NagiosXI_ReadMe.txtファイル
    • license_en .txtファイル
    • Upgradeフォルダー
  3. 以下の手順に従って、Dell OpenManageプラグイン バージョン3.0を削除します。
    • 認証情報を使用して、Nagios XIコンソールにログインします。Nagios XIのホームページが表示されます。
    • [Admin]タブをクリックします。
    • 左ペインの[System Extensions]で、[Manage Config Wizards]をクリックします。[Manage Configuration Wizards]ページが表示されます。
    • [Wizard Information]からDellプラグインを見つけ、[Actions]の下にある[Delete]ボタンをクリックして、Nagios XI向けDell OpenManageプラグイン ウィザードをアンインストールします。システムからDell OpenManageプラグインが正常にアンインストールされました。
  4. 以下の手順に従って、Dell Nagios XIプラグイン バージョン3.1をインストールします。
    • 認証情報を使用して、Nagios XIコンソールにログインします。Nagios XIのホームページが表示されます。
    • [Admin]タブをクリックします。
    • 左ペインの[System Extensions]で、[Manage Config Wizards]をクリックします。[Manage Configuration Wizards]ページが表示されます。
    • [Upload a Wizard]メニューで、[Browse]をクリックします。[File Upload]ウィンドウが表示されます。
    • Dell_EMC_OpenManage_Plugin_v3.1_Nagios_XI_A00.tar.gzファイルが抽出された場所に移動し、Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard.zipファイルを選択して、[Open]をクリックします。
    • [Upload & Install]ボタンをクリックします。Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインが正常にインストールされ、著作権とバージョン情報とともに[Wizard Information]メニューに表示されます。
  5. インストール後の手順を実行し、すべてのデバイスを再検出します。
Nagios XI向けOpenManageプラグイン バージョン1.0から直接3.1へのアップグレードはサポートされていません。次のいずれかを実行します。
Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン バージョン3.1のインストールが正常に完了した後、監視要件に基づいて次の手順を実行することができます。
  • アラートまたはイベント トラップの設定:SNMPトラップの監視は、オプションの要件となります。SNMPアラートを受信するようにSNMPTTを設定するには、次の手順を実行します。
    1. cd <NagiosXIのインストール パス>/html/includes/configwizards/Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard/pluginsに移動し、次のコマンドを実行します。./postinstall.sh trap Nagios XIのデフォルトの場所は、/usr/local/nagiosxiです。
    2. snmptt.iniファイルのインストール パスを入力してから、Enterを押します。または、Enterを押してデフォルトのファイル パス「/etc/snmp/snmptt.ini」で続行することもできます。
    3. トラップ設定ファイルのインストール パスを入力してから、Enterを押して続行します。または、Enterを押してデフォルトのファイル パス「/usr/local/nagios/libexec」で続行します。
    4. 次のコマンドを実行して、SNMPTTサービスを再起動します。 service snmptt restart
  • ナレッジベース記事の設定:ナレッジベース(KB)記事は、検出されたDell EMCデバイスによって生成されたアラートまたはイベントに関連付けられます。Nagios XIコンソールでナレッジベース記事を表示するには、次のように設定する必要があります。
    1. cd <NagiosXIのインストール パス>/html/includes/configwizards/Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard/pluginsに移動し、次のコマンドを実行します。./postinstall.sh dellkb Nagios XIのデフォルトの場所は、/usr/local/nagiosxiです。
  • デフォルト以外のパスにインストールされたNagios XIの設定:デフォルトでは、Nagiosは/usr/local/nagios/にインストールされます。Nagios XIをデフォルト以外のパスにインストールした場合は、次の手順を実行してください。
    1. cd <NagiosXIのインストール パス>/html/includes/configwizards/Dell_EMC_OM_NagiosXI_monitoring_wizard/pluginsに移動し、次のコマンドを実行します。 ./postinstall.sh nagiosinstallpath
    2. submit_check_result.shスクリプト ファイルのインストール パスを入力してから、Enterを押します。
    3. 次のコマンドを実行して、SNMPTTサービスを再起動します。 service snmptt restart

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインのリソース

Nagiosについて

Nagiosは、パワフルなIT管理システムおよびIT監視ソフトウェア スイートで、ITインフラストラクチャの問題を重要な業務プロセスに影響がある前に特定して解決することができます。Dell EMC + Nagiosの革新的な統合の詳細については、Dell EMC + Nagiosの詳細>を参照してください。

コミュニティ

OpenManage Connections for Third-Party Console Integration」のコミュニティーに参加すると、次が利用できます。

  • 質問と回答を掲載する提示版
  • 記事を読んでコメントするブログ
  • 製品を向上させるためのアイデア交換、および他のコミュニティー メンバーが投稿したアイデアへの投票
  • その他

 

ドキュメンテーション

最新のマニュアルについては、Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグインのマニュアルを参照してください。

ビデオ

Dell EMC OpenManage + Nagios:革新的な統合


Natalie Patterson(Dell EMC OpenManageプロダクト マーケティング部門マネージャー)が、Nagiosの監視機能を独自のツールと統合して毎日の複雑なIT業務を管理する方法について説明します。Dell EMC + Nagios統合による最大のメリットについては、https://www.nagios.com/dellを参照してください。

2019年12月

Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン バージョン3.0のインストール


Nagios XI向けDell EMC OpenManageプラグイン バージョン3.0のインストール手順と、Dell EMCデバイスの検出について説明します。

2018年7月
Cause
Dell EMC
Resolution
Dell Technologies

Article Properties


Affected Product

Dell OpenManage Plug-in for Nagios XI

Last Published Date

27 May 2021

Version

5

Article Type

Solution