Dell™ Venue 7およびVenue 8のセキュリティ機能

Dell™ Venue 7およびVenue 8のセキュリティ機能


メモ: スクリーンショットは英語版です。実際は、選択した言語で表示されます。

お使いのタブレットのAndroidオペレーティングシステムには、情報の保護に役立つさまざまな機能があります。

  1. ホームページで最下段中央の「Apps(アプリ)」アイコンにタッチして、すべてのアプリを表示します(図1)。
    「Apps(アプリ)」アイコン
    図1: Apps(アプリ)アイコン

  2. 「Settings(設定)」 アイコンにタッチします(図2または図3。アプリの2枚目のページにスワイプする必要がある場合があります)。
    または、「Settings(設定)」アイコン
    図2図3: 「Setting(設定)」アイコン

  3. 左側で、スクロールダウンして「Personal(パーソナル)」セクションまで移動し、「Security(セキュリティ)」アイコンをタッチして、Androidのセキュリティ機能にアクセスします。
  4. 「Screen Lock(スクリーンロック)」をタッチします。
    メモ: スライダ以外のセキュリティアンロックを設定した場合は、後でそのアンロックを使用してセキュリティオプションを変更する必要があります。
    • Slider(スライダ) - デフォルトでは、ロックアイコンを右にスライドするとAndroidの起動画面がアンロックされます。この画面ロックは安全とは言えず、このスライダを使えば誰でもアンロックできてしまいます。
    • Face Unlock(フェイスアンロック) - Webカメラを使用して顔認識を設定できます。顔の似た人であればアンロックできる可能性が残るため、PINやパスワードよりも安全度が劣ります。顔認識を使用する場合は、「Face Unlock(フェイスアンロック)」をタッチし、画面の指示に従います。
    • Pattern(パターン) - パターンアンロックを使用するには、9個の点から成るグリッドを指でなぞってタッチパターンを入力します。パターンの入力と確認を完了した後は、タブレットの起動時に毎回グリッドが表示され、パターンをなぞってタブレットをアンロックする必要があります(図4)。


      図4: パターン例 どのようなパターンでも設定できます。

    • PIN - タブレットをロックおよびアンロックするための4桁の個人識別番号(PIN)を設定できます。確認のために2回入力します。
    • Password(パスワード) - パスワードは仮想キーボードを使用して設定できます。確認のために2回入力します。


    Encryption(暗号化) - 「Security(セキュリティ)」 セクションには、タブレットを暗号化するためのオプションがあります。自分のアカウント、設定、ダウンロードしたアプリとそのアプリのデータ、メディア、およびその他のファイルを暗号化できます。タブレットを暗号化した場合は、PINまたはパスワードを入力して復号化する必要があります。PINまたはパスワードを入力できない場合は、工場出荷時の状態に戻す以外に方法がなく、その場合はすべてのデータが消去されます。

    メモ: 暗号化には1時間以上かかります。暗号化する場合は、あらかじめタブレットのバッテリを充電しておき、暗号化が完了するまでタブレットをコンセントにつないでおいてください。暗号化処理が中断されると、データの一部またはすべてが失われます。



記事ID: SLN268391

最終更新日: 2015/05/13 10:47


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。