Dell EMC起動最適化サーバ ストレージS1 ユーザーズ ガイド

TRIM

TRIM(RAID非対応物理ディスク)を使用することにより、オペレーティング システムは、SSDで使用されなくなったとみられるデータのブロックを削除します。サポートされているオペレーティング システムの場合、TRIMコマンドにより書き込み増幅の問題を解決できます。オペレーティング システムがファイルを削除すると、ファイルはファイル システム内で削除用にマークされていますが、ディスク上のコンテンツは実際には削除されません。その結果、SSDでは、以前使用されていた論理ブロック アドレス(LBA)が消去可能であると認識できません。TRIMの導入によりファイルが削除されると、オペレーティング システムはTRIMコマンドを送信します。それと同時に、有効なデータが含まれていないLBAを物理ディスクに送信します。

このコンテンツを評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  この記事は役に立ちましたか?
  コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\