メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

PowerEdge RAIDコントローラ(PERC)コマンド・ライン・インタフェース(CLI)ユーティリティを使用してRAIDコントローラを管理する方法

概要: Dell EMCシステムでRAIDコントローラを管理するための、Dell EMC PowerEdge RAIDコントローラ(PERC)コマンド・ライン・インタフェース(CLI)ユーティリティのダウンロード/インストール/使用方法。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

この記事では、RAIDコントローラーを管理するための、Dell EMC PowerEdge RAIDコントローラー(PERC)コマンド ライン インターフェイス(CLI)ユーティリティーのダウンロード/インストール/使用方法について説明します。このユーティリティーは、Windows、Linux、ESXiを実行しているホスト上のPERCシリーズ8以降のファミリー コントローラーでサポートされています。PERCCLIは、お客様やデルのテクニカル サポートが、RAIDコントローラーや接続ストレージ デバイスのステータスを判断し、エラーの原因の可能性を絞り込むための情報を含むRAIDコントローラーのログを抽出することもできます。
 
SLN283135_en_US__1iconPERCシリーズ8以降のシリーズでは、MegaCLIがPERCCLIに代わりました。お使いのPERCコントローラのシリーズを確認する場合は、「Dell EMCシステムのPowerEdge RAIDコントローラ(PERC)タイプのリスト」を参照してください。

Microsoft Windows、Linux、VMwareでPERCCLIにアクセスする場合は、以下を参照してください。
 
WindowsでのPERCCLIの使い方のビデオ
ビデオは英語です。一部の言語には字幕が用意されています。ビデオ ライブラリーには他のビデオもあります。

 

次の手順に従って、WindowsオペレーティングシステムにPERCCLIをインストールして使用してください。
  1. Dellサポートサイトから、Windows PERCCLIユーティリティをダウンロードします。お使いのシステムを選択し、カテゴリSAS RAIDまたはキーワードPERCCLIを使用して、ドライバおよびダウンロードをフィルタリングします。

  2. ダウンロードした自己解凍ファイルを解凍して、perccli.exeファイルとperccli64.exeファイルを、C:\Windows\System32ディレクトリーにコピーします

  3. コマンドプロンプトから、次のPERCCLIコマンドの例のいずれかを実行します。

    SLN283135_en_US__1iconPERCCLIコマンドには、Windowsオペレーティング システムの管理者権限が必要です

       

    SLN283135_en_US__1iconOSとperccliのバージョンによっては、実行可能ファイルはperccliまたはperccli64である場合があります。
     

    コマンド

    動作

    perccli show

    コントローラおよびコントローラ関連情報のサマリーを表示します。インデックス別のコントローラ数が表示されます。

    perccli /cx show termlog

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例: 
    コントローラー インデックスが0の場合は、コマンドは
    「perccli /c0 show termlog」です

    RAIDコントローラログ(ttylog)を作成します。

    perccli /cX /eall /sall show all > disks.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:perccli /c0 /eall /sall show all > disks.txt

    コントローラーのすべてのスロットの情報を含むRAIDコントローラーのログを作成します

    perccli /cX show eventloginfo > eventloginfo.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:perccli /c0 show eventloginfo > eventloginfo.txt

    ログ ファイルの履歴を含むRAIDコントローラーのログを作成します

次の手順に従って、LinuxオペレーティングシステムにPERCCLIをインストールして使用してください。
  1. Dellサポートサイトから、Linux PERCCLIユーティリティをダウンロードします。お使いのシステムを選択し、カテゴリSAS RAIDまたはキーワードPERCCLIを使用して、ドライバおよびダウンロードをフィルタリングします。

  2. percli RPMをインストールするにはrun rpm -ivh 、percli RPMをアップグレードするにはrun rpm -Uvh を実行します。
  3. ディレクトリを/opt/MegaRAID/perccliに変更します。
  4. ルートユーザとして、./perccliを実行します。
  5. ターミナルウィンドウで、次の例のPERCCLIコマンドのいずれかを実行します。

    SLN283135_en_US__1iconPERCCLIコマンドにはLinuxのroot権限が必要です

       

    SLN283135_en_US__1iconOSとperccliのバージョンによっては、実行可能ファイルはperccliまたはperccli64である場合があります。
     

    コマンド

    動作

    ./perccli show

    コントローラおよびコントローラ関連情報のサマリーを表示します。インデックス別のコントローラ数が表示されます。

    ./perccli /cX show termlog

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:
    コントローラー インデックスが0の場合は、コマンドは
    「./perccli /c0 show termlog」です

    RAIDコントローラログ(ttylog)を作成します。

    ./perccli /cX /eall /sall show all > disks.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:./perccli /c0 /eall /sall show all > disks.txt

    コントローラーのすべてのスロットの情報を含むRAIDコントローラーのログを作成します

    ./perccli /cX show eventloginfo > eventloginfo.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:./perccli /c0 show eventloginfo > eventloginfo.txt

    ログ ファイルの履歴を含むRAIDコントローラーのログを作成します

VMwareを使用しているシステムでコマンドプロンプトにアクセスするには、次の手順を実行します。
  1. Dellサポートサイトから、VMware PERCCLIユーティリティをダウンロードします。お使いのシステムを選択し、カテゴリSAS RAIDまたはキーワードPERCCLIを使用して、ドライバおよびダウンロードをフィルタリングします。

  2. ホスト上に、VMware_PERCCLI_xxxxx_x.x-xxx.xxxx.tar.gz to /vmfs/volume/datastore1を抽出します

  3. esxcli software vib listコマンドで、インストールしたVIBパッケージのリストを表示します

  4. esxcli software vib install -v /vmfs/volume/datastore1/vmware-perccli-xxx.xxxx.xxxx.xxxx.vib --no-sig-checkコマンドで、VIBパッケージをインストールします。/vmfs/volume/datastore1は、VIBのパスの詳細です。

  5. インストールしたVIBの削除には、esxcli software vib remove -n=vmware-esx-perccli.vib --forceコマンドを使用します

  6. cd/opt/lsi/perccliに移動して、PERCCLIを実行します

  7. ターミナルウィンドウで、次の例のPERCCLIコマンドのいずれかを実行します。
       

    SLN283135_en_US__1iconOSとperccliのバージョンによっては、実行可能ファイルはperccliまたはperccli64である場合があります。

     

    コマンド

    動作

    ./perccli show

    コントローラおよびコントローラ関連情報のサマリーを表示します。インデックス別のコントローラ数が表示されます。

    ./perccli /cX show show termlog logfile=log.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:./perccli /c0 show termlog logfile=log.txt

    RAIDコントローラログ(ttylog)を作成します。

    ./perccli /cX /eall /sall show all > disks.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:./perccli /c0 /eall /sall show all > disks.txt

    コントローラーのすべてのスロットの情報を含むRAIDコントローラーのログを作成します

    ./perccli /cX show eventloginfo > eventloginfo.txt

    /cXはコントローラーを指定します。ここで、Xはコントローラー インデックスです

    例:./perccli /c0 show eventloginfo > eventloginfo.txt

    ログ ファイルの履歴を含むRAIDコントローラーのログを作成します

使用可能なPERCコマンドのリスト

コントローラーでサポートされている特定のコマンドについては、『PERCユーザーズ ガイド』または『CLIリファレンス ガイド』を参照してください。PERCアダプターのマニュアルについては、「Storage Adapters & Controllers」にアクセスし、使用しているストレージ コントローラーを選択して、[マニュアル]タブ、[マニュアルおよび文書]セクションの順にクリックします。

各マニュアルには、手動コマンド ラインがカテゴリー別にリストされています。例:

標準

  • システムコマンド(Showを含む)
  • コントローラのコマンド
  • ドライブのコマンド
  • 仮想ドライブのコマンド
  • 外部設定のコマンド
 

その他

  • BIOS関連のコマンド
  • ドライブグループのコマンド
  • 表示輝度切り替えのコマンド
  • BBUコマンド
  • エンクロージャコマンド
  • PHYコマンド
  • ログ作成のコマンド
  • PERC CLIコマンドの例

原因

   

解決方法

 

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Servers, PowerEdge, PowerVault, Microsoft Windows Server 2016, Microsoft Windows 2008 Server R2, Microsoft Windows 2012 Server, Microsoft Windows 2012 Server R2, SUSE Linux Enterprise Server 11, SUSE Linux Enterprise Server 12, OEMR R740xdServers, PowerEdge, PowerVault, Microsoft Windows Server 2016, Microsoft Windows 2008 Server R2, Microsoft Windows 2012 Server, Microsoft Windows 2012 Server R2, SUSE Linux Enterprise Server 11, SUSE Linux Enterprise Server 12, OEMR R740xd, OEMR R740xd2, PowerEdge RAID Controller H730P MX, PowerEdge RAID Controller H745P MX, PowerEdge C4130, PowerEdge C4140, PowerEdge C6320, PowerEdge C6320p, PowerEdge C6420, PowerEdge FC430, PowerEdge FC630, PowerEdge FC640, PowerEdge FC830, PowerEdge FD332, PowerEdge M420, PowerEdge M520, PowerEdge M520 (for PE VRTX), PowerEdge M620, PowerEdge M620 (for PE VRTX), PowerEdge M630, PowerEdge M630 (for PE VRTX), PowerEdge M640, PowerEdge M640 (for PE VRTX), PowerEdge M820, PowerEdge M820 (for PE VRTX), PowerEdge M830, PowerEdge M830 (for PE VRTX), PowerEdge MX740c, PowerEdge MX840c, PowerEdge R220, PowerEdge R230, PowerEdge R320, PowerEdge R330, PowerEdge R420, PowerEdge R430, PowerEdge R440, PowerEdge R520, PowerEdge R530, PowerEdge R530xd, PowerEdge R540, PowerEdge R620, PowerEdge R630, PowerEdge R640, PowerEdge R6415, PowerEdge R6515, PowerEdge R720, PowerEdge R720xd, PowerEdge R730, PowerEdge R730xd, PowerEdge R740, PowerEdge R740xd, PowerEdge R7415, PowerEdge R7425, PowerEdge R7515, PowerEdge R820, PowerEdge R830, PowerEdge R920, PowerEdge R930, PowerEdge R940, PowerEdge R940xa, PowerEdge RAID Controller H310, PowerEdge RAID Controller H330, PowerEdge RAID Controller H710, PowerEdge RAID Controller H710P, PowerEdge RAID Controller H730, PowerEdge RAID Controller H730P, PowerEdge RAID Controller H740P, PowerEdge RAID Controller H810, PowerEdge RAID Controller H830, PowerEdge RAID Controller H840, PowerEdge T130, PowerEdge T320, PowerEdge T330, PowerEdge T420, PowerEdge T430, PowerEdge T440, PowerEdge T620, PowerEdge T630, PowerEdge T640, Red Hat Enterprise Linux Version 5, Red Hat Enterprise Linux Version 6, Red Hat Enterprise Linux Version 7詳細を表示する

最後に公開された日付

25 3 2022

バージョン

7

文書の種類

Solution