メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

AMD EPYC™ 7002シリーズ プロセッサーを使用したCONVERGEのパフォーマンス

概要: このブログでは、Convergent Scienceの一般的な計算流体力学(CFD)アプリケーションであるCONVERGEのパフォーマンスについて説明します。CONVERGEは、AMD EPYC™7002シリーズ プロセッサーを搭載したDell EMC Ready Solution for HPC Digital Manufacturingで使用されています。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

この記事は、2019年10月にDell EMC HPCおよびAI Innovation LabのMartin Feyertion氏とJoshua Weage氏によって作成されました。
 


原因

  

解決方法

目次

  1. 概要
  2. ベンチマーク システム構成
  3. ソフトウェアのバージョン
  4. CONVERGEのパフォーマンス
  5. 結論
 

概要

このブログでは、Convergent Scienceの一般的な計算流体力学(CFD)アプリケーションであるCONVERGEのパフォーマンスについて説明します。CONVERGEは、AMD EPYC™7002シリーズ プロセッサーを搭載したDell EMC Ready Solutions for HPC Digital Manufacturingで使用されています。このDell EMC Ready Solutions for HPCは、デジタル製造ワークロード向けに特別に設計および構成されており、コンピューター支援エンジニアリング(CAE)アプリケーションは仮想製品開発に不可欠です。
Dell EMC Ready Solutions for HPC Digital Manufacturingは、HPCシステム設計に柔軟なビルディング ブロック アプローチを採用しています。このアプローチでは、個々のビルディング ブロックを組み合わせて、お客様固有のワークロードとユース ケースに合わせて最適化されたHPCシステムを構築することができます。
Dell EMC Ready Solutions for HPC Digital Manufacturingは、Dell EMC HPCソリューション ポートフォリオの多くのソリューションの1つです。Dell EMCが提供するHPCソリューションの包括的な概要については、www.dellemc.com/hpcを参照してください。

 

ベンチマーク システム構成

パフォーマンス ベンチマーキングは、7001シリーズと7002シリーズAMD EPYCプロセッサーの両方を使用して実行されました。パフォーマンス ベンチマーキングに使用されるシステム構成を表1と表2に示します。ベンチマーキング システムに使用されるBIOS設定を表3に示します。
 

表1:  7001シリーズAMD EPYCのシステム構成

Server

Dell EMC Power Edge R7425

プロセッサ

AMD EPYC 7451 24コア プロセッサー(x2)

AMD EPYC 7601 32コア プロセッサー(x2)

メモリー

16x16GB 2400 MTps RDIMM

BIOSのバージョン

1.10.6

オペレーティングシステム

Red Hat Enterprise Linux Serverリリース7.5

カーネル バージョン

3.10.0-862.el7.x86_64


 

表2: 7002シリーズAMD EPYCのシステム構成

Server

Dell EMC Power Edge C6525

プロセッサ

AMD EPYC 7702 64コア プロセッサー(x2)

AMD EPYC 7502 32コア プロセッサー(x2)

AMD EPYC 7402 24コア プロセッサー(x2)

メモリー

16x16GB 3200 MTps RDIMM

BIOSのバージョン

1.0.1

オペレーティングシステム

Red Hat Enterprise Linux Serverリリース7.6

カーネル バージョン

3.10.0-957.27.2.el7.x86_64

 

表3:  BIOS の設定

システムプロファイル

最適化されたパフォーマンス

論理プロセッサー

無効

仮想化テクノロジー

無効

NUMA Nodes Per Socket

4 (C6525)



 

ソフトウェアのバージョン

アプリケーション ソフトウェアのバージョンについては、表4を参照してください。

表4:Software Version(ソフトウェアバージョン)

CONVERGE

3.0.5(OpenMPIを使用)



 

CONVERGEのパフォーマンス

CONVERGEは、Convergent Scienceの計算流体力学(CFD)ツールであり、さまざまなCFDおよびマルチフィジックス アプリケーションで一般的に使用されています。  CONVERGEのCFDは、シミュレーション プロセスからグリッド生成のボトルネックを排除する自律的なメッシュ機能を備えています。  CONVERGEは、仮想燃焼の研究と分析において業界をリードしています。  通常、CFDアプリケーションは、複数のプロセッサー コアとサーバー間で十分にスケーリングできるため、メモリー容量の要件は小さくなり、通常はソルバー セクションで最小限のディスクI/Oを実行します。図1は、デュアル プロセッサー シングル サーバー上のソフトウェア配布Example_casesに含まれる、4つの標準のCONVERGEベンチマークの測定されたパフォーマンスを示しています。  ベンチマークは次のとおりです。Internal_Combustion_Engines/Gasoline_spark_ignition_GDI/Tumble_GDI_SAGE(GDI-SAGE)、 Internal_Combustion_Engines/Heavy_Duty_Diesel/ Engine_sector_Diesel_SAGE(HDD-SAGE)、 Gas_Turbines/LDI_Liquid_Fuel/Gas_turbine_lean_direct_inject_LES(GTLDI-ES)、Fuel_Injectors_and_Sprays/Spray_Studies/ECN_sprayH_Lagrangian_RANS(FISsH)  各ベンチマークのパフォーマンスは、合計シミュレーションのウォール クロック時間を使用して測定されます。

SLN319243_en_US__1image(12816)

図1の結果は、24コアAMD EPYC 7451プロセッサー(24プロセッサーCPU)で構成された1台のサーバーのパフォーマンスに関連してプロットされています。  値を大きくすると、全体的なパフォーマンスが向上します。これらの結果は、7002シリーズAMD EPYCプロセッサーで使用可能なパフォーマンスのメリットを示しています。  ベンチマークは、7451(24コア)、7601(32コア)、7402(24コア)、7502(32コア)、7702(64コア)プロセッサーを含む、5つの異なるシングル サーバー システムで実施されました。  32コアAMD EPYC 7502プロセッサーは、これらのベンチマークで非常に優れたパフォーマンスを実現します。64コアAMD EPYC 7702は、32コア プロセッサーよりもはるかに優れた結果を示します。  全体として、7002「Rome」シリーズは、旧モデルの7001「Naples」に比べて大幅なパフォーマンス向上を実現します。


結論

このブログに記載されている結果によると、7002シリーズAMD EPYCプロセッサーは、7001シリーズAMD EPYCプロセッサーと比較して、CONVERGEのパフォーマンスが大幅に向上しています。
 


文書のプロパティ


影響を受ける製品

PowerEdge C6525, PowerEdge R7425

最後に公開された日付

04 10 2021

バージョン

4

文書の種類

Solution