Dell EMC OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Center(バージョン1.0.1) ユーザーズガイド

用語集

次の表では、このマニュアルで使用する略語について定義または識別します。

表 1. 用語集次の表では、このマニュアルで使用する略語について定義または識別します。
略語/頭字語 定義
OMIMSWAC:OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Center OMIMSWACを使用すると、IT管理者はPowerEdgeサーバーをホストとして管理できるほか、PowerEdgeサーバーで作成されたMicrosoftフェールオーバー クラスター、およびDell EMC Microsoft Storage Space Direct(S2D)Ready Nodesを使用して作成されたハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)も管理できます。
DRM:Dell EMC Repository Manager Dell Repository Manager(DRM)は、Dell OpenManageポートフォリオ内のアプリケーションで、IT管理者はこれを使うことでシステム アップデートを容易に管理できます。Dell Repository Managerは、Dell Update Package(DUP)のバンドルおよびリポジトリーと呼ばれる、カスタム ソフトウェアのコレクションの作成に使用される検索可能なインターフェイスを提供します。
DSU:Dell EMC System Updateユーティリティー Dell EMC System Update(DSU)は、Dell Update Packages(DUP)をDell EMC PowerEdgeサーバーに適用するための、スクリプトによって最適化されたアップデート展開ツールです。
IC:Dell EMCインベントリー コレクター インベントリー コレクターは、ターゲット システムのインベントリーを実行し、結果をリポジトリーまたはカタログと比較して、必要なアップデートのみを導入する際に使用します。
WSSDカタログ Azure Stack HCI(S2DカタログまたはWSSDカタログ)向けDell EMC Solutions用ファームウェアおよびドライバーのアップデート カタログは、Ready Nodeコンポーネントのすべての検証済みバージョンのカタログを提供します。

Rate this content

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
0/3000 characters
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please select whether the article was helpful or not.
  Comments cannot contain these special characters: <>()\