Dell EMC OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Center(バージョン1.0.1) ユーザーズガイド

アップデート コンプライアンス ツール設定の構成

最新のアップデート コンプライアンス レポートおよびデバイス コンポーネントの詳細を表示するには、OpenManage Integrationで、アップデート コンプライアンスツールの設定を行う必要があります。
  1. 設定]タブで、Dell System Update(DSU)ユーティリティーが保存されている共有の場所を入力します。DSUは、Dellアップデート パッケージをPowerEdgeサーバーに導入するために使用されます。
  2. Dell Inventory Collector(IC)ユーティリティーが保存されている共有の場所を入力します。ICユーティリティーは、PowerEdgeサーバーからのハードウェア インベントリー情報の収集に使用されます。
  3. 共有の場所のユーザー資格情報を入力します。

    注: OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Centerがアンインストールされた後、アップデート ツールの設定はWindows Admin Centerインスタンスに保持されますが、パスワードは保持されません。

  4. ユーティリティーがアクセス可能かどうかを確認するには、[テスト接続]をクリックします。
  5. 保存]をクリックして、アップデート ツールの設定を保存します。
コンポーネントの最新のアップデート コンプライアンスの詳細を表示するには、「HCIおよびフェールオーバー クラスターのPowerEdgeサーバーとノード コンポーネントのアップデート コンプライアンス情報の生成」を参照してください。

注: アップデート ツール設定のパスワードは、現在のブラウザ セッションに対してのみ保持されます。新しいブラウザ セッションを開いた後に、OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Centerのアップデート コンプライアンス機能を正しく動作させるには、パスワードを再入力する必要があります。


Rate this content

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
0/3000 characters
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please select whether the article was helpful or not.
  Comments cannot contain these special characters: <>()\