Dell EMC OpenManage Integration with Microsoft Windows Admin Center(バージョン1.0.1) ユーザーズガイド

HCIおよびフェールオーバー クラスターのPowerEdgeサーバーとノード コンポーネントのアップデート コンプライアンス情報の生成

HCIおよびフェールオーバー クラスター内のPowerEdgeサーバー コンポーネントとノード コンポーネントの最新のアップデート コンプライアンス情報を生成する前に、以下について確認してください。
  • Dell EMC System Update UtilityとDell EMC Inventory Collectorアプリケーションが保存されている共有の場所の詳細を設定済みであること。「アップデート コンプライアンス ツール設定の構成」を参照してください。
  • Dell EMC Repository Manager(DRM)アプリケーションを使用して、最新のカタログ ファイルを生成していること。

サーバー コンポーネントのアップデート コンプライアンスの詳細を生成するには、次を実行します。

  1. [アップデート コンプライアンス] > [アップデート ソース]の順に選択し、.xmlカタログ ファイルが保存されている共有の場所を入力します。
  2. OpenManage Integrationでカタログ ファイルにアクセスするための共有場所のユーザー資格情報を入力します。

    注: 個別のカタログ ファイルには、それぞれサーバー マネージャー、ハイパーコンバージド クラスター マネージャー、およびフェールオーバー クラスター マネージャーのユーザー資格情報を使用してアクセスする必要があります。

  3. 次へ]をクリックします。
    設定]タブに戻るには、[終了]をクリックします。
アップデート コンプライアンスの詳細が割り出され、[アップデート コンプライアンス] > [コンプライアンスの詳細]の下にあるレポートが使用可能になります。ドーナツ グラフは、準拠、緊急、推奨、オプション状態にあるコンポーネントの数を表します。コンプライアンス レポートには、すべてのコンポーネントの詳細なビューが表示され、アップデート タイプの現在のバージョンとベースラインのバージョンが表示されます。

HCIおよびフェールオーバー クラスターでは、個々のノードとコンポーネントのアップデート コンプライアンスは、2つのドーナツ グラフ(ノードの概要とコンポーネントの概要)を使用して表されます。さらに詳細を表示するには、コンプライアンス レポート内の個々のノードを展開して、コンポーネントの現在のバージョンとベースライン バージョンを取得し、非準拠、緊急、推奨、オプションの状態にあるすべてのノードとコンポーネントをそれぞれ表示します。

再度コンプライアンス レポートを実行するには、[コンプライアンスを再実行]をクリックして、コンプライアンス設定の詳細を入力します。


Rate this content

Accurate
Useful
Easy to understand
Was this article helpful?
0/3000 characters
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please provide ratings (1-5 stars).
  Please select whether the article was helpful or not.
  Comments cannot contain these special characters: <>()\