メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単にご注文が可能
  • 注文内容の表示、配送状況をトラック
  • 会員限定の特典や割引のご利用
  • 製品リストの作成とアクセスが可能
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

OpenManage Essentialsのサポート

概要: OpenManage Essentialsバージョン2.5は、最終リリースです。OpenManage Essentialsは現行および今後のPowerEdgeサーバーをサポートしないため、今後製品の拡張機能が追加されることはありません。Dell EMCでは、Dell EMCデバイスの管理のために、OpenManage Enterpriseに移行することをお勧めします。 ...

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

OpenManage Essentialsバージョン2.5は、最終リリースです。OpenManage Essentialsは現行および今後のPowerEdgeサーバーをサポートしないため、今後製品の拡張機能が追加されることはありません。Dell EMCでは、Dell EMCデバイスの管理上、OpenManage Enterpriseに移行することをお勧めします。QuickMigrateツールは、OpenManage EssentialsからOpenManage Enterpriseへの移行を支援するために使用できます。
 

OpenManage Enterprise

OpenManage Enterpriseは、直感的なインフラストラクチャ管理コンソールです。ITインフラストラクチャ管理の複雑さに対応できるように設計されています。短時間、そしてより少ないステップで、より良い結果が得られます。

OpenManage Enterprise
OpenManage Enterpriseの主なメリット
  • 直感的なインフラストラクチャ システム管理ソリューションにより複雑さを緩和
  • 最大8000デバイスを包括的にライフサイクル管理
  • 洗練された制御方法により、検出から廃止までのIT管理タスクを自動化
  • サーバー アーキテクチャのエンドツーエンドのセキュア化を支援
詳細、ダウンロード、およびサポートについては、「OpenManage Enterprise」を参照してください。
 
 

OpenManage Essentials

OpenManage Essentialsバージョン2.5は、Dell EMC OpenManage Essentialsの最終リリースです。OpenManage Essentialsを使用すると、管理者はエンタープライズ環境全体を包括的に表示してシステムを監視し管理することができます。そのため、1対多に対応したシステム管理コンソールを通じた中央アクセス ポイントとして機能します。

OpenManage Essentialsにより、システムのアップタイムの延長、反復作業の削減、重要なビジネス業務への割り込みの防止が可能です。簡単にインストールして、Dell PowerEdgeモジュラー、ラックとタワー サーバーを包括的に管理することができます。さらに、Dell EMCサーバー、ストレージ、ネットワーキング、サード パーティー製ハードウェアに対する広範囲におよぶインフラストラクチャの平常性モニタリング、コントロール、およびサポートも可能です。


OpenManage 2.5 Essentialsの機能および拡張機能:

  • MX7000シャーシのサポート(スタンドアロン シャーシおよびMCMグループのリード シャーシとして)
    • 検出、インベントリー、モニタリング、ステータスのポーリング
    • 警告の認識およびトラップの分類
    • システム アップデート
    • 構成テンプレートの作成および導入
    • 構成のコンプライアンスおよび修復
    • MX7000シャーシでのVLAN設定
  • 次に挙げるデバイスをサポート
    • 最新の第14世代PowerEdgeサーバー
    • PowerEdge MX7000モジュラー シャーシおよび格納ブレード サーバー
    • VxFlex対応ノード
  • OMEで最も頻繁に使用される機能のデータ順に並べて、お客様の使用パターンを分析する機能使用状況追跡機能
  • 拡張機能
    • カスタム デバイス グループに関連付けられているカタログ ベースラインを表示する拡張ビュー
    • サーバーのダウンタイムを最小限に抑える的確な再起動要件の反映に有効なiDRACからのアップデート用に拡張されたロジック
    • データベース動作のタイムアウトが原因で、まれに発生するアップデート失敗の問題が解決されました。
シンプルで効果的
  • 最新のUIと素早い反応
  • 簡単なインストールおよびロー タッチ メンテナンス
  • 使いやすく、直ぐに慣れる

基本的なハードウェア要素の管理

  • Dell EMCサーバー、ストレージ、およびネットワーク スイッチの検出、インベントリー、およびモニタリング
  • Dell EMCサーバーおよびシャーシのアップデート
  • Dell EMCサーバー、シャーシ、IOA/IOMの構成
  • 資産レポートの作成(サービス タグ、FRU、保証など)

 

エージェントが不要な管理

  • iDRAC/サーバーとブレード/シャーシの検出および関連付け
  • 第12世代および第13世代PowerEdgeサーバーでのエージェントなしでのモニタリング
  • 第11、第12、第13、第14世代PowerEdgeサーバーのアップデート

 

OpenManage Essentialsを使用すれば、使いやすいインターフェイスにより、デバイスの正常性をモニタリングしたり、サーバーのドライバーとファームウェアを更新したりすることができます。OMEを使用すれば、どれぐらい環境の管理が容易になるかを実際にご覧ください。

  • ポータル: データセンターで実行中のすべてに対するメインのダッシュボード
  • デバイス ツリー: 各デバイスの詳細情報、正常性情報、ハードウェア インベントリー情報
  • 警告: 一箇所ですべてのSNMPに対応し、Eメールの送受信、警告の無視、アプリの起動を実行
  • パッチ / ドライバー コンプライアンス レポート: 古いドライバーとファームウェアを維持するためのダッシュボード
  • ソフトウェア アップデート: サーバーにパッチを迅速かつ簡単に適用して、推奨レベルまたは選択レベルにアップデート
  • タスク: 電源制御、OMSAの導入、カスタマイズしたコマンド ライン タスクまたはスクリプトに対する1つまたは複数のタスク
  • レポート:システムのすべてのハードウェア インベントリーを表示する事前定義済みのレポート保証情報のレポートもあります。

OpenManage Essentials[Portal(ポータル)]

OMEポータルでは、データセンターを高レベルのビューで表示します。グラフを見れば、管理対象デバイスのハードウェア警告、デバイスの正常性ステータス、タイプを確認できます。この製品で入手した情報は、数回のクリックでポータル ページに表示できます。[Homepage]のコンテンツは固定されており、ページ上で移動したりサイズを変更したりして、表示をカスタマイズすることができます。ポータル ページに追加レポートを追加して、追加情報を一目で確認することもできます。


SLN312494_en_US__4I_OME Reports_01
図1:OpenManage Essentialsのレポート

クイック ツアー

OpenManage Essentials[Device Tree(デバイス ツリー)]

デバイス ツリーでは、管理者がデータセンターのさまざまなカテゴリーのデバイスと「ロールアップ」正常性ステータスを確認することができます。各カテゴリ(サーバー、ネットワーク デバイスなど)の最上位ノードをクリックすると、デバイスの正常性ステータス、電源ステータス、概要情報が表示されます。デバイス自体をクリックすると、警告およびシステム イベント(SEL)ログとともに収集された広範囲におよぶハードウェア インベントリーが表示されます。右クリック オプションを使用すると、デバイスのリモート接続やエレメント マネージャーの接続が簡単にできます。


SLN312494_en_US__5I_OME Device_02
図2:OpenManage Essentialsのデバイス ツリー

クイック ツアー

OpenManage Essentials[Alerts(警告)]

警告コンソールは、OMEポータル ページの警告Web部分の全画面バージョンです。豊富なフィルタリングおよび並べ替え機能が用意されており、メッセージをドリル ダウンして、SNMP警告のすべての詳細を表示することができます。OMEでは、アラート情報のEメールでの送信、アプリケーションの起動、および重要性の低いアラートの無視を行うルールを設定できます。

図3:OpenManage Essentials[Alerts(警告)]

クイック ツアー

OpenManage Essentials[Patch Compliance Report(パッチ コンプライアンス レポート)]

サーバーの検出およびインベントリーが完了すると、ソフトウェア カタログに対するパッチ コンプライアンス レポートが自動的に実行され、古くなった可能性のあるファームウェア、BIOS、ドライバーが表示されます。グラフをドリル ダウンすると、サーバーのリストと推奨アップデートが表示されます。

SLN312494_en_US__6I_OMEpatch_compliance_dv_v1
図4:OpenManage Essentials[Patch Compliance Report(パッチ コンプライアンス レポート)]

クイック ツアー

OpenManage Essentials[Patch / Software Update(パッチ/ソフトウェア アップデート)]

サーバーおよびソフトウェアのアップデート パッケージをチェックし[Apply]ボタンをクリックするだけで、最新のドライバーを使って簡単にサーバーを最新の状態にすることができます。

SLN312494_en_US__7I_OME_Patch_Software_Update_dv_v1
図5:OpenManage Essentialsの[Patch / Software Update]

クイック ツアー

OpenManage Essentialsのタスク

OMEには、特定のサーバー グループをターゲットとしたカスタム コマンド ライン タスクを作成する機能があります。  これは、コマンド ライン スクリプト、OMRemote/OMConfig、RACADM、IPMIタスクのいずれでもかまいません。  サーバーの再起動/電源オフを行う電源制御タスクも、OMSA導入のためのタスクに含まれています。

SLN312494_en_US__8IOME_tasks_dv_v1
図6:OpenManage Essentials[Patch / Software Update(パッチ/ソフトウェア アップデート)]

クイック ツアー

OpenManage Essentials[Reports(レポート)]

OMEは膨大な量のハードウェア データを収集します。レポート セクションには、すべてのシステムのインベントリー データが1か所に表示されます。グリッド レポートには、強力な並べ替え機能とフィルタリング機能があり、データの表示方式をカスタマイズできます。OMEには保証情報のレポートもあり、Dell製サーバーの保証ステータスを確認できます。

SLN312494_en_US__9I_OME_reporting_dv_v1
図7OpenManage Essentialsの[Patch / Software Update]

クイック ツアー

ディスカッション フォーラム

ダウンロードおよびマニュアル

OpenManage Essentialsは、Dellサポート サイトからダウンロードできなくなりました。OMEコンソールのインベントリ機能はDell Repository Managerと統合され、システムの新しいアップデートのカスタムリポジトリの作成が自動的に容易になります。

この製品を初めて使用する場合は、製品マニュアルを参照するか、トラブルシューティング ツールまたはSNMP設定ツールを使用してください

ホワイト ペーパー

原因

Dell

解決方法

Dell Technologies 2022

文書のプロパティ


影響を受ける製品

OpenManage Essentials

最後に公開された日付

13 9月 2022

バージョン

13

文書の種類

Solution