ストレージ コミュニティ

最終の返信 05-23-2022 解決済み
質問を出す
タリウム

PowerScaleのクラスター構成のバックアップとリストア

掲題について教えてください。

 

OneFS9.2ではクラスタ構成のエクスポート、インポートが利用できますが、インポート時にはexport idの指定が必要となっています。

isi cluster config imports create <export-id>

 

CLI管理ガイドには"ハードウェア構成が同一の別クラスターにも適用できます。"という記載があったのですが、export idはexportしたクラスタでしか持っていないため、別クラスターではimportできないように見えます。
exportで作成されたファイルを別クラスタに保存しても、別クラスタでexport idが見えませんでした。

そのため、別クラスターや初期化した環境へのimport方法について教えていただけると幸いです。

解決策 (1)

受理された解決策
モデレーター
モデレーター

st89さん

 

ラボ環境がなかったので、OneFS 9.3.0のシミュレーターで2つクラスタ(どちらも3ノード構成)を作成して試してみたところ、インポート先クラスタの/ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/配下にエクスポート元のexport-idのディレクトリをコピーして、「# isi cluster config imports create <export-idディレクトリ名>」をインポート先クラスタから実行することで、構成のインポートをすることが出来てしまいました・・・

 

ちなみに最初インポート先のクラスタには/ifs/data/Isilon_supportまでしかディレクトリが存在していなかったので「# mkdir -p /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/」でディレクトリを明示的に作成してからインポート処理を開始しています。

 

以下が結果で、3回目から成功していますがこれは意図的に以下のような実行をしているためです。
(エクスポート元のクラスタではCIFSとNFSをEnableにしてあり、CIFS共有を作成し、それがインポート先に反映されるのかを確認しました)

 

 

1回目:インポート先の各ソフトウェアライセンスを無効にしたままインポートを実行
2回目:ライセンスは有効にしたが、意図的にCIFSとNFSをDisableのまま(Enableに変更しない状態で)インポートを実行
3回目:CIFSとNFSをEnableにした後(というか2回目の実行後勝手にEnableになっていました・・・)インポートを実行
4回目:インポート先のOneFSでも一度エクスポートを実行してからインポートを実行(最初に明示的にディレクトリをつくってしまったので、内部的に必要なパスが通ってないかもという考えからこの項目も入れました)
5回目:インポート先クラスタを3ノードから4ノードに増やしてからインポートを実行

 

 

# isi cluster config imports list
ID                  Export ID                Status     Done                                                      Failed                              Pending  Message                                             Path                      
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
i930-20220523151055 isilon930-20220523150125 Failed     ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] ['quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb'] []       Components: ['quota', 'snapshot'] are not licensed. /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151055
i930-20220523151328 isilon930-20220523150125 Failed     ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] ['nfs']                             []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151328
i930-20220523151610 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151610
i930-20220523152000 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523152000
i930-20220523152947 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523152947
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total: 5

 

結果は上記にあるように

1回目: 失敗
2回目: 失敗
3回目: 成功
4回目: 成功
5回目: 成功

です。また、2回目に失敗した後にGUIを見てみた感じだと、2回目の時点ですでに構成情報はインポート先にすべて反映されているように見えました(結果は失敗ですが)。

 

そのために、他クラスタへの構成情報インポート方法は想定していた方法で間違えていなさそうです。。

 

もしかするとst89さんの環境ではインポート先のライセンス等を含むクラスター構成がエクスポート元のクラスターと異なっているために失敗している可能性があるので、一度ご確認いただき、全く同じ構成であるのにインポートに失敗している場合は障害の可能性もあるので、サポートにお問い合わせ頂くのがよいかもしれません。

元の投稿で解決策を見る

コミュニティ 受理解決策
返答(返信) (4)
モデレーター
モデレーター

st89さん

 

ラボマシンにOneFS 9.2以降がなく実機確認ができないので以下情報を確認してみました。

 

Cluster Configuration export & importってなに?しらべてみました!!
OneFS Cluster Configuration Export & Import

 

これらを見ると/ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/backup配下にexport-id名のディレクトリが作成され、そのディレクトリ内に複数のJSON形式のファイルが入っており、そのJSONファイルの中に構成情報が保存されるというつくりになっているようです。

 

そのために、そのJSONファイルが入ったexport-id名と同じディレクトリの情報を、別のPowerScale(もちろんOneFS 9.2以降)の/ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/backup配下にコピーすれば、「# isi cluster config imports create <コピーしたディレクトリ名>」でインポートできそうなのですが、この方法をお試しいただいてもうまく動作しなかったということでしょうか。

ご返信いただき、有難うございました。

 

いただいたコマンドを実行してみたのですが、Created import taskと表示はされるのですが、import listを実行すると、

ERROR: No backup file found for:<コンポーネント名>, Job ID: <ディレクトリ> stop restore!

となって、実際に設定もできていないようです。

事前にフォルダを作って、--component=smbでSMBだけを指定したり、ディレクトリ名ではなくファイル指定もしてみたのですが、うまくいかずです。

(私のやり方が悪いだけかもしれませんが、、、)

 

すみませんが、ご確認をお願いいたします。

モデレーター
モデレーター

st89さん

 

ラボ環境がなかったので、OneFS 9.3.0のシミュレーターで2つクラスタ(どちらも3ノード構成)を作成して試してみたところ、インポート先クラスタの/ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/配下にエクスポート元のexport-idのディレクトリをコピーして、「# isi cluster config imports create <export-idディレクトリ名>」をインポート先クラスタから実行することで、構成のインポートをすることが出来てしまいました・・・

 

ちなみに最初インポート先のクラスタには/ifs/data/Isilon_supportまでしかディレクトリが存在していなかったので「# mkdir -p /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/」でディレクトリを明示的に作成してからインポート処理を開始しています。

 

以下が結果で、3回目から成功していますがこれは意図的に以下のような実行をしているためです。
(エクスポート元のクラスタではCIFSとNFSをEnableにしてあり、CIFS共有を作成し、それがインポート先に反映されるのかを確認しました)

 

 

1回目:インポート先の各ソフトウェアライセンスを無効にしたままインポートを実行
2回目:ライセンスは有効にしたが、意図的にCIFSとNFSをDisableのまま(Enableに変更しない状態で)インポートを実行
3回目:CIFSとNFSをEnableにした後(というか2回目の実行後勝手にEnableになっていました・・・)インポートを実行
4回目:インポート先のOneFSでも一度エクスポートを実行してからインポートを実行(最初に明示的にディレクトリをつくってしまったので、内部的に必要なパスが通ってないかもという考えからこの項目も入れました)
5回目:インポート先クラスタを3ノードから4ノードに増やしてからインポートを実行

 

 

# isi cluster config imports list
ID                  Export ID                Status     Done                                                      Failed                              Pending  Message                                             Path                      
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
i930-20220523151055 isilon930-20220523150125 Failed     ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] ['quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb'] []       Components: ['quota', 'snapshot'] are not licensed. /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151055
i930-20220523151328 isilon930-20220523150125 Failed     ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] ['nfs']                             []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151328
i930-20220523151610 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523151610
i930-20220523152000 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523152000
i930-20220523152947 isilon930-20220523150125 Successful ['http', 'quota', 'snapshot', 'nfs', 'smb', 's3', 'ndmp'] []                                  []                                                           /ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/restore/i930-20220523152947
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Total: 5

 

結果は上記にあるように

1回目: 失敗
2回目: 失敗
3回目: 成功
4回目: 成功
5回目: 成功

です。また、2回目に失敗した後にGUIを見てみた感じだと、2回目の時点ですでに構成情報はインポート先にすべて反映されているように見えました(結果は失敗ですが)。

 

そのために、他クラスタへの構成情報インポート方法は想定していた方法で間違えていなさそうです。。

 

もしかするとst89さんの環境ではインポート先のライセンス等を含むクラスター構成がエクスポート元のクラスターと異なっているために失敗している可能性があるので、一度ご確認いただき、全く同じ構成であるのにインポートに失敗している場合は障害の可能性もあるので、サポートにお問い合わせ頂くのがよいかもしれません。

コミュニティ 受理解決策

ご返信有難うございます。

改めて、/ifs/data/Isilon_Support/config_mgr/backupにフォルダを用意し、importを実行した結果、1度目は共有が作成されたがfail、2度目はSuccessfulになりました!(ディレクトリ名のところを読み違えてパスにしてしまっていました。。。。)

また、ライセンスやサービスは事前に有効化しておく必要がある、ディレクトリも作っておいた方がいいというのも理解しました。

ご確認いただき、有難うございました!

トップコントリビューター
最新のソリューション