ナレッジベース

Ubuntu 16.04 オペレーティングシステムを搭載した Dell PC でバーチャルワークスペースを有効化する方法



この記事では、Ubuntuオペレーティングシステムを搭載したPCでワークスペースを有効化する方法についての情報を提供します。


目次:

  1. はじめに
  2. GUIを使用した解決策
  3. ターミナルを使用した解決策
  4. 追加情報 :

1. はじめに

この記事では、Ubuntu 16.04でバーチャルワークスペースを有効化するためのいくつかの異なる方法について案内します。

まずは、バーチャルワークスペースとは何か、およびなぜこの機能を有効化する必要があるのかについて簡単に説明します。

バーチャルワークスペース

これは何年もの間、Ubuntuが活用してきたユーティリティの名前です。ワークスペースは自動的に有効化されなくなった一方で、まだ各Ubuntuデスクトップインストールの一部として存在します。

このユーティリティにより、一度に複数のバージョンのデスクトップを開くことができます。あるデスクトップで進行中のプロジェクト用のアプリケーションを全て起動する一方で、別のデスクトップでは音楽やビデオを再生するためのアプリケーションを使用し、さらに別のデスクトップではまた異なるアプリケーションを開くなどです。これらのデスクトップは、キーボードショートカットを使用して移動したり、ご利用のシステムの使用環境を整理するのに役立ちます。

最近、似たような機能が最新のWindows 10 オペレーティグシステムに追加されました。

有効時、この機能のデフォルトは3Dキューブ内に配置された4つのウィンドウとなります。必要に応じてウィンドウの数を増やすことができます。

メモ:
スーパーキー+Sキーを押すと、画面上の全てのワークスペースの内容を表示します。

Ctrl+Alt+矢印キーを押すと、使用されている矢印の方向へワークスペースウィンドウを変更します。

Shift+Ctrl+Alt+矢印キーを押すと、現在のウィンドウを必要なワークスペースへ切り替えます。

スーパーキー はまた、 Windows キー (Win キー) として知られています。


トップに戻る


2. GUIを使用した解決策

この機能を有効化するためにGUIウィンドウを使用する場合、以下の手順に従ってください:

  1. ダッシュをクリックし Appearance (外観) と入力します。

  2. 画面上に Appearance (外観) アイコンが表示されたら、そちらをダブルクリックします。

  3. Look (外観) タブから Behaviour (挙動) タブへ変更します。

  4. Enable Workspaces (ワークスペースを有効にする) と記載されたチェックボックスを探します。
  5. 該当するボックスにチェックを付けます。


トップに戻る


3. ターミナルを使用した解決策

この機能を有効化するのにターミナルウィンドウを使用する場合、以下の手順に従ってください:

  1. キーボードショートカット Ctrl+Alt+T キー使用し、ターミナルウィンドウを開きます。

  2. ワークスペースを有効化し通常のキューブ構成をセットアップするため、以下の二つのコマンドを実行します:
    gsetting

gsettings set org.compiz.core:/org/copmiz/profiles/unity/plugins/core/ hsize 2

gsettings set org.compiz.core:/org/copmiz/profiles/unity/plugins/core/ vsize 2

メモ:hsize と vsizeを2より大きくすることで、ワークスペースページの数を増やすことができます。3へ増やすと、それぞれ3つずつのシステムとなります。


トップに戻る


追加情報 :

メモ:
以下の方法を通じて、 Canonical よりソフトウェアサポートが提供されています:

テクニカルサポートはDell より提供されます:


トップに戻る





Quick Tips(クイックヒント)の内容は、問題を日々解決するDellサポート担当者によって公開されます。 迅速な公開を実現するため、Quick Tipsは部分的な解決策や対処方法のみを示すことがあり、これらはまだ開発段階であるか、問題を無事解決できることを裏付けるさらなる検証を保留中のものです。 こうしたQuick Tipsは、Dellが確認、検証、承認をしていないため、適切に注意して利用する必要があります。お客様がQuick Tipsにある手順やアドバイスに従うことにより被るデータの喪失、利益の損失、収入の損失などの一切の損失について、Dellは責任を負いません

記事ID: SLN299511

最終更新日: 2017/06/13 00:05


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。