メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

iDRAC:iDRAC設定情報のエクスポートおよびインポート

概要: この記事では、iDRAC Webコンソールで設定されている設定情報をエクスポートおよびインポートする方法を説明します。ただし、Webコンソールで操作できるのはiDRAC9だけです。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

iDRAC9以降はGUIをサポートしていますが、iDRAC7/8ではCLIしかサポートしていないことに注意してください。

 

CLIの使用手順

事前準備:

  • RACADMがインストールされていない場合は、DRACツールをインストールします。
  • racadm -r "iDRAC IP address" -u "iDRAC user ID" -p "iDRAC password" getversion」コマンドを実行して、iDRACのバージョンを確認します。
    コマンド例:racadm -r 192.16.1.120 -u root -p calvin getversion

 

エクスポート手順
次のコマンドを実行して、XMLファイルをエクスポートします。「racadm -r "iDRAC IP address" -u "iDRAC user ID" -p "iDRAC password" get -t xml -f "File path/filename of export destination"

コマンド例:racadm -r 192.168.0.120 -u root -p calvin get -t xml -f C:\iDRAC_config.xml

メモ: ファイル名/ファイル パスは一例です。任意のエクスポート先/ファイル名を指定してください。

事前準備の手順で確認したiDRACバージョンが1.xの場合のみ、XMLファイルにアラート情報が含まれていません。
そのため、「racadm -r "iDRAC IP address" -u "iDRAC user ID" -p "iDRAC password" get -t ini -f "file path/file name"」コマンドを実行して、アラート情報(iniファイル)をエクスポートします。
コマンド例:racadm -r 192.168.0.120 -u root -p calvin get -t ini -f C:\iDRAC_config.ini

 

インポート手順
次の手順に従って、エクスポートした情報をインポートします。

  1. iDRACバージョン1.xの場合のみ、次のコマンドを実行して、アラート情報(iniファイル)をインポートします。「racadm -r "iDRAC IP address" -u "iDRAC user ID" -p "iDRAC password" set -t ini -f "file path/filename of file to be imported"
    コマンド例:racadm -r 192.168.0.120 -u root -p calvin set -t ini -f C:\iDRAC_config.ini

  2. racadm -r "iDRAC IP address" -u "iDRAC user ID" -p "iDRAC password" set -t xml -f "file path/filaname of the file to be imported"」コマンドを実行して、XMLファイル(system config)をインポートします。
    コマンド例:racadm -r 192.168.0.120 -u root -p calvin set -t xml -f C:\iDRAC_config.xml

    メモ: iDRACの交換後にインポートする場合は、iDRACのパスワードはデフォルトのパスワードを入力してください。

  3. システムが再起動するまで待ちます。
    システムが自動的に再起動しない場合は、手動で再起動します。

 

iDRACの各ユーザーのパスワードはリストアされないため、各ユーザーのパスワードを変更してください。
また、すべてのパスワードがリストアされるわけではないため、必要に応じてプロキシやVNCサーバーなどのリストアを行ってください。

 

GUIの使用手順

メモ: GUIでの操作をサポートするのはiDRAC9だけです。

エクスポート手順

  1. iDRAC Webコンソールにログインします。

  2. メニューバーから、[Configuration]>[Server Setting Profile]を選択します。
    HOW17057_ja__5iDRAC9_Settings

  3. Export]を展開し、各設定をデフォルトのままにして[Export]をクリックします。
    HOW17057_ja__6iDRAC9_export config

  4. ポップアップ メッセージで[Save as Local]をクリックして、任意の場所に保存します。
    HOW17057_ja__7iDRAC9_save to local

 

インポート手順
次の手順に従って、エクスポートした情報をインポートします。

  1. 手順2まで、上記のエクスポート手順に従います。

  2. Import]を展開し、各設定をデフォルトのままにして[Import]をクリックします。
    HOW17057_ja__8iDRAC9_import config

 

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Servers, PowerEdge

最後に公開された日付

08 1月 2024

バージョン

10

文書の種類

How To