Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Enjoy members-only rewards and discounts
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell EMC SupportAssist Enterprise 2.x – ガイドおよびダウンロード

Summary: Dell SupportAssist 2.xでは、ハードウェアとソフトウェアの問題を事前に識別することでサポートを自動化します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Symptoms

Dell SupportAssist 2.xでは、ハードウェアとソフトウェアの問題を事前に識別することでサポートを自動化します。問題が検知されると、SupportAssistから問題に関する通知が届くとともに、デルでサービスリクエストが自動的に作成されます。また、トラブルシューティングと効率的な問題解決に必要なサーバハードウェアログも添付します。


目次


SupportAssist Enterprise 7.x とは何ですか?

SupportAssist Enterpriseは、デル製サーバー、ストレージ、およびネットワーク デバイスのテクニカル サポートを自動化するアプリケーションです。SupportAssist Enterpriseはお使いのデバイスをモニターし、発生する可能性のあるハードウェアの問題を事前に検知します。ハードウェアの問題が検知されると、SupportAssist Enterpriseは自動的にテクニカル サポートのサポート ケースを開き、Eメール通知を送信します。SupportAssist Enterpriseは、問題のトラブルシューティングに必要なシステム状態情報を自動的に収集して、Dellに安全に送信します。収集されたシステムの情報によって、テクニカル サポートは、より向上した、パーソナライズされた、効率的なサポートを提供できます。SupportAssist Enterprise機能には、テクニカル サポートから問題を解決するためのプロアクティブな対応が含まれています。

SupportAssist Enterprise 3.x は、OpenManage Enterprise または OpenManage Essentials 対応アダプタを使用して管理しているデバイスで発生する可能性のあるハードウェアの問題を監視することができます。

SupportAssist Enterpriseバージョン2.X
Dell EMC SupportAssist Enterprise 7.x アプリケーションは、Windows または Linux のオペレーティングシステムでサポートされています。

SupportAssist Enterpriseバージョン2.X

最新バージョンのSupportAssist Enterprise(SAE)のダウンロード:

  • Dell.com/supportに移動し、モデルを選択するか、サービス タグを入力します。
  • ドライバーおよびダウンロード]を選択します
  • キーワードSupportAssist Enterprise 7.x
  • WindowsまたはLinux向けDELL EMC SupportAssist Enterpriseバージョンをダウンロードします。

SupportAssist Enterpriseバージョン2では、以下の機能が提供されます。

  • 追加のデバイス モデルおよび新しいファームウェア バージョンを持つデバイスのサポート
  • サイトの接続方法の全体的な正常性とデバイスのステータスをモニター
  • サイト インベントリーを検証して、デバイスのステータスを確認
  • 仮想マシンからのシステム情報およびログの収集
  • 企業のTechDirectアカウントからのDell EMCの資源情報の表示
  • グローバルおよびデバイス グループ レベルで、特定のTechDirectアカウントと自動パーツ ディスパッチを統合
  • 利用可能なパッチをインストールしてSupportAssist Enterpriseをアップデート
  • SupportAssist Enterpriseとデータセンターのツールとアプリケーションを統合するためのREST APIインターフェイス

解決された問題の完全なリストについては、SupportAssist Enterprise 7.x バージョンのドキュメントを参照してください。

製品マニュアル

ユーザーズガイド、サポートマトリックス、リリースノートを含む最新のドキュメントについては、 Enterprise 7.x バージョンドキュメント SupportAssist を参照してください。

コミュニティ

コミュニティー フォーラムでSupportAssist Enterpriseについてさらにサポートを受けたり、詳細について話し合うことができます。

その他の参照リンクは次のとおりです。

ビデオ

プレイリストには、SupportAssist Enterpriseの機能を使用するためのチュートリアルが含まれています。


Dell EMC SupportAssist Enterpriseはどのように機能しますか?

SupportAssist Enterprise 7.x がセットアップされ、デバイスが正しく設定されている場合。SupportAssist Enterprise 7.x は、監視対象デバイスでハードウェアイベントが発生するたびにアラートを受信します。受信されたアラートはさまざまなポリシーを使用してフィルタリングされて、新しいサポート ケースを作成するべきか既存のサポート ケースを更新するべきかが確認されます。すべての対象となるアラートは、デルがホストするSupportAssistサーバーに安全に送信され、新しいサポート ケースの作成、または既存のサポート ケースの更新が行われます。サポート ケースが作成または更新されると、SupportAssist Enterpriseは、アラートを生成したデバイスからシステム情報を収集し、情報を安全にデルに送信します。システム情報は、テクニカル サポートが問題のトラブルシューティングを行い、適切なソリューションを提供するために使用されます。

Enterprise 7.x SupportAssist、デバイスからシステム情報を収集して Dell に送信することができます。デフォルトでは、SupportAssist Enterpriseは、定期的およびケースの作成時に、デバイスからシステム情報を自動的に収集して送信します。必要に応じて、手動で収集を開始し、システム情報をデルにアップロードすることもできます。

SupportAssist Enterprise 7.x は、監視対象デバイスから受け取ったアラートすべてに対してサポートケースを作成するわけではありません。サポート ケースは、デバイスが有効なサービス契約(ProSupportまたはProSupport Plus)を持ち、デバイスから受信したアラートの種類とアラートの数がサポート ケースの作成のための事前定義された基準と一致する場合にのみ作成されます。
メモ2: SupportAssist Enterpriseの自動ケース作成機能およびシステム情報収集機能を使用するには、登録を完了する必要があります。未登録の場合、SupportAssist Enterpriseを使用して、デバイスからのシステム情報の収集とデルへのアップロードは手動でのみ開始できます。
メモ3: 収集されたデータは、診断のためにDell EMCサーバーに安全に送信されます。

その他の情報

SupportAssistには、どのようなバージョンがありますか?

名前 目的 利点
Dell EMC OpenManage Enterprise SupportAssist プラグイン

SupportAssist プラグインは、データセンターに対して自動化されたプロアクティブなサポートエクスペリエンスを提供するように設計されており、完全なライフサイクル管理を実現するための単一のペインを提供します。

OpenManage Enterprise を使用しているお客様にとっては、これにより組み込み型の SupportAssist エクスペリエンスが有効になり、1つのコンソールの下にあるサーバー、シャーシを含む最大8000デバイスの監視に適しています。

  • 強化されたサポートエクスペリエンス
  • データセンター全体のサポート
  • すべての PowerEdge デバイスを1つの場所で管理
SupportAssist Enterprise 4.x-Virtual Edition SupportAssist Enterprise 4.0は、お客様の環境とDell EMC間に安全な双方向の接続を提供する仮想エディションです。データ ストレージ、サーバー、ネットワーク、CI/HCI、データ保護などを含む最大4250台のデバイスを1つの場所で監視するのに最適です。
  • 仮想アプライアンス: VMware、Microsoft Hyper-V
  • プロアクティブ、自動化された問題検知、ケース作成と通知
  • 障害予防のための予測的エラー解決
  • リモート問題の解決
SupportAssist Enterpriseバージョン2.X Windows または Linux ベースのアプリケーションを使用して、問題が発生する前に、問題を検出し、解決までの時間を短縮することができます。サーバやストレージなど、最大18000のデバイスを監視する環境に最適です。
  • 問題のアラート
  • 自動ケース生成
  • 障害予防のための予測的エラー解決
  • Dell EMC サポートからのプロアクティブな連絡
SupportAssist Integration for iDRAC IDRAC で SupportAssist を統合すると、SupportAssist コレクションを作成し、他の SupportAssist 機能を使用してシステムやデータセンターを監視することができます。iDRAC では、サポートサービスがプラットフォームとシステムの問題を解決できるようにするプラットフォーム情報を収集するためのアプリケーションインターフェイスを提供します。

DSET の代わりに SupportAssist Enterprise 7.x を使用してログを収集するのはなぜですか?

SupportAssist Enterprise 7.x は、Dell EMC サーバに関する診断の問題を生成するツールです。SupportAssist Enterpriseでは、リモートコレクションおよびローカルコレクションが可能です。これらのコレクションは、手動でDell EMCテクニカルサポートに送信することもできます。また、デバイスが有効な保証の対象であり、SupportAssist Enterprise が設定されている場合も同様です。コレクションは Dell サーバーに自動的にアップロードされ、ケースが開きます。

レガシー PowerEdge デバイスが SAE でサポートされていない場合、Windows およびDell システム電子サポートツール (dset) Linux 2.2のリタイア Dell システム e サポートツール ( dset) 2.2 は、第10世代までのシステムで利用できます。

Cause

Dell EMC

Resolution

Dell Technologies

Article Properties


Affected Product

Servers, SupportAssist Enterprise 1.x, SupportAssist Enterprise Application 2.x

Product

SupportAssist Enterprise Application

Last Published Date

13 Jul 2021

Version

10

Article Type

Solution