メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell PowerEdgeサーバー スタートアップ ガイド

概要: これは、新しいDell PowerEdgeサーバーのスタートアップ ページです。この記事では、システムのインストール、iDRACの使用、Lifecycle Controller(LCC)の構成、オペレーティング システムのインストールについて詳しく説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象


SLN285802_en_US__1rack-server (Small)

新しいPowerEdgeサーバーの箱を開けたら、関連ラックにインストールし、iDRACをセットアップして、オペレーティング システムをインストールします。これによりデバイスをインフラストラクチャに統合できます。このガイドは、必要なすべてのステップにおいて役立つとともに、最適な構成とパフォーマンスを確保するためのベスト プラクティスについても説明します。この情報により、メンテナンスと管理もシンプルになります。

この記事は、システムのインストール、iDRACの使用、LifeCycle Controller(LCC)の設定、オペレーティング システムのインストールのガイドを目的としています。また、システム管理オプションについて学ぶためのセグメントも含まれています。iDRAC9を実行する最新リリースのPowerEdgeから開始します。以前のバージョンのiDRACをセットアップして管理する方法の詳細については、このページの下部に移動してください。サーバーのiDRACバージョンがわからない場合は、こちらで確認できます。

 

SLN285802_en_US__2icon 注:最新世代のPowerEdgeサーバーは、www.dellemc.com/serversで確認できます。

 

SLN285802_en_US__2icon 注:iDRAC9を実行しているDell PowerEdgeサーバーは最新モデルです。新機能の一覧については、この記事を参照してください。これらを最大限に活用するように新しいサーバーを構成するために必要な手順を以下に説明します。

 
 


最初のステップ:

  1. 新しい場所へのシステムのインストール
  2. システム管理を強化するためのiDRACの設定
  3. iDRAC Webインターフェイスのログイン
  4. LCCの構成
  5. オペレーティング システムのインストール
  6. システム管理の詳細

機能とリソース:

  1. アップデート戦略
  2. 組み込み型ハードウェア診断
  3. Embedded SupportAssist
  4. その他のリソース

古いサーバーのスタートアップ ガイド

 

1.システムのセットアップ

  1. システムの開梱

  2. システムをラックに取り付けます。ラックまたはタワー モードにサーバーを物理的に取り付ける方法については、こちらの記事を参照してください。

  3. システムに周辺機器類を接続します

  4. 電源に接続し、システムの電源を入れます。電源ボタンを押すか、iDRACを使用してシステムの電源を入れます。
     

    SLN285802_en_US__4r510readyrails(1)


2.iDRACの設定

Integrated Dell Remote Access Controller(iDRAC)は、システム管理者の生産性を改善し、Dellシステムの全体的な可用性を向上させるために設計されています。iDRACは、システムの問題について管理者に警告するため、リモート システム管理が可能になり、システムに物理的にアクセスする必要性が軽減されます。

iDRAC9およびLCCの初期設定については、この記事で順を追って説明しています。 

 


3.iDRACへのログイン

iDRAC Webユーザー インターフェイスにログインするには、ブラウザーを開いて、IPアドレスを入力します。デフォルトのアドレスは192.168.0.120です。他にコマンドライン プロトコル(SSH、RACADM)を使用してiDRACに接続する方法もあります。詳細については、www.dell.com/idracmanualsで、[Setting up iDRAC Communication]というタイトルの下にある最新の『Integrated Dell Remote Access Controllerユーザーズ ガイド』を参照してください。

ログイン画面が表示されます。デフォルトのユーザー名はrootです。

セキュリティで保護されたiDRACへデフォルトのアクセス方式を選択していない場合、デフォルトのパスワードは「calvin」です。
セキュリティで保護されたiDRACへデフォルトのアクセス方式を選択している場合、セキュアなパスワードはサービス タグ情報の裏面に記載されているシールに貼られています。



SLN285802_en_US__5secure%20password%20idrac (Custom)
図1:セキュアなデフォルト パスワードのシール


iDRACにログインするためのユーザー名とパスワードを入力します。

SLN285802_en_US__6image(11908)
図2:iDRAC9 Webインターフェイスのログイン画面


SLN285802_en_US__7image(11909)
図3:iDRAC9ダッシュボード

 

 

SLN285802_en_US__2icon 注:iDRACの設定で、Microsoft ADまたはLDAPのディレクトリーのログインを有効にすることができます。



iDRACへのログインとiDRACライセンスの詳細については、www.dell.com/idracmanualsで最新の『Integrated Dell Remote Access Controllerユーザーズ ガイド』を参照してください


4.LifeCycle Controller(LCC)の設定と起動

Dell LCCは、iDRACを使用したリモート サーバー管理を可能にする、高度な埋め込み型システム管理テクノロジーです。LCCを使用すると、ローカルのまたはデルベースのファームウェア リポジトリーを使用して、ファームウェアをアップデートすることができます。LCCで使用可能なOS導入ウィザードを使用すると、オペレーティング システムを導入することができます。

LCCにアクセスするには、起動中にF10を押します。LCCは、いずれかのサーバー ネットワーク カードとIPアドレスを共有します。アップデートおよびオペレーティング システムインストール機能を使用するには、IPアドレスを少なくとも1回設定する必要があります。このページでは、LCCの初期設定について説明します。

 


5.オペレーティングシステムのインストール

埋め込み型LCCは、「OS導入」機能を使用してオペレーティング システムのインストールをシンプルにします。インストール プロセスの前に必要なドライバーが事前読み込みされるため、オペレーティング システムがすべてのコンポーネントを認識して、スムーズなインストールが可能になります。

詳細については、このトピックに特化した記事「Dell PowerEdgeサーバー上にオペレーティング システムをインストールする方法(OSの導入)」を参照してください。
 

SLN285802_en_US__9windows logo(1)

 

 


6.システム管理の詳細

デルは、IT管理者がIT資産を展開、アップデート、モニター、管理するための管理ソリューションを提供します。OpenManageのソリューションとツールを使用すると、物理的、仮想的、ローカル、リモートの環境における問題に迅速に対応し、帯域内および帯域外(エージェント フリー)で動作することができます。詳細についてはこちらをクリックしてください。

 

7.アップデート戦略

Dell PowerEdge Serverでは、ファームウェアとドライバを最新の状態に保つための多種多様なオプションが用意されています。デルには、1つのシステムでの単一のドライバーのアップデートからすべてのシステムの一括アップデートまで、アップデート プロセスをシンプルにする多くの便利なアップデート ツールが用意されています。

詳細については、このトピックに特化した記事「Dell EMC PowerEdgeサーバーのファームウェアおよびドライバーのアップデート」を参照してください。

 


8.組み込み型ハードウェア診断

システム ハードウェア診断はLCCに組み込まれています。LCCには、接続されているハードウェアを物理的(論理的ではなく)に認識するため、オペレーティング システムや他のオンライン ツールが識別できないハードウェアの問題を特定することができます。

詳細については、このトピックに特化した記事「Dell™ PowerEdgeサーバーでハードウェア診断を実行する方法」を参照してください。

 


9.Embedded SupportAssist

iDRAC9世代以降のPowerEdgeサーバーでは、SupportAssistはiDRACに組み込まれています。登録されている場合、SupportAssistはハードウェアの障害を自動的に識別して、ケースを作成し、Dell EMCからお客様への連絡を開始します。

システムを登録するには、このトピックに特化した記事「Dell™ PowerEdge 14Gおよびデータセンター スケーラブル ソリューション サーバー - iDRAC 9埋め込み型SupportAssistを登録する方法」を参照してください。

トラブルシューティングの場合は、登録していない場合でも、iDRAC Webインターフェイスを使用して、SupportAssistコレクションをエクスポートすることができます(「iDRAC 9を介して、PowerEdge 14Gを使用したSupportAssistコレクションとPERCログのエクスポート」参照)。

 

 

SLN285802_en_US__10system-management-software-laptop (Custom)

 

10.その他のリソース

qrl.dell.comは、サーバーのコンポーネントを処理するためのビデオを提供するオンライン アプリケーションです。
これらのビデオと文書には、次のような幅広いトピックが含まれています。
  • システムの内部および外部の概要を含む、順を追ったビデオ
  • 詳細、簡潔、タスク指向のビデオ
  • 検索可能なオーナーズマニュアルの内容を含む参考資料、LCDの診断機能、および電気特性の概要。
 

11.以前の世代のサーバ

サーバーの世代を確認する方法については、こちらの記事を参照してください。   

原因

   

解決方法

   

その他の情報

 

ビデオ

 

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Servers, PowerEdge

最後に公開された日付

17 9 2021

バージョン

7

文書の種類

Solution