DSA-2020-039: Dell EMC Isilon OneFS Security Update for a SyncIQ Vulnerability


alert-notice

Critical

最初の公開:  20 2月 2020
最終更新:  20 4月 2020

概要

重大度:CVSSベース スコア

9.8 (CVSS:3.1/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H)

Affected products:   
Dell EMC Isilon OneFS versions through OneFS 8.2.2


Summary:   
Dell EMC Isilon OneFS 8.2.0 and later contains a workaround for a SyncIQ a vulnerability that affects all current versions of OneFS through OneFS 8.2.2. This vulnerability may potentially be exploited by malicious users to compromise the affected system.

詳細

Filled_Alert_Notice_Symbol   重要性に関する免責事項

重大度の評価については、Dell EMCナレッジベース記事468307をご覧ください。Dell EMCでは、すべてのお客様に対して、ベース スコアに加えて、特定のセキュリティの脆弱性に付随する潜在的な重要度に影響する可能性のある現状スコアや環境スコアも考慮することをお勧めしています。

ここに記載されている問題から発生する状況を回避するために、このDell EMCセキュリティ アドバイザリーの情報をご覧になり、ご活用ください。この製品アラートに関するご質問につきましては、Dell EMCソフトウェアのテクニカル サポートに電話(1-877-534-2867)にてお問い合わせください。Dell EMCは、影響を受けるDell EMC製品のユーザーに重要なセキュリティ情報を提供するために、Dell EMCのセキュリティ アドバイザリーを配信しています。Dell EMCは、この情報が個々の状況に当てはまるかどうかをすべてのユーザーが判断して、適切な対応をすることを推奨しています。ここに記載されている情報は「現状のまま」提供され、いかなる保証も伴いません。Dell EMCは、市販性、特定目的との適合性、権原、および非侵害の保証を含め、明示的か黙示的かを問わず、すべての保証を放棄します。Dell EMCとそのサプライヤーは、損害が生じる可能性について報告を受けていたとしても、直接的、間接的、付随的、派生的な損害、営業利益の損失、または特別な損害を含むあらゆる損害について、いかなる場合も一切の責任を負いません。一部の州では、派生的な損害または付随的な損害の免責または責任の制限が認められていません。このため、前述の制限が適用されないことがあります。

推奨事項

Workaround:   

Scenario

OneFS versions prior to 8.2.0

OneFS 8.2.0 and later

SyncIQ is not licensed

No change needed

No change needed

SyncIQ is licensed but not used

Disable SyncIQ: 

  1. On the cluster, log in as SSH.

  2. Run the following command to disable SyncIQ: 

isi sync settings modify –-service=Off

Disable SyncIQ:   

  1. On the cluster, log in as SSH.                     

  2. Run the following command to disable SyncIQ:

isi sync settings modify –-service=Off

 

SyncIQ is licensed and used

  1. Upgrade to OneFS 8.2.0 on all clusters that are using SyncIQ.

  2. Follow the workaround instructions in For OneFS versions 8.2.0 and later in the next cell.







 

  1. Enable SyncIQ encryption for each impacted cluster. For more details, see the Configure certificates procedure described in the Data Encryption with SyncIQ chapter of the OneFS 8.2.0 CLI Administration Guide, and the steps that need to be run on each policy to enable encryption.

  2. Create a SyncIQ policy to enable encryption, as described in the Create encrypted SyncIQ policies procedure of the guide.

  3. Force SyncIQ encryption, as described in the same procedure.

isi sync setting mod --encryption-required=True

Adjustment to lessen the vulnerability impact The cluster can be left in a less vulnerable state by enabling a SyncIQ password. For more information see KB article 542907: Dell EMC Isilon OneFS: How to use a PSK when using SyncIQ since 7.0.0 on the Customer support site.   
 


Note: Because SyncIQ encryption requires mutual authentication SSL handshakes, each cluster must specify its own identity certificate and the CA certificate of the peer. For more information, see the SyncIQ traffic encryption section of the OneFS 8.2.1 Web Admin Guide.

ここに記載されている問題から発生する状況を回避するために、このDell EMCセキュリティ アドバイザリーの情報をご覧になり、ご活用ください。この製品アラートに関するご質問につきましては、Dell EMCソフトウェアのテクニカル サポートに電話(1-877-534-2867)にてお問い合わせください。Dell EMCは、影響を受けるDell EMC製品のユーザーに重要なセキュリティ情報を提供するために、Dell EMCのセキュリティ アドバイザリーを配信しています。Dell EMCは、この情報が個々の状況に当てはまるかどうかをすべてのユーザーが判断して、適切な対応をすることを推奨しています。ここに記載されている情報は「現状のまま」提供され、いかなる保証も伴いません。Dell EMCは、市販性、特定目的との適合性、権原、および非侵害の保証を含め、明示的か黙示的かを問わず、すべての保証を放棄します。Dell EMCとそのサプライヤーは、損害が生じる可能性について報告を受けていたとしても、直接的、間接的、付随的、派生的な損害、営業利益の損失、または特別な損害を含むあらゆる損害について、いかなる場合も一切の責任を負いません。一部の州では、派生的な損害または付随的な損害の免責または責任の制限が認められていません。このため、前述の制限が適用されないことがあります。