Перейти к основному содержимому
  • Простое и быстрое размещение заказов
  • Просмотр заказов и отслеживание состояния доставки
  • Создание списка продуктов и доступ к нему
  • Управление узлами, продуктами и контактами уровня продуктов Dell EMC с помощью Company Administration.

DellノートパソコンでLCDの内蔵セルフテストを実行する方法

Сводка: この記事では、DellノートパソコンでLCD内蔵セルフテスト(BIST)診断を実行する方法について説明します。LCD内蔵セルフテスト(BIST)診断は、Dellノートパソコンの画面異常がLCD画面に固有のものであるかどうかを分析し、特定するのに役立ちます。

Возможно, эта статья была переведена автоматически. Если вы хотите поделиться своим мнением о ее качестве, используйте форму обратной связи в нижней части страницы.

Содержание статьи


Инструкции

LCD BISTを実行して、画像のゆがみの問題が存在するかどうかを確認します。

再生時間:00:21
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。


DellノートパソコンのLCD画面で次のいずれかの現象が発生している場合は、診断テストを実行すると、ディスプレイの問題がLCD画面に固有のものであるかどうかを特定するのに役立ちます。

  • ちらつく
  • 画像のぼやけ、不鮮明、またはゆがみ
  • 縦線または横線
  • 幾何学的ゆがみまたは画像のゆがみ
  • 色のゆがみまたは色あせ
  • ドット抜け(輝点または黒点)
  • 光漏れ
  • 画像の焼き付き、明るいパッチまたは黒いパッチ
  • 気泡またはエアー ポケット

Dell製モニターに表示の問題がある場合は、Dellナレッジベース記事「Dell製モニターで診断テストを実行する方法」を参照してください。

ディスプレイまたはビデオの問題は、古いグラフィックス ドライバー、ハードウェア障害(LCD画面)、またはコンピューターの誤ったビデオ設定が原因である可能性があります。

LCD画面で診断テストを実行すると、問題がLCD画面に固有のハードウェアの問題であるかどうかを特定できます。

LCDの内蔵セルフテスト(BIST)

Dellノートパソコンには、内蔵の診断ツールが搭載されており、画面異常がDellノートパソコンのLCD画面由来であるか、ビデオ カード(GPU)由来であるか、またはコンピューターのディスプレイ設定由来であるかの判断に役立ちます。ちらつき、ゆがみ、鮮明さの問題、不鮮明またはぼやけた画像、横線または縦線、色あせ、気泡などの画面の異常に気が付いたら、診断テストを実行してLCD画面の問題を切り分けることをお勧めします。LCD内蔵セルフテストは、次の2つの方法で開始できます。

方法1

  1. コンピューターの電源を切ります。
  2. コンピューターに接続されているデバイスをすべて取り外します。
  3. ACアダプター(充電器)をパソコンに接続します。
  4. LCDの画面が汚れていないか(画面の表面にほこりが付いていないか)確認します。
  5. Dキーを押したままコンピューターに電源を入れると、LCDの内蔵セルフテスト(BIST)モードに入ります。LCD画面にカラー バーが表示されるまで、Dキーを押し続けます。
  6. 画面上にカラー バーが複数表示され、色が、黒、白、赤、緑、青に変わります。
  7. 画面に異常がないか慎重に点検します。
  8. Escキーを押して終了します。
  9. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がない場合は、Dellナレッジベース記事「デル製ノートパソコンのLCDパネルのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング」を参照してください。
  10. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がある場合は、お住まいの地域での修理オプションについてDellテクニカル サポートにお問い合わせください。

方法2

  1. コンピューターの電源を切ります。
  2. コンピューターに接続されているデバイスをすべて取り外します。
  3. ACアダプター(充電器)をパソコンに接続します。
  4. LCDの画面が汚れていないか(画面の表面にほこりが付いていないか)確認します。
  5. Fnキーを押したままコンピューターに電源を入れると、起動前診断モードに入ります。起動前診断の画面が表示されるまで、Fnキーを押し続けます。
    メモ: SupportAssist Pre-boot System AssessmentまたはEnhanced Pre-Boot System Assessment (ePSA)診断テストは、ハードウェアをチェックし、ハードウェア エラーを報告します。エラー コードまたはエラー メッセージ、検証コードをメモし、お住まいの地域での修理オプションについてDellテクニカル サポートにお問い合わせください。
  6. メッセージ「Do you see the color bars? Yes/No」が表示されたら、Nキーを押して、内蔵セルフテスト モードに入ります。
    メモ: 30秒以内に応答しないと、診断テストが応答は「No」とみなし、LCD内蔵セルフテスト(BIST)に移動します。
  7. 画面上にカラー バーが複数表示され、色が、黒、白、赤、緑、青に変わります。
  8. 画面に異常がないか慎重に点検します。
  9. 残りのテストが完了すると、PCが再起動します。
  10. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がない場合は、Dellナレッジベース記事「デル製ノートパソコンのLCDパネルのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング」を参照してください。
  11. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がある場合は、お住まいの地域での修理オプションについてDellテクニカル サポートにお問い合わせください。
注:Dell製ノートパソコンを所有していますか?保証期間内の修理のためにノートパソコンを送付してください。ディスプレイまたはビデオ関連の問題を診断して解決します。このサービスは現在、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ポーランド、英国、米国で利用できます。

トップに戻る

Дополнительная информация

ディスプレイ メンテナンス ガイドライン

Dellノートパソコンの取り扱いと使用に関するベスト プラクティスの詳細については、Dellナレッジベース記事「ノートパソコンのケアと使用のベスト プラクティス」を参照してください。

一般的なメンテナンス ガイドラインの詳細については、Dellナレッジベース記事「Dell製コンピューターの一般的なメンテナンス ガイドライン」を参照してください。

トップに戻る


安全にお使いいただくための注意

ベゼルに光沢があるディスプレイは、周囲の光および明るい面によってベゼルで目障りな反射を起こすことがあるので、ディスプレイの配置に注意してください。

警告:ユーザー マニュアルで指定されている以外の制御、調整、または手順を使用すると、感電、電気的危険、および/または機械的危険にさらされるおそれがあります。

安全にお使いいただくための注意事項については、Dellナレッジベース記事「電気機器を取り扱う際の安全上の注意事項」を参照してください。

FCC通知(米国のみ)およびその他の規制情報については、www.dell.com/regulatory_complianceにある法令遵守Webサイトを参照してください。

トップに戻る


よくある質問/FAQ

詳細については、各セクションをクリックして展開してください。または、同時にすべてのセクションを展開する、または閉じるには、[すべて表示]または[すべて隠す]をクリックしてください。

  1. DellのマニュアルWebサイトを開きます。
  2. お使いのDell製モニターを識別します。
    1. モニターのモデル番号またはサービス タグを入力して、[検索]をクリックします。
    2. または、[すべての製品の参照]をクリックし、[エレクトロニクスとアクセサリ]、[Monitors & Accessories]の順に選択し、カタログからお使いのDell製モニターを選択します。
  3. マニュアル]タブで、[マニュアルおよび文書]セクションまでスクロールし、モニターのユーザー ガイドの横にある[PDFの表示]をクリックします。
  4. ユーザー ガイドの「トラブルシューティング」セクションで、「内蔵診断」のページまでスクロールします。
  5. 手順に従って、Dell製モニターで内蔵セルフテストを実行します。
  6. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がない場合は、Dellナレッジベース記事「デル製モニターのディスプレイまたはビデオの問題をトラブルシューティングする方法」を参照してください。
  7. 内蔵セルフテスト モードで画面の異常がある場合は、修理オプションについてDellテクニカル サポートにお問い合わせください。

LCD画面の問題を切り分けるには、ノートパソコンでLCDの内蔵セルフテスト(BIST)診断テスを実行することをお勧めします。

LCD内蔵セルフテスト(BIST)診断テストに合格した場合、ノートパソコンのLCD画面は正常に作動しています。表示の問題は、古いグラフィックス ドライバーまたは誤ったビデオ設定が原因である可能性があります。Dellナレッジベース記事「デル製ノートパソコンのLCDパネルのディスプレイまたはビデオの問題のトラブルシューティング」のトラブルシューティング手順に従ってください。

LCD内蔵セルフテスト(BIST)診断テストに失敗した場合は、お住まいの地域での修理オプションについて、Dellテクニカル サポートにお問い合わせください。

トップに戻る


推奨記事

ここでは、このトピックに関連した役立つ可能性のある推奨記事をいくつか紹介します。


DellノートパソコンでLCDの内蔵セルフテストを実行する方法

再生時間:00:24
利用可能な場合は、このビデオ プレーヤーの設定またはCCアイコンを使用して、クローズド キャプション(字幕)言語設定を選択できます。

Свойства статьи


Затронутый продукт

Chromebook, G Series, Alienware, Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Legacy Laptop Models

Дата последней публикации

01 апр. 2024

Версия

14

Тип статьи

How To