Skylakeチップセット搭載システムにWindows 7をインストールする方法

Skylakeチップセット搭載システムにWindows 7をインストールする方法



Intel Skylakeプロセッサーを搭載したシステムにWindows 7をインストールするには、使用されているWindows 7イメージを変更する必要があります。ここでは、NVMeドライブおよびUSB 3.0用のWindows 7イメージを準備する方法およびこのイメージを使用してインストール メディアを作成する方法を学習します。


目次:

  1. 準備
  2. イメージの変更
  3. インストール メディアの作成
  4. Windows 7のインストール

1.準備

イメージを変更する前に、変更の準備をしたり、必要なファイルを取得したりする必要があります。

  1. Cドライブに「temp」という名前のフォルダーを作成してから、次のサブフォルダーを作成します。

    図1: tempフォルダーのサブフォルダー
    • C:\temp\src
    • C:\temp\mount
    • C:\temp\winremount
    • C:\temp\hotfix
    • C:\temp\drivers
  2. 次のこのリンク(Drivers.zip)から、必要なIntel RSTおよびUSB 3.0ドライバーをダウンロードします。
    このファイルは、Windowsの内部圧縮エンジンでエラーが表示されるため、外部のZipソフトウェア(WinZip、7Zip、Winrarなど)を使用して解凍してください。
  3. ファイルを解凍し、フォルダーごとC:\temp\driversにコピーします。
  4. 次のMicrosoft Windows修正プログラムをダウンロードして解凍します。
  5. 解凍した修正プログラムからC:\temp\hotfixに.msuファイルをコピーします。

    図2: 解凍されコピーされた修正プログラム
  6. すべてのファイルとフォルダーを、Windows 7 DVD oderイメージからC:\temp\srcにコピーします。

次のステップに進み、Windows 7イメージを変更します。

トップに戻る


2.イメージの変更

管理者権限でコマンド プロンプトを開きます。[スタート]を開き、「CMD」と入力します。[コマンド プロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

次のコマンドを1つずつ入力して、Enterキーで確定します。

  • dism /Mount-Wim /WimFile:c:\temp\src\sources\boot.wim /Index:1 /MountDir:c:\temp\mount
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Package /PackagePath:c:\temp\hotfix

    図3: コマンド プロンプトの修正プログラムのコマンド
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse
  • dism /Unmount-Wim /MountDir:C:\temp\mount /Commit
  • dism /Mount-Wim /WimFile:c:\temp\src\sources\boot.wim /Index:2 /MountDir:c:\temp\mount
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Package /PackagePath:c:\temp\hotfix
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse

Windowsエクスプローラーを開きC:\temp\mount\sourcesに移動します。[Date modified(更新日)]でファイルを並べ替えます。

図4: 並び替えられたソース フォルダー

変更されたすべてのファイルをC:\temp\src\sourcesにコピーします。

コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enterキーで確定します。

  • dism /Unmount-Wim /MountDir:C:\temp\mount /commit

変更するinstall.wimインデックスを特定する必要があります。インデックスは、変更する特定のWindowsバージョンを表します。次のコマンドを入力して、使用可能なインデックスのリストを取得します。

  • dism /Get-WimInfo /WimFile:c:\temp\src\sources\install.wim

次のコマンドで、特定のWindowsバージョンのインデックス番号を使用します。

  • dism /Mount-Wim /WimFile:c:\temp\src\sources\install.wim /Index:[INDEXNUMBER] /MountDir:c:\temp\mount
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Package /PackagePath:c:\temp\hotfix
  • dism /Image:C:\temp\mount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse

リカバリーのインデックスは常に1です。次のコマンドを使用して、リカバリーを変更します。

  • dism /Mount-Wim /WimFile:c:\temp\mount\windows\system32\recovery\winre.wim /Index:1 /MountDir:c:\temp\winremount
  • dism /Image:C:\temp\winremount /Add-Package /PackagePath:c:\temp\hotfix
  • dism /Image:C:\temp\winremount /Add-Driver /Driver:c:\temp\drivers /Recurse

以下のコマンドを使用して、変更プロセスを完了します。

  • dism /Unmount-Wim /MountDir:C:\temp\winremount /Commit
  • dism /Unmount-Wim /MountDir:C:\temp\mount /Commit

トップに戻る


3.インストール メディアの作成

変更したWindows 7をインストールする前に、変更されたファイルでインストール メディアを作成する必要があります。通常のフォルダーにあるファイルしか取得できないため、このフォルダーからISOファイルを作成する必要があります。これには、Microsoftのツールoscdimgを使用します。この場所(外部サイトwww.sevenforums.com)外部リンクからダウンロードできます。

ファイルを解凍し、oscdmig.exeをC:\Windows\System32\にコピーします。次の手順に従ってください。

  • 管理者権限でコマンド プロンプトを開きます。[スタート]を開き、「CMD」と入力します。[コマンド プロンプト]を右クリックし、[管理者として実行]を選択します。
  • 次のコマンドを入力し、Enterキーで確定します。
    oscdimg.exe -b[パス]efisys.bin -u2 -udfver102[ファイルへのパス][イメージを作成するパス]Win7_image.iso
    正しいパスを使用して、これらのコマンドを編集します。例: oscdimg.exe -bC:\temp\src\efi\microsoft\boot\efisys.bin -u2 -udfver102 C:\temp\src\ C:\temp\Win7_image.iso

  • 図5: oscdimgでISOを作成する

このISOを使用して、インストール メディアを作成できます。Microsoftメディア作成ツール外部リンクを使用して、メディアを作成します。


図6: メディア作成ツール

トップに戻る


4.Windows 7のインストール

Windows 7を通常どおりインストールできるようになりました。ナレッジ ベース文書SLN130608に、Windows 7をクリーン インストールする方法のチュートリアルがあります。

トップに戻る








記事ID: HOW11804

最終更新日: 2018/10/16 12:48


この記事を評価する

正確
有益
分かりやすい
この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
フィードバックをお寄せください
コメントでは、以下の特殊文字は利用できません: <>()\
申し訳ありませんが、フィードバックのシステムは現在ご利用いただけません。後でもう一度試してください。

フィードバックをありがとうございます。