デルPCにUbuntuとWindows Vistaまたは7をデュアル ブートとしてインストールする方法

摘要: この記事では、Dell PCをデュアル ブート オペレーティング システムとして使用する場合に、UbuntuとレガシーWindowsの両方をインストールする方法について説明します。

文章内容


症状

SLN151792_ja__1icon :2017年4月11日以降、Windows Vistaのお客様は、Microsoftからの新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外のホット フィックス、無償または有償サポートのサポート オプション、オンラインのテクニカル コンテンツ更新を受けることができなくなっています。この記事の更新は今後行われず、参照のみを目的として残されます。Microsoftのサイトにアクセスして、サポートの完全終了に関するお知らせをご確認ください。

この記事では、Dell PCに、既存のWindows Vistaまたは7オペレーティング システムに加えてUbuntuをインストールする方法について説明します。


目次:

  1. PCでUbuntuとレガシーWindows OSをデュアル ブートする必要がある場合
  2. インストールを開始する前に知っておくことと確認すること
  3. Windowsはハード ドライブの「最初の起動」である必要がある
  4. インストール パーティションの設定
  5. セカンダリー オペレーティング システムとしてのUbuntuのインストール
  6. ブート オーダーの設定

 

PCでUbuntuとレガシーWindows OSをデュアル ブートする必要がある場合

 

このガイドでは、UbuntuとWindowsをデュアルブートするためにPCをセットアップする手順を説明します。

SLN151792_ja__1icon :出荷時にシステムに付属していないオペレーティング システム(OS)をインストールする場合は個人の責任で行ってください。デルでは、ハードウェアに互換性があることを保証することはできません。デルはその構成のシステムをサポートすることはできません。この記事ではデュアルブートに関する説明を行いますが、実行する場合はご自身の責任で行ってください。

WindowsがすでにPCにインストールされている場合、またはUbuntuをインストールする前にWindowsをインストールする場合

最初にWindowsオペレーティング システムをインストールすることをお勧めします。Windowsブート メニューには、Microsoft以外のオペレーティング システムは含まれていません。Windowsをインストールすると、すでにハード ドライブ上にある情報にも影響を与えることがあります。

この記事では、Vistaや7などのレガシーWindowsオペレーティング システムについて説明します。

Windows 8や10などの最近のWindowsオペレーティング システムをインストールする場合は、以下のリンク先の記事を参照してください。

お使いのシステムのタイプがCanonicalによりUbuntuに適合していると認定されたものの中にあることを確認しましたか?

  1. 確認していない場合、CanonicalサイトSLN151792_ja__3iC_External_Link_BD_v1に移動して、お使いのモデルがCanonicalによりテスト済みであることを確認します。

  2. 上記を確認していて、そのリストでサポートされている場合は、先に進みます。

SLN151792_ja__1icon :お使いのシステムにUbuntuが同梱されておらず、テクニカル サポートによるアシスタントが必要な問題が発生した場合は、システムをデルから出荷された状態に戻し、その時点でも問題が発生するかどうか伝えるように依頼される可能性があります。そうでない場合、その時点で可能なサポートは限られます。


トップに戻る


 

インストールを開始する前に知っておくことと確認すること

 

Ubuntuのインストールを開始する前に確認すべきことが3つあります。

  1. インストールしようとしているハードウェアのタイプを確認しましたか?
  2. インストールに影響する可能性があるBIOS設定を確認しましたか?
  3. どのバージョンのUbuntuをインストールしようとしているかを確認しましたか?
インストール先のハードウェアのタイプは何ですか、またそれによりインストールを実行する方法は変わりますか?

ストレージ メディアのタイプまたは形式が、PCへのUbuntuのインストール方法に影響する場合があります。新しいM2カードのいずれかへのインストールから、標準SATAハード ディスク ドライブへのインストール、またインテルMatrix RAID構成の同じSATAハード ディスク ドライブへのインストールまで、さまざまな可能性があります。お使いのPCのハードウェアで、必要なタイプのインストールを行うことができることを確認します。または、以下にリンクされている記事を参照してください。これらは、お使いのシステムのハードウェアに合わせてインストール方法を変更する方法について説明します。

SLN151792_ja__1icon :USB 2.0以前のリムーバブル メディア デバイスは、新しいインテルSkyLakeプロセッサーを使用しているシステムではサポートされないことに注意してください。このCPUのチップセットでは、USB 2.0ハブはサポートされなくなりました。
 
システムにセットアップされているBIOSのタイプは何ですか、またそれによりインストールを実行する方法は変わりますか?

レガシーとUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)のBIOSセットアップの違いは、インストールの成功と失敗の違いになる可能性があります。レガシーWindows OSは通常、レガシーBIOSにインストールされますが、最近のWindows OSはUEFI BIOSにインストールする必要があります。

インストールするUbuntuのバージョン

Ubuntuは、他のオペレーティング システムと同様に、その使いやすさとパフォーマンスを常に向上し改善するよう努めています。Ubuntuが異なるのは、いつでも次の2つのアップデートのオプションがあることです。

1つ目は、最新のLTS(Long Term Support)リリースです。

このアップデートは2年ごとに入手でき、アップデートに関して5年間Canonicalにより完全にサポートされます。テスト済みの安定したビルドと見なされます。

2つ目は最も新しい通常リリースです。

このアップデートは6か月ごとに入手でき、9か月間に限りCanonicalによるサポートを受けられます。これらの通常リリースには、最新のテクノロジーが搭載されているとみなされますが、そのため問題がある可能性がありますが、これらのビルドは通常、テスターおよび開発者に使用されます。

Ubuntuの新規バージョンへのアップグレードを検討している場合は、以下のリンク先の記事を参照してください。


トップに戻る


 

Windowsはハード ドライブの「最初の起動」である必要がある

 

Windowsをインストールする必要があります。

Windowsがまだインストールされていない場合は、以下のリンクのいずれかのガイドにアクセスし、使用するオペレーティング システム(OS)に適したインストール ガイドを選択します。

SLN151792_ja__1icon :Windowsセットアップで起動パーティションを設定すると同時に、ハード ドライブに後でUbuntuをインストールするためのパーティションを確保できます。これによって、以降の時間と労力を大幅に節約できます。オペレーティング システムに対する作業を行う場合には、問題の発生に備えて、常に最新のバックアップを取っておくことがベスト プラクティスです。
 
Windowsはすでにインストールされています。

ほとんどのPCには、何らかのバージョンのWindowsがすでにインストールされていて、ハード ドライブ全体がそのパーティションで占有されています。Windowsのパーティションを縮小する必要があります。それによって、Ubuntuパーティションのための領域が解放されます。 


トップに戻る


 

インストール パーティションの設定

 

  1. この手順は、Windows OS内から実行してください。

レガシー オペレーティング システムであるWindows Vistaおよび7では、次のようにディスクの管理を使用します。

  1. タスクバーの隅にある[スタート]ボタンをクリックして、[マイ コンピューター]を右クリックし、[コンピューターの管理]を選択して、[ディスクの管理]に移動します。

    Win + Xキーボード ショートカットを押して、表示されるメニューから[ディスクの管理]を選択します。

  2. Windows Partition Managerを使用して、パーティションを縮小します。

SLN151792_ja__7win7_SpecialMenu_BK01

SLN151792_ja__8win7_ShrinkVolume_BK01

注:ここではLinux用のパーティションは作成しないでください。Ubuntuのインストールによって処理されます。
 
SLN151792_ja__1icon 注意: Windowsのブート パーティションをサイズ変更してWindowsを起動できない場合は、Windowsリカバリー ツールを使用して修復できます。それについてのガイドは、ここを参照してください。
  1. ハード ドライブに十分な未割り当て領域がある場合は、Ubuntuをセカンダリー オペレーティング システムとしてインストールするのは簡単です。UbuntuのDVDまたはUSBドライブから起動します。


トップに戻る


 

セカンダリー オペレーティング システムとしてのUbuntuのインストール

 

  1. Canonicalから最新のDVDまたはUSBインストールメディアを受け取っていますか? メディアには、このオペレーティングシステム用の最新アップデートおよび修正プログラムが収録されています

    インストールするUbuntuのバージョンを決定したら、CanonicalSLN151792_ja__3iC_External_Link_BD_v1から適切なUbuntu ISOをダウンロードできます。

  2. 起動時にデルのロゴ画面で、素早くF12キーをタップします。起動して[Boot Once(1回限定起動)]メニューが表示されます。カーソル/矢印キーを使用して、起動の方法を選択してEnterキーを押します。

  3. セットアップが起動したら、[Ubuntuを試す]オプションを選択します。このオプションによって、Ubuntuでハードウェアが正常に認識されていることを確認します。

  4. 続行する準備ができたら、[Install Ubuntu]ボタンをクリックします。インストールウィザードが表示され、いくつかの項目を選択するように求められます。

  5. インストール言語を選択し、「Continue(続行)」をクリックします。

SLN151792_ja__11image(11592)

  1. 「Keyboard layout(キーボードのレイアウト)」ウィンドウが表示されます。お使いのシステムの正しいキーボード レイアウトを選択して、[続ける]をクリックします。

SLN151792_ja__12image(11593)

  1. 「Preparing to install Ubuntu(Ubuntuをインストールする準備中です)」ウィンドウが開きます。該当するオプションを選択して、「Continue(続行)」をクリックします。

SLN151792_ja__13image(11594)

  1. 有線接続をしていない場合、インストール処理はワイヤレスWi-Fi接続のセットアップを開始します。

  2. インストールの種類]ウィンドウが表示されます。複数のオプションが利用できます。

    1. Ubuntuと他のオペレーティング システムとデュアル ブートするようにインストールしたい場合、以下のリンクのガイドを参照してから[Install Ubuntu alongside(Ubuntuの平行インストール)]オプションを選択してください。ステップ14に進みます。

    2. ハード ドライブ全体にUbuntuをインストールする場合は、[ディスクを消去してUbuntuをインストール]をクリックします。次にUbuntuをインストールするハードドライブを選択します。詳細については、以下のガイドを参照してください。

    3. 手動でハード ドライブにさまざまなパーティションをセットアップする場合は、次のガイドを参照して、[Something Else]オプションを選択します。

SLN151792_ja__15image(11595)

  1. インストール時に、「How do you want to partition the disk?」というメッセージが表示されます。

  2. セットアップで、OSのインストール先として、次のいずれかを選択します。

    1. [largest available free space(利用可能な最大の空き容量)]

      1. Resize IDE1 master, partition #1 (hda1) and use freed space]としてマークされます。

      2. 新しいパーティションのサイズをハード ドライブの割合として選択し、[Forward(転送する)]をクリックします。

      3. インストールを続行します。

    2. Ubuntu用に作成したパーティションを選択します。

      1. Manually edit partition table]としてマークされます。

      2. 表示されたリストから使用するパーティションを選択し、Enterを押します。

      3. [サイズ]をクリックしてEnterキーを押し、[はい]をクリックして再度Enterキーを押します。

      4. サイズ(ギガバイト単位)を選択してEnterキーを押します。

  3. さらにパーティションを作成するには、以下のガイドを使用します。

SLN151792_ja__1icon :Ubuntuのインストール用パーティションには、少なくとも10 GBが必要です。
  1. [Finish partitioning and write changes to disk(パーティション作成を終了してディスクに変更を書き込む)]を選択します。

  2. 「Install Now(今すぐインストール)」をクリックします。これ以降、インストールのキャンセルはできません。 

  3. いくつかの設定項目をセットアップする必要があります。「Where are you?(現在地)」ウィンドウが次に表示されます。

SLN151792_ja__17image(11596)

  1. 現在地に最も近い場所を選択して、[Continue]をクリックします。

SLN151792_ja__1icon メモ: レイアウトが不明な場合は、「Detect Keyboard Layout(キーボードのレイアウトの検知)」ボタンを押してヘルプが表示されます。
  1. 「Who are you?(ユーザー名)」ウィンドウが表示されます。この時点で、ご自分の情報を入力します。

SLN151792_ja__19image(11597)

  1. オペレーティング システムのインストール中に、Ubuntuに関する情報のスクリーンショット画面がスクロールします。

SLN151792_ja__20image(11598)

  1. インストール ウィザードが完了すると、[The installation is complete]メッセージ ウィンドウが表示されます。「Restart Now(今すぐ再起動)」をクリックして、コンピュータをリスタートします。

SLN151792_ja__21image(11599)


トップに戻る


 

ブート オーダーの設定

 

  1. GRUB2は、デフォルトのUbuntuブート マネージャーです。これにより、次の2つのオプションを選ぶことができます。

    1. Ubuntuは独立しており、他のオペレーティング システムに書き込む必要がないことを意味します。ハード ドライブのマスター ブート レコードMBR)内のコードを1行変更する必要があります。このコードは、BIOSによって起動されます

      1. MBRコードをUbuntuブート ローダーをポイントするように変更する必要があります。

      2. これが完了すると、PCが起動したときにオペレーティング システムのリストが表示され、どちらを起動するかを選択することができます。10秒のカウントダウン後、デフォルトでUbuntuが起動します

      3. Windowsを選択した場合は、Windowsのブート セクターにあるWindowsがロードされます。これは、Windowsパーティションの最初のセクターです

      4. 問題が発生した場合は、インストールCDから修復を実行することができます。

    2. MBRコードの変更時に問題が発生しましたか?Ubuntuパーティションの最初のセクターをポイントする代わりに、GRUBをポイントするようにコードをインストールすることができます。

      1. インストール プロセス中にそれを行う場合、Windowsブート マネージャーをUbuntuのブート セクターをポイントするように変更するまで、Ubuntuは起動しません。

      2. Windows Vistaおよび7は、起動時にboot.ini、ntdetect.com、およびntldrを使用しません。代わりに、bcdedit.exeというコマンドライン ユーティリティーが付属しています。詳細については、MicrosoftSLN151792_ja__3iC_External_Link_BD_v1ページを参照してください。

SLN151792_ja__231373633618406.bootrepair

SLN151792_ja__1icon :同じことを実現できるサード パーティー製プログラムがあり、より使いやすいインターフェイスを提供している場合がありますが、ご自身の責任で使用してください。
  1. これで、Ubuntuがインストールされました。

  2. 初期セットアップ情報については、以下のガイドにアクセスしてください。

SLN151792_ja__1icon メモ: インストール完了後に何か問題がある場合、最も簡単で最速な解決策は再度インストールを実行することです。


トップに戻る


 

その他の情報:

 

SLN151792_ja__1icon :Canonicalでは、次の方法で追加のソフトウェア サポートを提供しています。
テクニカル サポートはデルにより提供されます:


トップに戻る


文章属性


受影响的产品

Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Fixed Workstations

上次发布日期

21 2月 2021

版本

4

文章类型

Solution

评价此文章


准确性
有用性
易于理解
这篇文章对您有帮助吗?

0/3000 个字符