TPMチップから前の所有者資格情報をクリアする方法

概要: この文書では、Dell BIOSで以前の認証情報のTPMをリセットする手順を説明します。

文書の内容


現象

この文書では、TPMチップをリセットし、以前の所有者の詳細をすべてクリアする方法について説明します。


 

システム上でDDPAやDCPの資格情報をリセットすることができない

Trusted Platform ModuleTPM)所有者パスワードを求められた場合にDDP|ADCPの資格情報をリセットしようとする際、問題が発生することがあります。

TPMパスワードを紛失した場合、Windowsを使用してTPMチップをクリアすることができます。

 
SLN155219_ja__1icon 注意: この処理では、ハード ドライブ暗号化、指紋、スマート カードなどを含むTPM資格情報ストアが完全に消去されます。使用しているセキュリティー デバイスについて、影響が及ぶ可能性があるかどうか確認してください。ログインに使用するWindowsパスワードが設定済みであることを確認してください。
 

 

TPMチップをリセットしてクリアする方法

 

最初に、DDP|Aコンソールのプリブート パスワードをすべて削除します。

この操作はWindowsパスワードには影響しません。

この機能を実行するには、資格情報のシナリオの場合と同様に検証を実行可能であり、このシステムの管理者である必要があります。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。[検索の開始]または[ファイル名を指定して実行]ボックスに「tpm.msc」と入力し、Enterキーを押します。

  2. 右側の[Actions(操作)]セクションで、[Clear TPM(TPMをクリア)]をクリックします。

  3. [Clear the TPM Security Hardware(TPMセキュリティー ハードウェアをクリア)]ボックスで、[I don't have the TPM owner password(TPM所有者パスワードを持っていません)]を選択し、[OK]をクリックします。

  4. 再起動を求められます。Dell POST画面の直後、TPMをクリアするためにキー(通常はF10キー)を押すよう促されます。該当のキーを押してください

  5. システムが再起動したら、TPMを有効化するためリスタートして手順に従うよう促されます。リスタートしてください。

  6. Dell POST画面の直後、TPMを有効化するためにキーを押すよう促されます。該当のキー(通常はF10キー)を押してください。

 
SLN155219_ja__2icon メモ: TPMを使用しない場合は、ESCキーを押してください。
 
  1. デスクトップに戻ったら、TPM所有者パスワードを入力するためにTPMセットアップ ウィザードが表示されるか、または[Change Owner Password(所有者パスワードの変更)]を選択することができます。

DDP|Aコンソールを介してDDP|A資格情報をクリアできるようになりました。

詳細については、Microsoftの以下の文書を参照してください。

 

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Laptops, Chromebook, G Series, Retired Models

最後に公開された日付

10 4月 2021

バージョン

3

文書の種類

Solution

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字