メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

インテル ラピッド ストレージ テクノロジー ソフトウェアの概要

概要: この記事では、インテル ラピッド ストレージ テクノロジー アプリケーションとその機能(ラピッド リカバリー、ラピッドRAID、コマンド キューイングなど)の概要を説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

原因

原因に関する情報はありません。

解決方法

概要:

インテル ラピッド ストレージ テクノロジーは、Windowsベースのアプリケーションであり、デスクトップ、モバイル、およびサーバー プラットフォーム用のSATAディスクを搭載したコンピューターのパフォーマンスと信頼性を向上させます。使用するSATAディスクドライブの数に関係なく、パフォーマンス向上と消費電力削減のメリットが得られます。複数のディスクを使用する場合は、ディスク障害時のデータロス防止を強化できます。

トップに戻る


RAID対応コンピューターの機能:

  • インテル ラピッド リカバリー テクノロジー - このテクノロジーは、完全なデータ冗長性を提供します。指定されたソース ドライブ(プライマリー ディスク)から、指定された宛先ドライブ(リカバリー ディスク)にデータをコピーします。リカバリボリュームのデータアップデートは、継続的に行うことも、必要に応じて行うことも可能です。
  • インテル ラピッドRAID - このテクノロジーにより、デスクトップ プラットフォームおよびモバイル プラットフォームでRAID 0、RAID 1、RAID 5、およびRAID 10ボリュームを作成できます。データを複数のディスクに分散させることで、データの冗長性を確保したり、データストレージのパフォーマンスを向上させたりします。
  • インテル マトリクスRAIDテクノロジー - このテクノロジーにより、2つの独立したRAIDボリュームを単一のアレイに作成できます。1番目のボリュームがアレイの一部を使用し、2番目のボリュームが残りの部分を使用します。アレイはボリュームのタイプによって2台から6台のSATAディスクで構成されます。
  • ネイティブ コマンド キューイング - この機能により、SATAディスクが複数のコマンドを同時に受け入れることができます。NCQをサポートする1台以上のディスクでこの機能を使用すると、ランダムなワークロードにおいてストレージ性能が向上します。これは、ディスクが内部的にコマンドの順序を最適化することで可能になります。
  • 2 TBを超えるディスク容量(オプションROMがそのサイズに対応している場合)- この機能は、2 TBを超える容量のハード ディスクとSSDに対応しています。パススルー デバイス(使用可能)として報告されている、またはRAID構成で使用されているストレージ ドライブ。また、コンピューターのオプションROMのバージョンがこの機能をサポートしている場合は、2 TBを超えるコンピューター ディスクからの起動が可能です。
  • パスワード保護ディスク - この機能により、ディスクのデータをパスワードで保護し、権限のないユーザーのアクセスを拒否することで、ハイレベルのセキュリティと保護を確保できます。

トップに戻る


AHCI対応コンピューターの機能:

Advanced Host Controller Interface (AHCI)はインターフェイス仕様であり、ストレージ ドライバーで高度なSATA機能が自動的に有効になるようにします。これらの機能には、お使いのコンピューターに接続されているSATAディスクのネイティブ コマンド キューイングやネイティブ ホット プラグなどが含まれます。AHCI対応コンピューターでは、次の機能がサポートされています。

  • ネイティブコマンドキューイング
  • ホットプラグ
  • 2 TBを超えるディスク容量(オプションROMがそのサイズに対応している場合)
  • パスワード保護ディスク

トップに戻る


メインプログラムの機能:

  • 「Status(ステータス)」 - このメイン画面では、ストレージデバイスのステータスを確認できます。
  • 管理]- この領域には、ストレージ コンピューターの一部である各要素の詳細情報が表示されます。ボリュームやディスクなどの要素があります。[ストレージ コンピューター]ビューには、選択した要素と他の要素との関係が表示されます。各要素には独自の[管理]領域があり、[ステータス]または[管理]で[ストレージ コンピューター]ビューに表示されたいずれかの要素をクリックすると表示されます。
  • [高速]または[パフォーマンス](バージョンによって異なります)- 内蔵SSDを、コンピューターに存在するディスクまたはボリュームの不揮発性インテリジェント キャッシュとして使用するように設定できます。頻繁にアクセスするデータをキャッシュに移動すると、コンピューター全体のパフォーマンスを向上させることができます。システム メモリーを追加することなく、読み取り/書き込みアクセス速度を向上させ、起動時間を短縮します。
    この機能では、保存データをSATAディスク自体ではなくキャッシュに保持してそこから読み取るため、モバイル コンピューターの電力効率が向上します。
  • 「Preferences(個人設定)」 - システムの個人設定では、通知領域アイコンを表示するかどうかを設定できます。受信する通知のタイプを選択できます。ストレージ コンピューターの警告やエラーなどの通知や、アプリケーションの終了中に報告された問題が通知されます。

トップに戻る

その他の情報


保証期間外サポート保証対象外ですか?大丈夫です。Dell.com/support Webサイトにアクセスして、お使いのDell製品のサービス タグを入力し、デル・テクノロジーズのサービスをご確認ください。

メモ: 本サービスは、米国カナダ英国フランスドイツ中国日本 の個人向けPCのお客様のみが利用できます。サーバーとストレージには適用されません。

文書のプロパティ


最後に公開された日付

10 11月 2022

バージョン

6

文書の種類

Solution