電源装置(PSU)内蔵セルフ テスト(BIST) - デスクトップ

概要: 電源装置内蔵セルフ テストを使用する方法。

文書の内容


現象


次の文書では、ますます多くのデルのデスクトップPCに搭載されているPSU BIST(内蔵セルフ テスト)について説明します。


目次:

  1. PSU BISTとは
  2. BISTの検索方法
  3. BISTの使用方法

 

PSU BISTとは

 

すべてのクライアント ビジネス(OptiPlexおよびPrecision)デスクトップ システムには、新しいトラブルシューティング手順を実行する内蔵セルフ テスト(BIST)機能が搭載されています(InspironおよびXPSなどのコンシューマー デスクトップ システムもPSU BISTに対応するようになっています)。

電源システムの正常性をテストできます。LEDは電源装置の信号によって点灯します。セルフ テストLEDが点灯しない場合は、このテストに合格しないユニットのケーブル ハーネスを取り外すことで、さらにテストできます。これにより、障害の原因を電源装置の付属装置に切り分けることができます。


トップに戻る


 

BISTの検索方法

 

PSU BISTは、電源ケーブル コネクターの横にあるPCの背面にあります(一部の小型のシャーシ タイプでは、PSUの側面にあるBISTを確認するのに、システム カバーを取り外す必要があります。)。

PSU BISTには、古いものと新しいものの2種類があります。

  • LEDの横にテスト ボタンがあるPSU BIST - 古いもの

    SLN308658_ja__1Old_BIST_1 SLN308658_ja__2Old_BIST_2
    SLN308658_ja__3Old_BIST_3 SLN308658_ja__4Old_BIST_4
  • LEDの横にテスト ボタンがないPSU BIST - 新しいもの

    SLN308658_ja__5New_BIST_1


トップに戻る


解決方法

 

BISTの使用方法

 

PSU BIST押しボタン

  1. システムの電源を切り、電源ケーブルがPSUから壁のコンセント(動作していることが確認されたコンセント)に接続されていることを確認します

  2. 電源装置のPSU BISTボタンを押します

    これは、LEDが点灯しているか点灯していないかにかかわらず判断されるもので、合格または不合格を示します

    • LEDが合格(LED - 緑色)を示している場合は、PSUが正常に機能していると考えられます。

    • LEDが不合格(LED - 消灯)を示している場合は、問題を特定するためにさらにトラブルシューティングを行う必要があります。

      1. システムを開け、マザーボードを含むすべてのデバイスから内蔵電源ケーブルを外し、PSU BISTボタンをもう一度押します

        • LEDが合格(LED - 緑色)を示している場合は、PSUがこの時点で動作しています。さらにトラブルシューティングを行い、問題を切り分けます

          1. マザーボードに電源ケーブルを接続し、PSU BISTボタンをもう一度押します

            • LEDが合格(LED - 緑色)を示している場合は、この構成でPSUが正常に機能していると考えられます。

          2. 内蔵電源ケーブルを追加のデバイス(HDD、DVDなど)に接続し直して、問題のあるコンポーネントを特定した後にテストします

            • SLN308658_ja__6icon メモ: 接続されているコンポーネントの数が、PSUの電源供給能力を超えている可能性があります。PSUの出力を超える可能性がある、他のハードウェアがシステムに追加されているかどうかを確認します。
            • 特定のデバイスの追加により障害が発生した場合は、他のデバイスから電源を取り外し、再度テストします。これは、デバイスに障害が発生しているか、またはデバイスの数がPSUの能力を超えているかどうかを判断するのに役立ちます

        • LEDが不合格(LED - 消灯)を示している場合は、PSUで障害が発生しているとことが確認されます

PSU BIST LED

BISTによるトラブルシューティング

  1. システムの電源を切ります。

  2. PSUから電源コードを外し、15秒待ちます

  3. 15秒後、電源コードをPSUに接続し直します

    • LEDが3秒間点灯してオフになると、PSUが機能していることを示します

    • LEDが点灯しない場合は、ハードウェアの障害を示します。障害が発生したコンポーネントは、PSU、マザーボード、またはその他のデバイスの可能性があります

PSUが故障していることを確認するステップ

  1. 電源ケーブルをPSUから外します

SLN308658_ja__6icon 注意: システムの内部コンポーネントにアクセスする前に、十分な安全上の注意事項を確認してください。PSUとそのケーブルにアクセスする手順については、『サービス マニュアル』の分解手順を参照してください。
  1. 内蔵PSUケーブルをマザーボードと各内蔵デバイスから取り外します

  2. PSUに電源コードを接続します

    • LEDが3秒間点灯してオフになると、PSUが動作していることを示します。他のデバイスのトラブルシューティング手順を続行します

      1. PSUの出力を超える他のデバイスがシステムに追加されていないことを確認します

      2. マザーボードの背面に接続し、BISTをテストして、手順を実行します

      3. 各デバイスを一度に1つずつ接続し、各デバイスのBISTをテストします

      4. いずれかに障害が発生した場合、電源ケーブルをコンセント接続された別のデバイスに置き換え、さらに問題を切り分けます

    • LEDが点灯しない場合、PSUに障害が発生していることを示します


トップに戻る


文書のプロパティ


影響を受ける製品

Desktops & All-in-Ones

最後に公開された日付

21 2月 2021

バージョン

4

文書の種類

Solution

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字