C-Stateとは?

概要: お使いのCPUでのC-Stateについて、また各種モードに関する説明です。

文書の内容


現象

CPUがアイドル状態のときのエネルギー節約のために、CPUを低電力モードにすることができます。それぞれのCPUには複数の電力モードがあり、まとめて「C-State」または「Cモード」と呼ばれますこの記事では、モードの種類と機能、どのプロセッサーがどのモードをサポートしているかを説明します。

低電力モードは、486DX4プロセッサーで最初に導入されており、新しい概念ではありません。CPUの消費電力をさらに節約できるように、新たなモードが追加されてきました。

こうしたモードは、CPU内のアイドル状態のユニットに対するクロック信号と電力をカットように機能します。クロックのカット、電圧の低下、またはより完全なシャットダウンにより停止したユニットが増えると、より多くの電力を節約できます。ただし、スリープ モードになったCPUが完全に「ウェイク アップ」するには時間がかかります。

これらのモード、つまり「C-State」は、C0から始まります。C0は、CPUの通常の動作モード(CPUは100%動作している)です。Cの番号が大きくなるほど、CPUのスリープ モードは深くなっていきます。オフになった回路と信号が増えるほど、CPUが完全にウェイクアップしてC0モードになるまでに時間がかかるようになります。

それぞれのC-Stateには名前が付いており、省電力レベルとウェイクアップ時間が異なるサブモードがあるものもあります。

次の表は、現在利用できるすべてのC-Stateモードをまとめた表です。モードC1からC3では、CPUのクロック信号がカットされます。モードC4からC6では、CPUの電圧を下げます。「拡張」モードでは、両方が同時に行われます。

モード

名前

機能

CPUs

C0

動作状態

CPUが完全にオン

すべてのCPU

C1

Halt

CPUのメイン内蔵クロックをソフトウェアで停止します。バス インターフェイス ユニットとAPICは最大速度で動作を継続します

486DX4以上

C1E

Enhanced Halt

CPUのメイン内蔵クロックをソフトウェアで停止してCPUの電圧を下げます。バス インターフェイス ユニットとAPICは最大速度で動作を継続します

すべてのソケット775 CPU

C1E

すべてのCPUの内蔵クロックを停止します

Turion 64、65-nm Athlon X2およびPhenom CPU

C2

Stop Grant

CPUのメイン内蔵クロックをハードウェアで停止します。バス インターフェイス ユニットとAPICは最大速度で動作を継続します

486DX4以上

C2

Stop Clock

CPUの内蔵クロックおよび外部クロックをハードウェアで停止します

486DX4、Pentium、Pentium MMX、K5、K6、K6-2、K6-IIIのみ

C2E

Extended Stop Grant

CPUのメイン内蔵クロックをハードウェアで停止し、CPU電圧を下げます。バス インターフェイス ユニットとAPICは最大速度で動作を継続します

Core 2 Duo以上(インテルのみ)

C3

スリープに移行

すべてのCPUの内蔵クロックを停止します

Pentium II、Athlon以上、ただし、Core 2 Duo E4000およびE6000上を除く

C3

Deep Sleep

すべてのCPUの内蔵クロックおよび外部クロックを停止します

Pentium II以上、ただし、Core 2 Duo E4000およびE6000上を除く、Turion 64

C3

AltVID

すべてのCPUの内蔵クロックを停止し、CPU電圧を下げます

AMD Turion 64

C4

Deeper Sleep

CPU電圧を下げます

Pentium M以上、ただし、Core 2 Duo E4000およびE6000シリーズ上を除く、AMD Turion 64

C4E/C5

Enhanced Deeper Sleep

CPU電圧をさらに下げ、メモリキャッシュをオフにします

Core Solo、Core Duoおよび45-nmモバイル向けCore 2 Duoのみ

C6

Deep Power Down

CPUの内部電圧を0ボルトを含む任意の値に下げます

45-nmモバイル向けCore 2 Duoのみ

 
 

 

QNA41893_ja__1icon 注:BIOS設定のC-Stateを変更しても、デバイスのパフォーマンスには影響しません。ただし、CPUがスリープ モードから完全に「ウェイク アップ」するまでに時間がかかります。

 

 

QNA41893_ja__1icon 注:BIOS設定のC-Stateを変更すると、CPUから異なる署名音が発生します。これは、異なる冷却ニーズを持つさまざまな電源プロファイルが原因です。

 

解決方法
Need more help?  
QNA41893_ja__3cloud Find additional PowerEdge and PowerVault articles
Watch Part Replacement Videos for Enterprise products
   
QNA41893_ja__4chat

Visit and ask for support in our Communities

   
QNA41893_ja__5key

Create an online support Request

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Desktops & All-in-Ones, Laptops, PowerEdge

最後に公開された日付

21 2月 2021

バージョン

3

文書の種類

Solution

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字