Skip to main content
  • Place orders quickly and easily
  • View orders and track your shipping status
  • Create and access a list of your products
  • Manage your Dell EMC sites, products, and product-level contacts using Company Administration.

Dell Technologiesの機器を清潔に保つためのガイダンス

Summary: デルの機器を清掃する方法を説明します。

This article may have been automatically translated. If you have any feedback regarding its quality, please let us know using the form at the bottom of this page.

Article Content


Resolution


お客様が自宅や職場での問題に対処するためのヒント


UV-Cを使用したデルの機器のクリーニングに関するデルのコメントは次のとおりです。

デルでは、デルのいかなる製品ついても、UV-Cライトを照射した場合の結果についてのデータを保有していません。携帯電話など、クリーニングにUV-Cを使用する製品が市場に存在することは認識していますが、デルではその使用、有効性、発生する可能性のある問題に関する独自のデータも情報も所有していません。デルでは、UV-C照射向けに定義された、実績ある明確な業界テストは確認できませんでした。十分な標準テスト データがないため、現時点ではUV-Cライトの使用を推奨することはできません。デルが認定する推奨クリーニング方法は、引き続きこのページに記載されているその他の方法です。



クライアントシステム

お客様が、デル製品の掃除および消毒オプションについて、分からないことがある場合がよくあります。このガイダンスは、DellブランドのすべてのPC、モニター、ディスプレイ画面、ドッキング ステーション、キーボード、マウスに関するものです。

  1. 表面を掃除および消毒する場合には、使い捨て手袋を着用することをお勧めします。
  2. 掃除する機器の電源を切り、AC電源を取り外します。ワイヤレス キーボードなどのアイテムからも、バッテリーを取り外します。電源がオンになっている状態または電源コードがつながった状態で、製品を掃除しないでください。
  3. あらゆる外部デバイスを取り外します。
  4. 製品には絶対に液体を直接スプレーしないでください。
  5. 消毒用アルコール70%と水30%を混ぜ合わせて、マイクロファイバーの布地を湿らせます。布は軽く湿らせなるだけで、液体が滴るほどには濡らさないでください。布が濡れてしまっている場合は、製品を拭く前に余分な水分を取り除いてください。マイクロファイバーの布地以外の素材を使用すると、製品に傷がつく恐れがあります。
  6. 清掃する表面を湿らせた布地でゆっくりと拭き取ります。キーボードやディスプレイ パネルなどの部分が濡れないようにしてください。電気製品の内部に水分が入ると、製品の故障の原因になります。拭きすぎると、表面の損傷につながる場合があります。
  7. ディスプレイ画面を拭く場合は、ディスプレイの上から下に向って、慎重に一方向に拭きます。
  8. 表面を拭いた後は、デバイスに電源を入れる前に、しっかりと乾かしてください。電源を入れたり電源コードをつなげる時には、製品の表面に水分がないようにする必要があります。
  9. ガラス面を掃除または消毒した後、使用方法の説明に従って、ディスプレイの表面用のガラス クリーナーでもう一度拭いてください。アンモニアが入っているガラス クリーニング製品は避けることお勧めします。
  10. 掃除が終了したら、使用した使い捨て手袋を捨てます。手袋を外して捨てたら、直ぐに手を洗います。

これまで説明した表面の掃除作業中、時間が経つにつれて目に見えて外観が変化する場合があります。他の掃除用の化学薬品はきめが粗いため、表面に傷がついてしまいます。次の化学成分を含む化学薬品または製品は使用しないでください。

  • 塩素ベースのクリーナー(漂白剤など)
  • 過酸化物(過酸化水素を含む)
  • アセトン、塗料用シンナー、ベンゼン、塩化メチレン、トルエンなどの溶剤
  • アンモニア(例、Windex)
  • エチル アルコール

ここに挙げた化学薬品を使用すると、製品の表面に修復不可能な損傷が残る可能性があります。このドキュメントに記載されている手順に従えば、損傷のリスクを最小限に抑えることができます。
 

PCのクリーニング方法


エンタープライズシステム

お客様が、デル ストレージ、ネットワーキング、HCI、サーバー製品の掃除および消毒オプションについて、分からないことがある場合がよくあります。以下のガイダンスは、問題の解決に役立ちます。

SLN308919_en_US__1icon Dell Technologiesデータ センター製品はハイ タッチ製品ではないが、データセンターには、入室前に手を消毒する必要があるというクリーンルームポリシーがあることを考慮すると、一般的に触れられない表面を滅菌する必要はありません。ただし、ビジネス要件として十分な注意を払って消毒を行う必要がある場合、Dell Technologiesは、データ センター機器の滅菌を専門とするプロのクリーニング会社に依頼することを強く推奨します。データ センター機器の滅菌を専門とするプロのクリーニング会社に依頼することができない場合、Dell Technologiesは、お客様がデル ストレージ、ネットワーキング、HCI、サーバー製品を滅菌および消毒する際に細心の注意を払うことを推奨します。 
  1. 表面を消毒するときは、清掃と消毒を行うすべての人が使い捨て手袋を着用することをお勧めします。
  2. データ センターの手順で外部表面を掃除する前に電源をオフにする必要がある場合は、データの整合性を確保するためにDell Technologies公開の手順に従って、データ センター機器の電源を安全に切ってください。
  3. 外部表面の掃除中に機器を稼動させる必要がある場合は、機器を湿気にさらす時には十分な注意を払って、湿気にさらされている電源装置を取り扱う際には、適切かつ必要なあらゆる予防措置を講じてください。
  4. 掃除は、ハンドルやその他の一般的なタッチポイントなどの外部表面に限定する必要があります。キャビネットやシャーシのドアを開けないでください。また、内部コンポーネントの掃除をすることはできません。
  5. 汎用クリーニングの場合は、ごみ汚染の危険性が高くなるため、光ファイバーを取り外さないでください。
  6. 液体を製品の上または中に絶対に直接スプレーしないでください。Dell Technologiesデー タセンター製品の内部コンポーネントを湿気にさらさないようにしてください。
  7. ハンドルおよびキャビネットなどの外部表面を清掃するには、含有量70%の消毒用アルコール(終末濃度)で、マイクロファイバーの布地を湿らせます。布は軽く湿らせなるだけで、液体が滴るほどには濡らさないでください。製品の外部およびハンドルを拭く前に、布が濡れている場合は、余分な水分を取り除く必要があります。電源ケーブルと常設配線は清掃は避けてください。マイクロファイバーの布地以外の素材を使用すると、製品に傷がつく恐れがあります。
  8. 清掃する表面を湿らせた布地でゆっくりと拭き取ります。キーボードやディスプレイ パネルや通気口などが濡れないようにしてください。電気製品の内部に水分が入ると、製品の故障の原因になります。拭きすぎると、表面の損傷につながる場合があります。
  9. 関連するディスプレイ画面を拭く場合は、ディスプレイの上から下に向って、慎重に一方向に拭きます。
  10. 装置の電源をオフにした場合は、掃除完了後に機器の電源を投入する前に、すべての表面が完全に乾いている必要があります。電源を入れたり電源コードをつなげる時には、機器の表面に水分がないようにする必要があります。
  11. 掃除が終了したら、使用した使い捨て手袋を捨てます。手袋を外して捨てたら、直ぐに手を洗います。

これまで説明した表面の掃除作業中、時間が経つにつれて目に見えて外観が変化する場合があります。他の掃除用の化学薬品はきめが粗いため、表面に傷がついてしまいます。次の化学成分を含む化学薬品または製品は使用しないでください。

  • 塩素ベースのクリーナー(漂白剤など)
  • 過酸化物(過酸化水素を含む)
  • アセトン、塗料用シンナー、ベンゼン、塩化メチレン、トルエンなどの溶剤
  • アンモニア(例、Windex)
  • エチル アルコール

ここに挙げた化学薬品を使用すると、製品の表面に修復不可能な損傷が残る可能性があります。このドキュメントに記載されている手順に従えば、損傷のリスクを最小限に抑えることができます。

 

 

Article Properties


Affected Product

Converged Systems, Hybrid Cloud Platforms, Hyper-converged Systems, Network Adapters, Rack Infrastructure, Storage Adapters & Controllers, Desktops & All-in-Ones, Inspiron, OptiPlex, Vostro, XPS, G Series, Gateways & Embedded PCsConverged Systems, Hybrid Cloud Platforms, Hyper-converged Systems, Network Adapters, Rack Infrastructure, Storage Adapters & Controllers, Desktops & All-in-Ones, Inspiron, OptiPlex, Vostro, XPS, G Series, Gateways & Embedded PCs, Electronics & Accessories, PC & Tablet Accessories, Laptops, Chromebook, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Datacenter Scalable Solutions, PowerEdge, Legacy Server Models, Enterprise Storage, Atmos, CloudArray, Disk Library, ECS, Isilon, PowerMax, ScaleIO, Symmetrix, VMAX, VPLEX, XtremIO, Entry Level & Midrange, Compellent (SC, SCv & FS Series), Software Defined Storage, EqualLogic (PS Series), PowerVault, Dell EMC Unity, VNX/VNXe, Legacy Storage Models, Storage Software, Thin Clients, Workstations, Fixed Workstations, Mobile Workstations, Chromebook 11 3180, Chromebook 11 3189, Chromebook 13 3380, Latitude 3180, Latitude 3189, Latitude 5289 2-in-1, Latitude 5290 2-in-1, Latitude 5290, Latitude 7280, Latitude 13 3379 2-in-1, Latitude 13 3380, Latitude 3390 2-in-1, Latitude 7380, Latitude 7389 2-in-1, Latitude 7390 2-in-1, Latitude 7390, Latitude 5414 Rugged, Latitude 5490, Latitude 7480, Latitude 3590, Latitude 5580, Latitude 5590, Latitude 3480 mobile thin client, Latitude 5280 mobile thin client, XPS 13 9365 2-in-1, XPS 13 9370See more

Last Published Date

21 Feb 2021

Version

3

Article Type

Solution