メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

オーディオまたはサウンド録音に関する問題のトラブルシューティング方法

概要: この記事では、Dell PCのマイクロフォンに関するオーディオまたはサウンド録音の問題をトラブルシューティングして解決する方法について説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

内蔵/外部マイクロフォンのトラブルシューティング

再生時間:01:41
字幕:英語のみ

Dell PCでマイクロフォンまたは録音の問題が発生していますか?マイクロフォンが機能しない、音が途切れる、耳障りな音、録音のパチパチ音や途切れ、マイクロフォンでの録音が断続的になる問題、録音のひずみなどの症状がある場合は、以下のトラブルシューティング手順を実行してください。

原因

オーディオまたはサウンドの録音の問題は、古いオーディオ ドライバー、オーディオ録音の設定、PCに使用できるマイクロフォンがない、マイクロフォンの故障、Skype、Zoom、Microsoft Teams、Google Hangouts、Google Meet、Discordなどのサード パーティー製ソフトウェアのマイクロフォンの設定などが原因で発生します。

解決方法

トラブルシューティング

詳細については、以下の各セクションを展開して、トラブルシューティングの手順を順番に実行します

オーディオやサウンドの再生問題のヘルプについては、Dellナレッジベース記事「オーディオまたはサウンド再生に関する問題のトラブルシューティング方法」を参照してください。

最適な録音パフォーマンスを実現し、一般的なマイクロフォン関連の問題解決ができるようにするために、DellではSupportAssistアプリケーションを使用してデバイス ドライバーおよびBIOSを最新の状態に保つことをお勧めします。

SupportAssistアプリケーションを実行するには、次の手順に従います。

  1. Press and hold the Windowsキー(Windowsボタン)を押したまま、qキーを押します。
  2. 検索ボックスに「SupportAssist」と入力します。
  3. 結果のリストで[SupportAssist](アプリ)を選択します。
    メモ: SupportAssistが検索結果に表示されない場合は、SupportAssistをダウンロードしてインストールする方法について、「家庭用PC向けSupportAssist」ページを参照してください。
  4. 今すぐ開始]をタッチまたはクリックして、テストを実行します。
    メモ: 下矢印をタッチまたはクリックしてから、個々のテストを実行できます。Dellでは、完全なPCテストを実行することをお勧めします。
  5. SupportAssistは、1つずつテストを実行し、結果および推奨するアクションを提供します。

SupportAssistを使用したシステムの最適化

再生時間:00:32
字幕:複数の言語で使用できます。字幕アイコンをクリックし、希望の言語を選択します。

お使いのPCで、チップセット ドライバーおよびオーディオ ドライバーなどのデバイス ドライバーを手動でダウンロードしてインストールする方法については、Dellナレッジベース記事「Dellドライバーをダウンロードしてインストールする方法」を参照してください。

お使いのDell PCでBIOSをダウンロードしてアップデートする方法については、Dellナレッジベース記事「Dell BIOSアップデート」を参照してください

メモ: ドライバーのアップデートのインストール後には、PCを再起動することを推奨します。

システム セットアップのアップデート(BIOS)

再生時間:02:06
字幕:複数の言語で使用できます。字幕アイコンをクリックし、希望の言語を選択します。

問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

PCのオーディオ ケーブルまたはオーディオ ポートに何らかの破損があると、次のようなオーディオのパフォーマンスに関する問題が発生することがあります。

  • マイクが機能しなくなるか、断続的に動作が停止する。
  • オーディオの途切れやひずみ
  • スタティック ノイズ

オーディオ ポートには、ほこりの蓄積や物理的な破損を引き起こす可能性のある要因にさらされています。ポートまたはコネクターにほこりや汚れなどの汚染物質が付着している場合は、圧縮空気でポートをクリーニングしてください。詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell Technologiesの機器を清潔に保つためのガイダンス」を参照してください。

警告:クリーニング液、水、または湿った布を使用しないでください。オーディオ ケーブルが接続されている場合は、取り外してから圧縮空気でポートをクリーニングします。

何らかの物理的な損傷に気が付いた場合は、Dellテクニカル サポートに連絡し、お住まいの地域で利用できる修理オプションを確認してください。

破損がない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

単純に再起動することで、多くの問題をほとんど直ちに解決することができます。PCの再起動は、メモリー(RAM)をクリアし、誤って開始されたプロセスやサービスを確実にシャットダウンするための効果的な方法です。

PCを再起動すると、PC上で実行されているすべてのアプリケーションまたはソフトウェア、タスクバー上で実行されているアプリケーション、およびさまざまなアプリケーションによって開始されバックグラウンドで実行されている可能性がある他の多くのサービスが終了します。

警告:PCを再起動する前に、開いているWebページをブックマークし、開いている文書、スプレッドシートなどのすべての未保存ファイルを保存するようにしてください。

トップに戻る

標準的なヘッドセットまたはマイク

ほとんどのアナログ マイク ポートはピンク色で、ヘッドセットまたはマイクの対応するピンクのコネクターと適合します。マイクロフォン付きの標準的なヘッドセットのほとんどは、ノートパソコンの単一のオーディオ コネクターを使用して動作するように設計されています。

メモ: オーディオ ポートが色分けされていないPCもあります。PCのユーザー マニュアルを参照して、マイクロフォンを正しいポートに接続するようにしてください。

ジャックが1つのモバイル イヤフォンやヘッドフォンは、スプリット オーディオ ポートが2つ(スピーカーとマイクロフォンにそれぞれ1ポート)あるPCでは使用できません。


USBヘッドセットまたはマイク

USBポート間で交換してみます。USBハブを使用している場合は、USBをバイパスし、USBヘッドセットまたはマイクロフォンをPCのUSBポートに直接接続します。


Bluetoothヘッドセットまたはマイク

Bluetoothヘッドセットがお使いのPCとペアリングされていて、そのPCのデフォルトの録音デバイスとして選択されていることを確認します。このDellナレッジベース記事のBluetoothのトラブルシューティングのセクションを参照してください。

トップに戻る

デフォルトのオーディオ録音デバイスは、Microsoft Windowsがサウンドを録音または再生するために使用するデバイスです。マイクロフォン、Bluetoothヘッドセット、または他のマイクロフォン対応デバイスをPCに接続する際に、デフォルトで使用するデバイスを選択することができます。Windowsでは、マイクロフォン ポート、内蔵マイクロフォン、Bluetoothでオーディオを録音することができます。PCで録音を行うには、適切な録音デバイスを選択し、音量設定を確認する必要があります。

メモ: デフォルトのマイクロフォンまたは録音デバイスとして設定できるデバイスは1台のみです。
デフォルトの録音デバイスを設定し、音量設定を確認するには
  1. 通知領域(右下隅)の音量アイコンを右クリックして、[録音デバイス]を選択します。
  2. 録音デバイスを選択したら、[規定値に設定]をクリックします。
  3. 「OK」をクリックします。
  4. 通知領域の音量アイコンをクリックして、適切な音量に設定します。

トップに戻る

Skype、Zoom、Microsoft Teams、Google Hangouts、Google Meet、Discordなどの音声通信ソフトウェアには、アプリケーション独自のオーディオ コントロールがあり、デフォルトで使用する録音デバイスやマイクロフォンを選択できます。

通常、このオプションは、各アプリケーションの設定メニューで使用できます。オーディオ設定の場所は、アプリケーションによって異なります。オーディオ設定にアクセスしてデフォルトのマイクロフォンを選択する方法の詳細については、そのアプリの製造元のWebサイトを参照してください。

Windows 10 PCの場合は、次のDellナレッジベース記事を参照して、マイクロフォンを正しく有効にするようにしてください。

トップに戻る

Microsoft Windowsには、PCの多くの問題を迅速に診断し、自動的に解決する、さまざまな「トラブルシューティング ツール」があります。Windowsのトラブルシューティング ツールでハードウェアの問題を修正することはできませんが、PCに問題が発生した場合の対応の出発点として有効です。Windowsのトラブルシューティング ツールは、Windows 10、8.1、または8のコントロール パネルに組み込まれています。

Microsoft Windows 10でWindowsのトラブルシューティング ツールを実行する方法

  1. [スタート]をクリックして、[設定](ギア アイコン)を選択します。
  2. [アップデートとセキュリティー]をクリックして、[トラブルシューティング]を選択します。
  3. [オーディオの録音]をクリックして、[トラブルシューティング ツールの実行]をクリックします。
  4. 画面の指示に従って、トラブルシューティング処理を完了します。

Microsoft Windows 8.1または8でWindowsのトラブルシューティング ツールを実行する方法

  1. [スタート]を右クリックして、[コントロール パネル]を選択します。
  2. [システムとセキュリティー]で、[問題の検索と修復]をクリックします。
  3. [ハードウェアとサウンド]で、[オーディオ録音のトラブルシューティング]をクリックします。
  4. 画面の指示に従って、トラブルシューティング処理を完了します。

問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

BluetoothヘッドセットとPCをペアリングします。

メモ: BluetoothヘッドセットとPCは、Bluetoothがオンの状態で、2台のデバイスが互いに範囲内にあれば、通常はいつでも接続されます。Bluetooth信号の範囲は、Bluetoothデバイスによって異なる場合があります。
 
メモ: 一部のBluetoothヘッドセットでは、ペアリングして接続するためにパスコードが必要な場合があります。製品固有の手順については、お使いのデバイスのユーザー マニュアルを確認してください。

ハードウェア診断テストを実行すると、ハードウェア関連の問題を特定し、その問題を解決するトラブルシューティング手順を提供することができます。デル製コンピューターでハードウェア関連の問題が発生しているかどうかを確認するには、最初にコンピューター上でハードウェア診断テストを実行することをお勧めします。Dellは、内蔵およびオンラインの両方の診断を提供しています。Dell ePSAハードウェア診断テストでは、ハードウェア デバイスが正しく機能しているかどうかを確認できます。

Dell SupportAssistを使用してハードウェア診断テストを実行する方法

PCがWindowsを起動でき、アクティブなインターネット接続がある場合は、Dell SupportAssistを使用してサウンド カードまたはオーディオ カードのハードウェア診断テストを実行します。

Dell Pre-boot System AssessmentまたはEnhanced Pre-boot System Assessment(Dell PSAまたはePSA)の実行
PCでWindowsが起動しない場合や有効なインターネット接続がない場合は、次の手順に従って診断テストを実行します。
  1. コンピュータを再起動します。
  2. Dellロゴ画面で、F12キーを[One-time Boot Menu]が表示されるまで押します。
  3. 矢印キーを使用して、[Diagnostics]を選択し、Enterキーを押します。
  4. 画面に表示される指示に従い、適切に回答して診断を完了します。
  5. テストに合格した場合は、次の手順に進みます。
  6. テストが失敗した場合は、エラー コード検証コードを書き留めておき、お客様の地域で利用可能な修理オプションをDellテクニカル サポートにお問い合わせください。

『ePSA Preboot System Assessment』(Dellテクニカル サポート公式)(YouTube)

再生時間:02:28
字幕:英語のみ

ハードウェア スキャンの実行 - Dell SupportAssist

再生時間:02:11
字幕:英語のみ

トップに戻る

Windowsアップデートは、お使いのWindowsオペレーティングシステムにとって多くの面で有効です。Windowsアップデートにより、具体的な問題の解決や悪意のある攻撃からの保護だけでなく、オペレーティングシステムに対する機能強化も行われます。

Microsoft Windows 10およびWindows 8または8.1にWindowsの更新プログラムをインストールする方法

  1. 「Start(開始)」を右クリックして、「Settings(設定)」をクリックします。
  2. 「Settings(設定)」パネルで、「Update & Security(更新とセキュリティ)」をクリックします。
  3. 左側のパネルで、「Windows Update」を選択します。
  4. 右側のパネルで、「更新プログラムの確認」をクリックします。
  5. アップデートのダウンロードとインストールが終了したら、PCを再起動します。

問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

システムの復元は、オペレーティング システムの保護と修復を目的とした、Windowsの内蔵ツールです。PCで何らかの問題が発生した場合は、PCを出荷時設定に戻す前にシステムの復元を行うことをお勧めします。

システムの復元を実行する方法の詳細については、ご使用のコンピュータにインストールされているオペレーティングシステムを選択します。

問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

トップに戻る

USBポートが診断テストにパスした場合、問題はほぼ確実にPCにインストールされているソフトウェアに関連しています。上記のトラブルシューティング手順で問題を解決できなかった場合は、最後の手段として、PCを工場出荷時のデフォルトに復元してみることができます。

Dell PCには、わずかですがオペレーティング システムを再インストールするためのハードディスク領域が最初から確保してあります。コンピュータを工場出荷時の状態に戻す方法としては、これが一番簡単です。リストア プロセスを実行するとすべてのユーザーのデータはPCから削除されるため、このプロセスを開始する前にすべてのファイルのバックアップをとってください。

警告:PCを工場出荷時のデフォルトに復元するか、またはリカバリー メディアを使用してオペレーティング システムを再インストールすると、PCのデータがすべて消去されます。オペレーティング システムを復元または再インストールする前に、文書、スプレッドシート、画像、ビデオなどの重要なデータをすべてバックアップしてください。

PCを工場出荷時のデフォルトに復元する方法の詳細については、お使いのPCにインストールされているオペレーティング システムを以下から選択してください。

メモ: オペレーティング システムの復元または再インストール後、デルの[ドライバーおよびダウンロード]Webサイトから最新のデバイス ドライバーをダウンロードしてインストールすることをお勧めします。

Windows 10でのリセットの実行

再生時間:01:36
字幕:英語のみ

Windows 8またはWindows 10でのオーディオの問題のトラブルシューティング

再生時間:02:26
字幕:英語のみ

トップに戻る

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Alienware, Inspiron, Retired Models, OptiPlex, Vostro, XPS, G Series, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Retired Models, Latitude Tablets, XPS Tablets, Fixed Workstations, Mobile Workstations

製品

Retired Models, OptiPlex, Vostro, XPS, Latitude, Vostro, XPS, Retired Models, Latitude Tablets, XPS Tablets, Mobile Workstations

最後に公開された日付

21 9月 2021

バージョン

17

文書の種類

Solution

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字