UbuntuまたはRed Hat Enterprise Linux 7のスリープを無効にしてカバー電源設定を設定する方法

概要: この文書に記載されている手順に従って、UbuntuまたはRed Hat Enterprise Linux 7がインストールされているデル製ノートパソコンのスリープを無効にするか、カバーの電源設定を行います。

この記事は自動翻訳されたものです。品質に関するフィードバックがある場合は、ページの下部にあるフィードバック フォームをご利用ください。

文書の内容


手順


UbuntuまたはRed Hat Enterprise Linux 7のスリープを無効にし、カバー電源設定を設定します

スリープを無効にする:

メモ: メモ:このスリープを無効にする方法は、systemdを使用してサービスを管理する他のLinuxオペレーティング システムでも機能するはずです。
  1. ご使用の特定のオペレーティング システムについての以下の手順に従ってターミナルを開きます。
    • Ubuntuのターミナルを開きます(図1)。

      ターミナルHOW12691_en_US__2Open
      図1: Ubuntuのターミナルを開く

    • Ctrl + Alt + Tキーボード コマンドを使用して、Red Hat Enterprise 7のターミナルを開きます。
    • Red Hat Enterprise 7でターミナルを開くには、[Applications]メニューに移動し、[Utilities]を選択し、リストから[Terminal]を選択することもできます(図2)。

      HOW12691_en_US__3Red Hat Enterprise 7ターミナルのメリット
      図2:[Applications/Utilities]メニューからターミナルを開きます

    • また、Red Hat Enterprise 7では、メイン[Applications]メニューからターミナルを開くこともできます(図3)。

      HOW12691_en_US__4Red Hat Enterprise 7 ターミナルアプリケーション
      図3:[アプリケーション]メニューからターミナルを開きます

  2. ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。# systemctl mask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

スリープを有効にする:

  1. ターミナルを開きます。
  2. 次のコマンドを実行します。# systemctl unmask sleep.target suspend.target hibernate.target hybrid-sleep.target

カバーの電源設定を設定する:

  1. /etc/systemd/logind.confファイルを開いて編集します。
  2. #HandleLidSwitch=suspendの行を検索します。
  3. 行の先頭にある#文字を削除します。
  4. 次のいずれかの設定に行を変更します。
    • HandleLidSwitch=poweroff(カバーが閉じられたらコンピューターをシャットダウンする)
    • HandleLidSwitch=hibernate(カバーが閉じられたらコンピューターを休止状態にする)
    • HandleLidSwitch=suspend(カバーが閉じられたらコンピューターをサスペンド状態にする)
    • HandleLidSwitch=ignore(何もしない)
  5. ファイルを保存し、変更を適用するために# systemctl restart systemd-loginと入力してサービスを再起動します。

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Red Hat Enterprise Linux Version 7

最後に公開された日付

04 8月 2021

バージョン

5

文書の種類

How To

この文書を評価


正確
有益
わかりやすさ
この記事は役に立ちましたか?

0/3000 文字