メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dell EMC PowerVault ME4 Series ストレージ システム 管理者ガイド

システム構成の制限

次の表で、ME4 Series ストレージ システムのシステム構成の制限事項をリスト表示します。

表 1. ME4 Seriesのシステム構成の制限事項
特長
エンクロージャおよびディスク
システム2U12あたりの最大エンクロージャおよびディスク サポートされる構成:
  • 2U12コントローラー エンクロージャ + 9 x 2U12拡張エンクロージャ = 120
  • 2U12コントローラー エンクロージャ + 9 x 2U24拡張エンクロージャ = 228
  • 2U12コントローラー エンクロージャ + 3 x 5U84拡張エンクロージャ = 264
  • 2U24コントローラー エンクロージャ + 9 x 2U12拡張エンクロージャ = 132
  • 2U24コントローラー エンクロージャ + 9 x 2U24拡張エンクロージャ = 240
  • 2U24コントローラー エンクロージャ + 3 x 5U84拡張エンクロージャ = 276
  • 5U84コントローラー エンクロージャ + 3 x 5U84拡張エンクロージャ = 336
ディスク グループおよびプール
コントローラー モジュールあたりの最大仮想プール 1
コントローラー モジュールあたりの最大使用可能仮想プール サイズ 512 TiB:CLIで大規模プール機能が無効化されている場合。1 PB:CLIで大規模プール機能が有効化されている場合
ディスク グループの最大サイズ 無制限(非ADAPT)。1 PB(ADAPT)
プールあたりの最大ディスク グループ 16
コントローラー モジュールあたりの最大仮想ディスク グループ 16
コントローラー モジュールあたりの最大リニア ディスク グループ 32
仮想ディスク グループあたりの最小/最大ディスク
  • NRAID(RAID非対応):1/1(リード キャッシュのみ)
  • RAID 0:2/2(リード キャッシュのみ)
  • RAID 1:2/2
  • RAID 3:サポート対象外
  • RAID 5:3/16
  • RAID 6:4/16
  • RAID 10:4/16
  • RAID 50:サポート対象外
  • ADAPT:12/128
リニア ディスク グループあたりの最小/最大ディスク
  • NRAID(RAID非対応):1/1
  • RAID 0:2/16
  • RAID 1:2/2
  • RAID 3:3/16
  • RAID 5:3/16
  • RAID 6:4/16
  • RAID 10:4/16
  • RAID 50:6/32
  • ADAPT:12/128
リニア ディスク グループあたりの最大専用スペア 4
システムあたりの最大グローバル スペア 64
コントローラー モジュールあたりの最大ADAPTグループ 4
最大ADAPT単体ディスク サイズ 64 TiB
ディスク グループの最大ADAPTサイズ 1 PiB
ADAPTストライプ幅 8+2
ボリューム、イニシエータ、ホスト、およびマッピング
システムあたりの最大仮想ボリューム 1024
システムあたりの最大リニア ボリューム 512(推奨)
仮想ボリュームの最大ボリューム サイズ 128 TiB(約140 TB)
リニア ボリュームの最大ボリューム サイズ ディスク グループの最大サイズ制限と等しい
ディスク グループあたりの最大マッピング可能ボリューム(LUN) 128
プールあたりの最大マッピング可能仮想ボリューム(LUN) 512
プールあたりの最大マッピング可能リニア ボリューム(LUN) 128
コントローラー モジュールあたりの最大マッピング可能ボリューム(LUN) 512
プールあたりの最大仮想ボリューム 1024(512ベース ボリュームおよび512スナップショット)
プールあたりの最大リニア ボリューム 1024
ボリューム グループあたりの最大仮想ボリューム 1024
コントローラー モジュールあたりの最大ボリューム グループ 256
レプリケーション ボリューム グループあたりの最大ボリューム数 16
ホスト ポートあたりの最大ボリューム 1024(Microsoft Windowsは256へのアクセスを制限)
ボリュームあたりの最大イニシエーター 128
ホスト ポートあたりの最大イニシエータ 1024
コントローラー モジュールあたりの最大イニシエータ 4096
ホストあたりの最大イニシエータ 128
ホスト グループあたりの最大ホスト 256
システムあたりの最大ホスト グループ 32
LUN(優先パス)あたりの最大コマンド 4096
ホスト ポートあたりの最大キューの深さ 1024
最大ホスト ポート リンク速度
  • 16 Gb FC対応、認定SFP+トランシーバー
  • 10 GbE iSCSI対応、認定SFP+トランシーバー(CNCのみ)
  • 12 Gb SAS
サポート対象FC/iSCSIモジュール ホスト ポートの構成、コントローラー モジュールあたり
  • 4ポートFC
  • 4ポートiSCSI
  • 2ポートFCおよび2ポートiSCSI
仮想ボリュームのスナップショット
プールあたりの最大スナップショット 512
システムあたりの最大ベース ボリューム 1024
スナッピング可能ボリュームあたりの最大ベース スナップショット
  • 254:コマンド ライン インターフェイス(CLI)で大規模プール機能が無効化されたボリュームのスナップショット ツリーの場合
  • 8:コマンド ライン インターフェイス(CLI)で大規模プール機能が有効化されたボリュームのスナップショット ツリーの場合
システムあたりの最大マッピング可能スナップショット 1024
仮想ボリュームのレプリケーション
システムあたりの最大ピア接続数 4
システムあたりの最大複製ボリューム数 32
ボリュームの最大レプリケーション セット数 1
複製ボリューム グループの最大ボリューム数 16:その他のボリュームがレプリケーション セットに属していない場合
スケジュール設定可能な最小レプリケーション頻度 1
組み込みSMI-S provider
最大マッピング パス(ここで、パスはホスト ポートを介してイニシエータに提示されるボリュームです)。
注: 5U84エンクロージャ搭載のシステムではSMI-Sはサポートされていません。
250
その他
最大SCSI予約
  • コントローラー モジュールあたり:1024
  • LUNあたり:1
仮想ストレージの最大SCSI登録
  • システムあたり:32768
  • LUNあたり:4096
リニア ストレージの最大SCSI登録
  • システムあたり:32768
  • FC LUNあたり:128
  • iSCSI LUNあたり:IQNレングスに応じて、85~128
  • SAS LUNあたり:128

このコンテンツを評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
0/3000 characters
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  1~5個の星の数で評価してください。
  この記事は役に立ちましたか?
  コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\