Dell EMC起動最適化サーバ ストレージS1 ユーザーズ ガイド

Lifecycle Controllerを使用したファームウェアのアップデート

Lifecycle Controllerを使用してファームウェアをアップデートするには、次の手順を実行します。
  1. www.dell.com/support/homeからDUPファイルをダウンロードし、.exe DUPファイルをローカル ドライブにコピーします。
    ファイル名の例:SAS- RAID_Firmware_xxxxx_xxxx_xxx.exe
  2. 仮想コンソールを開き、起動時にF10を押して、Lifecycle Controllerを起動します。
  3. ダッシュボード ウィンドウで[最新のファームウェアを取得]を選択します。
  4. ローカル ドライブ(CD/DVD/USB)]を選択します。
    EXEファイルの名前を入力して、アップデートを選択します。
  5. インストールが正常に完了したら、再起動し、HII、iDRAC、またはBOSS-S1 CLIのインストールされたファームウェアのバージョンを確認します。
    注: iDRAC/Lifecycle ControllerによるBOSS-S1ファームウェアのアップデートは、A01以降のファームウェア バージョンでのみサポートされています。詳細については、iDRACまたはLCを使用したBOSS-S1コントローラー ファームウェアのアップデートができないを参照してください。
    注: CLIを使用したアップデート方法の詳細については、BOSS-S1 CLI コマンドを参照してください。

このコンテンツを評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  この記事は役に立ちましたか?
  コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\