メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単にご注文が可能
  • 注文内容の表示、配送状況をトラック
  • 会員限定の特典や割引のご利用
  • 製品リストの作成とアクセスが可能
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

Dellコンピューターのネットワーク インターフェイス カードおよびEthernetポートについてよくある質問/FAQ

概要: この記事では、Dellコンピューターのネットワーク インターフェイス カード(ネットワーク インターフェイス コントローラー、ネットワーク アダプター、LANアダプター、または物理ネットワーク インターフェイスとも言う)ポートに関するよくある質問/FAQへの回答を記載しています。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


手順

ロゴEthernet

この記事では、Dellパーソナル コンピューターのネットワーク インターフェイス カード(ネットワーク インターフェイス コントローラー、ネットワーク アダプター、LANアダプター、または物理ネットワーク インターフェイスとも言う)ポートについて説明するために、エンド ユーザーからのよくある質問/FAQと、それらへの明確な回答を記載しています。

質問は、ポートの外観に関するものから不具合が発生した場合のトラブルシューティングの方法まで多岐にわたります。

下に必要な回答があるはずです。見つからない場合は、最寄りのサポートにお問い合わせください。

トップに戻る


よくある質問/FAQ

 

メモ: コンテンツを表示するには、以下のセクションのタイトルをクリックしてください。

 

ネットワーク アダプター ポートとは何ですか?また、どのような機能がありますか?

ポートまたはコネクター:

Dell製パーソナル コンピューターのポートまたはコネクターには、ポートに接続しているプラグまたはデバイスと一致する穴またはスロットがあります。

ネットワーク インターフェイス カード(ネットワーク インターフェイス コントローラー、ネットワーク アダプター、LANアダプター、または物理ネットワーク インターフェイスとも言う):

以前から、ネットワーク インターフェイス カードは、Ethernetネットワークへの専用フルタイム接続をコンピューターに提供しています。ローカル エリア ネットワーク(LAN)上のパーソナル コンピューターおよびワークステーションには、通常はLAN伝送技術用に設計されたネットワーク インターフェイス カードが装備されています。

機能のしくみ

コンピューターはネットワーク インターフェイス カード(ネットワーク アダプター)を使用してネットワークの一部になります。ネットワーク アダプターは、有線Ethernet接続を使用して通信するために必要なハードウェアです。通常、初期のNICは、PCIバスを介してコンピューターのマザーボードに接続されている拡張カードで構成されています。この単独のカードには、電子回路と物理的なコネクターが含まれています。

Ethernet接続は、パーソナル コンピューターやワークステーション コンピューターで最も広く使用されているネットワーク接続です。実際には、イーサネットはハードウェアと通信プロトコルの両方を表すコンピュータ・ネットワーク・テクノロジーの規格です。イーサネットは、大部分の他の有線ネットワークテクノロジーで使用されています。

ほとんどの最新コンピューターにはマザーボードにネットワーク アダプターが直接組み込まれているため、Ethernetが広く使用されています。異なる種類のネットワークに接続している場合を除いて、別のネットワーク カードは必要ありません(通常、ほぼ使用することはありません)。マザーボードに統合されているEthernet接続は、一般的に内蔵ネットワーク アダプターと呼ばれます。

Ethernet接続では、RJ45コネクターと呼ばれる標準プラグを使用します。RJregistered jack(登録済みジャック)の略で、45インターフェイス規格の数を意味します。

さまざまなタイプのEthernetケーブル(CAT3~CAT7)が使用可能ですが、ほとんどのケーブルがRJ45コネクターを使用して接続します。ネットワーク アダプター ポート接続部の上部に組み込まれている小さな緑色とオレンジ色のLEDライトは、接続がアクティブで、データが送信されているかどうかを示します。ただし、得られるパフォーマンスは、使用しているケーブルのバージョンにある程度依存します。

Ethernetケーブルはホットスワップ可能なので、パーソナル コンピューターの電源が入っていて作動している状態でも、抜き差しすることができます。

どのタイプのネットワーク アダプター ポートがよく使われていますか?

現在、使用されているネットワーク アダプター ポートのタイプは1つだけですが、ポート間の転送可能速度は徐々に上がっています。

コネクターとプラグは経時的に変化しませんが、ハードウェア、ケーブルと関連するソフトウェア プロトコルは、転送レートが2.94 Mb/秒から最新の100 Gb/秒(ギガビット)まで向上しています。しかしこの速度も、2020年までに400 Gb/秒に向上すると予想されています(図1)。

電源を供給するソケットではないため、接続するデバイスは電源を搭載している必要があります。

ポート ネットワーク ポート プラグ ネットワークRJ45コネクター
図1: ネットワーク ポートおよびネットワークRJ45コネクター

イーサネットのバージョンにはどのようなものがあり、またどのような意味があるのですか?

Ethernetのリビジョンは、時間の経過に伴って転送速度を向上させた技術の変化を示しています。

Ethernet

Ethernet IEEE 802.3パケットは1980年に終了しました。

10BaseX - メディア タイプが10 Mb/秒。互換性のあるケーブル タイプについては、ケーブル カテゴリー タイプの表で確認してください。

EthernetのEtherは、銅線、ファイバーから、電波まであらゆるメディア タイプを使用できることを表しています。

Ethernetは、Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection (CSMA/CD)、論理リンク制御(LLC)、サービス アクセス ポイント(SAP)、ソース サービス アクセス ポイント(SSAP)、宛先サービス アクセス ポイント(DSAP)、個別/グループ(I/G)ビット、MACアドレス内のUniversally/Locally Administered (U/LA)ビット、およびSubnetwork Access Protocol (SNAP)を使用します。

ファストイーサネット

イーサネットIEEE 802.3uパケットは、ファストイーサネットフレームワークとして定着しました。

100BaseX - メディア タイプが100 Mb/秒。互換性のあるケーブル タイプについては、ケーブル カテゴリー タイプの表で確認してください。

Fast EthernetはEthernetと同じCSMA/CDとフレーム フォーマット テクノロジーを使用しますが、主な違いは、セグメントを横切る信号の最大遅延が51.2マイクロ秒から5.12マイクロ秒まで低下したことです。

ギガビットイーサネット

イーサネットIEEE 802.3zパケットは、ギガビット・イーサネット・フレームワークとして定着しました。

1000BaseX - メディア タイプが1 Gb/秒。互換性のあるケーブル タイプについては、ケーブル カテゴリー タイプの表で確認してください。

ギガビットEthernetの原理はEthernetおよびFast Ethernetと同じですが、物理的な完成度が異なります。

CSMA/CD半二重モードで必要な標準Ethernetスロット時間は、100 m以上の銅線での実行には十分ではありません。このため、512ビットのスロット時間を保証するためにキャリア拡張が使用されます。

将来のイーサネット

将来のイーサネットはさらに向上します。2020年までに速度は400ギガビットになることが予想されます。

10GBaseXと40GBaseX - 互換性のあるケーブル タイプについては、ケーブル カテゴリー タイプの表を確認してください。

ケーブルの種類の違いとカテゴリの違いについて教えてください。

ケーブルの種類

Ethernetケーブルには、次の3つの基本的なタイプがあります。

  1. 同軸 - Co-AxialはThinnetThicknetで構成されていました。現在、これらの規格は、廃止され使用されなくなっています。

  2. ツイスト ペア - ツイスト ペアには、いくつかの組み合わせとカテゴリー(CAT3、4、5など)がありました。

    1. 非シールド・ツイスト・ペア(UTP) は、最も基本的なタイプのケーブルで、1つのシース内に1組の導線を含む4本の導線で構成されています。このケーブルは網組/非シールド・ツイスト・ペア(S/UTP)に改良され、内部導体とシースの間にシールドが追加されています。ケーブルが他のケーブルとのクロストークから遮蔽されていますが、導体ペア間の内部クロストークからは遮蔽されません。

    2. シールド・ツイスト・ペア(STP)は、ペアになっている4本の導線で構成され、各ペアはシングルシースでシールド処理されていました。これにより、内部クロストークから保護されますが、他のケーブルからの干渉からは保護されません。このケーブルは網組/非シールド・ツイスト・ペア(S/UTP)に改良され、内部と外部の両方のクロストークや干渉から保護するために外部シールドがケーブルに追加されています。

    3. ソリッドとは、ケーブル内の導体ペアごとに使用される単体の銅線です。ソリッドは、壁、床、屋外での恒久的な設置に適しており、耐久性に優れています。

    4. より線とは、ケーブル内で導線ペアを形成するために、より合わされた銅線を指します。デバイス間の内部接続には、より線が適しています。柔軟性が高いので、ケーブルを頻繁に移動する状況での使用に適しています。

  3. ファイバ オプティックス - ファイバ オプティックスにはシングルモードおよびマルチモードがあり、長距離の接続に適しています(500 m以上)。

カテゴリの種類

ケーブル名 ケーブルタイプ スピード 最大セグメント長
10Base2 同軸RG-58 Thinnet 10 Mb/秒 185 m
10Base5 同軸RG-8 Thicknet 10 Mb/秒 500 m
10BaseT UTP(CAT 3) 10 Mb/秒 100 m
10BaseT UTP(CAT 5) 100 Mb/秒 100 m
10BaseF ファイバ オプティックス 10 Mb/秒 2 km
100BaseT4 UTP4ペア(CAT 3、4、5) 100 Mb/秒 100 m
100BaseTX UTP/STP2ペア(CAT 5) 100 Mb/秒 100 m
100BaseFX ファイバ オプティックス(2本より線) 100 Mb/秒 2 km
1000BaseSX ファイバ マルチモード 1000 Mb/秒 550 m
1000BaseLX ファイバ マルチモード 1000 Mb/秒 550 m
1000BaseLX ファイバ シングルモード 1000 Mb/秒 5 km
1000BaseCX UTP 1000 Mb/秒 25 m
1000BaseT UTP(CAT 5e) 1000 Mb/秒 100 m
1000BaseTX UTP(CAT6) 1000 Mb/秒 100 m
10GBaseT UTP(CAT 6a、7) 10 Gb/秒 10 m
10GBaseLX ファイバ マルチモード 10 Gb/秒 100 m
10GBaseLX ファイバ シングルモード 10 Gb/秒 10 km
10GBaseSR ファイバ マルチモード 10 Gb/秒 300 m
10GBaseLR ファイバ シングルモード 10 Gb/秒 10/25 km
10GBaseER ファイバ シングルモード 10 Gb/秒 40 km
10GBaseSW ファイバ マルチモード 10 Gb/秒 300 m
10GBaseLW ファイバ シングルモード 10 Gb/秒 10/25 km
10GBaseEW ファイバ シングルモード 10 Gb/秒 40 km

ジョブに最適なケーブルを選択する方法を教えてください。

ネットワークケーブルは外観が似ていて、コネクタも同じですが、内部に大きな違いがあります。ケーブルの側面に印刷されたテキストで、ケーブルの種類を確認することができます。

お使いのケーブルは銅線のツイストペア ケーブルで、CAT5とCAT6の中間に位置する可能性があります。他にもケーブルがありますが、現在これが最も一般的なケーブルです。

カテゴリ5

カテゴリ5のケーブルは、古いタイプのネットワークケーブルです。10~100 Mb/秒の転送速度をサポートしています。これらのケーブルは、現在店舗で購入することはできません。また、旧式のルーターやスイッチなど古いデバイスで使用される傾向があります。

CAT5e

カテゴリー5の拡張ケーブルは、1000 Mb/秒を実現し、外部および内部クロストークを軽減します。現在入手可能なケーブルのほとんどはCAT5eです。

CAT6

カテゴリー6ケーブルは、10 Gb/秒の速度を実現し、クロストークもさらに改善されています。新しくケーブルを購入すると、CAT6以上になります。

ケーブルの種類と用途の詳細については、上記のケーブル カテゴリー タイプの表を参照してください。

メモ: ネットワークは、セットアップの最も遅い速度まで低下します。Gbポート、Gbルーター、スイッチなどを使用している場合、ケーブルがそれらの速度にも対応していることを確認してください。

ネットワーク アダプター ポートでデバイスが検出されない、または障害が発生しているという問題を解決する方法

ハードウェアのトラブルシューティング

一般的な有線ネットワークの障害は、次の3つのカテゴリーに分類されます。

  • 接続できない。
  • 接続が断続的になる
  • 接続速度が遅い。

ただし、いくつかのトラブルシューティング手順はすべての障害に共通しています。

  1. ネットワーク インターネット接続(ネットワーク アダプター)ポートまたはケーブルに損傷がないことを確認してください。

    1. 損傷がある場合は、保証ステータスを確認してください。Complete Careに入っていない場合、修理は有料になります。

    2. 損傷がない場合は、ガイドの次の手順に進んでください。

  2. ネットワーク ケーブルがパーソナル コンピューターの背面とルーターまたはネットワークの接続部にしっかりと接続されていることを確認してください。問題は解決しましたか?

    1. はい。問題は解決されました。これは物理的な接続の問題でした。

    2. いいえ。ガイドに進みます。

  3. 可能な場合は、コンピューターを接続して、ドッキング ステーションのネットワーク アダプター ポートを使用してください。問題に影響はありましたか?

    1. はい。サポートにトラブルシューティングについて連絡して、コンピューターのネットワーク アダプター ポートの問題を報告してください。

    2. いいえ。ガイドに進みます。

    3. ドッキング ステーションを利用できない場合は、ガイドの次の手順に進みます。

  4. コンピューターをBIOSから起動して、お使いのコンピューターのネットワーク アダプター ポートでリンクLEDが点灯、消灯、または点滅しているか確認します。BIOSから起動するには、コンピューター起動時にF2キーをすばやく押します。

    1. LEDが点灯している場合、コンピューターがネットワークを検出していて、接続が確立されています。ステップ6に進みます。

    2. LEDが消灯している場合、ネットワークが検出されず、接続が確立されていません。この場合、接続の問題が発生しています。

      1. BIOSでネットワーク アダプターが有効になっていることを確認します。有効な場合、手順5に進みます。

      2. BIOSでネットワーク アダプターが有効になっていることを確認します。有効でない場合、有効にします。これで問題が解決します。解決しない場合は、テクニカル サポートに連絡して指示を受けてください。

    3. LEDが点滅している場合、ネットワーク アダプターはネットワークで通信しています。手順6に進みます。

Ethernetポート
図2:ネットワーク ポート

  1. ネットワーク ケーブルを双方向に交換します。これは、パーソナル コンピューターの正常に作動するケーブルを試し、パーソナル コンピューターからケーブルを外して、別のデバイスに接続することを意味します。障害はパーソナル コンピューターにとどまりますか、それともケーブルに問題がありますか?

    1. ケーブルに障害がある場合、ケーブルとルーターまたはネットワークの接続ポイントを確認してトラブルシューティングします。

    2. 障害がそのコンピューターにとどまり、他のパーソナル コンピューターは問題なく接続できる場合は、サポートに連絡してハードウェアの障害を報告することになります。

  2. ネットワーク アダプター ケーブルの両端を差し込んだまま軽く揺すって、ネットワーク アダプター ポートの緩みを取り除きます。ケーブルを動かすと、ネットワーク アダプターのLEDのステータスが変化しますか?

    1. LEDステータスが変化し、ケーブルが問題から除外された場合は、サポートに連絡してハードウェアの問題を報告する必要があります。

    2. 変化しない場合は、[Software Troubleshooting]タブの次の手順に進みます。

ソフトウェアトラブルシューティング

  1. 次の手順では、オペレーティング システムを問題から除外します。2つの方法があります。まず、ケーブルを交換したのと同じ方法でハード ドライブを交換し、障害がドライブにあるのかユニットに残るのかを確認する方法があります。また、Ubuntu Live CDから起動して、同じ問題が発生するかどうかを確認できますか?

    1. Live CDから、または正常に動作するハードドライブから起動したときに障害が発生する場合、サポートに連絡して指示を受けてください。

    2. Live CDでは障害が発生しない場合、または取り付けた正常なハード ドライブでは正しく作動する場合は、ガイドに進んでださい。

メモ: パーツの取り外しや取り付けの手順については、お使いのコンピューター タイプのユーザー マニュアルを確認することをお勧めします。Ubuntu Live CDがない場合は、以下のリンクからISOをダウンロードできます。CDから起動するには、起動時にすぐ<F12>キーを押して、[Boot Once Menu]から適切なオプションを選択します。

Dellの[Boot Once Menu]
図3:Dellの[Boot Once Menu]

  1. 障害がソフトウェア/構成の問題に絞り込まれている場合は、最初の質問で、トラブルシューティングを実行するよりも、パーソナル コンピューターの再インストールや再イメージ化をするほうが早いか確認してください。以前のトラブルシューティングでは、再インストールにより問題が解決されることがわかっていますが、パーソナル コンピューター上にあるソフトウェアやデータ、および実行したバックアップ方法によっては、多くの作業が必要になります。

    1. トラブルシューティングを実行するよりも早く解決できる場合は、コンピューターを再インストールするか再イメージ化してください。

    2. そうでない場合は、ガイドの次の手順に進んでください。

  2. 最も簡単な最初のトラブルシューティング手順は、ネットワーク アダプターが最後に作動したときの設定にパーソナル コンピューターをリセットすることです。Microsoftナレッジベース記事「Windows の回復オプションこのハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。を参照してください。

  1. デバイス マネージャーからネットワーク アダプター ドライブをアンインストールし、お使いのコンピューター タイプのサポート サイトから最新のドライバーをインストールします。これで問題が解決するか、解決しない場合は次の手順に進む必要があります。「ファイル名を指定して実行」ボックスに移動し、「mmc devmgmt.msc」と入力します。表示されたボックスのネットワーク コントローラーを開き、内蔵ネットワーク アダプターを右クリックして、[アンインストール]を選択します。

  2. 作動しているパーソナル コンピューターの設定と比較して、設定に違いがあるか確認します。違いがある場合、作動しているコンピューターの設定を反映するように変更してください。コマンド プロンプトを表示し、いくつかのコマンドを確認することができます。「ファイル名を指定して実行」ボックスに移動し、「cmd」と入力します。黒いウィンドウのコマンドプロンプトが表示されます。

    ipconfig /all

    このコマンドは、パーソナル コンピューターのすべての接続を一覧表示します。

    ipconfig /release

    このコマンドは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)のIPアドレスを削除します。

    ipconfig /renew

    このコマンドは、新しいIPアドレスを指定します。

    tracert *ipまたはweb URL*

    このコマンドでは、DNSがアドレスを解決して特定のページまたはサイトにアクセスするために必要なジャンプの数と所要時間が表示されます。ジャンプ数が多く、時間がかかる場合、DNSの問題が発生している可能性が高くなります。DNSをリセットして解決します。

    ping *ipまたはweb URL*

    このコマンドは、サイトを表示せずに、またはオペレーティング システムの破損している部分や無効な部分を使用せずにサイトへの接続を確認します。これは基本的なチェックです。

  3. それでも問題が解決しない場合は、Microsoftの次の手順を使用してTCP/IPスタックをリセットできます。それでも問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。

  1. 最後の可能性としては、マルウェアに感染しているため、ネットワーク アダプターの接続が停止し、診断や削除ソフトウェアのダウンロードが妨げられている場合があります。サードパーティー アプリケーションを使用してスキャンを実行することを推奨します。さまざまなフリーウェア プログラムを使用できます。これらのプログラムのどれを使っても問題が見つからない場合は、オペレーティング システムを再インストールして解決するしかありません。

HIPSがドメインとの接続をブロックしている

ドメインに接続することができませんか? これは、ウイルス対策やインターネット セキュリティ ソフトウェアの一部であるホスト侵入防止システム(HIPS)が原因である可能性があります。これは、McAfeeなどのフトウェアに組み込まれています。ここでは、ソフトウェアを除外するための手順を紹介します。

メモ: Dell Proサポートでは、ドメイン ネットワークおよびそれらに接続することはサポートしていません。以下のガイドには、ネットワーク アダプターではなくウイルス対策のトラブルシューティングが必要である場合に、それを特定するための通常の手順が記載されています。
  1. 最初に、インターネット セキュリティ ソフトウェアがインストールされているか確認してください。(McAfee、Nortonなど)インストールされている場合、ネットワークに繋げたままセーフ モードで起動してから接続を試してください。

    実行するには、以下のガイドを参照してください。

  1. コマンド プロンプトからIPCONFIG /allコマンドを実行します。

    1. 有効なドメイン ネーム システム(DNS)エントリーが表示されている場合は、先に進んで、通常のネットワーク アダプターのトラブルシューティングを実行してください。

    2. DNSエントリーが存在しない場合は、次の手順に進みます。

  2. Transmission Control Protocol/Internet Protocol (TCP/IP)のプロパティのDNSエントリーに、ドメインのDNSサフィックスを追加する必要があります。[コントロール パネル]、[ネットワーク接続]の順に移動し、ローカル エリア ネットワーク(LAN)を右クリックして、[プロパティ]をクリックします。

  3. コンピューターを再起動し、IPCONFIG /allをもう一度実行します。有効なDNSエントリを探します。DNSエントリーが表示されない場合は、セキュリティ ソフトウェアをアンインストールして、もう一度確認してください。

  4. 問題が解決しない場合は、ドメイン ネットワーク管理者に連絡して、指示を受けてください。

メモ:

この問題が現在発生している問題と一致しない場合は、以下の記事を参照してください。

最も一般的なネットワークの問題を解決するには、Dellナレッジベース記事「Dell PCでのインターネット接続の問題のトラブルシューティング」を参照してください。

コール ログの記録や、さらにトラブルシューティングを行う場合は、チャット、Twitter、Eメールを使用してオンラインで連絡するか、各地域のサポート ラインにお電話でお問い合わせください。サポート サイトにアクセスして、サイトがお住まいの国または地域に設定されていることを確認したら、記事の下部にある[お問い合わせ]リンクをクリックすると、連絡方法に関する最新情報が表示されます。

ネットワーク アダプター ポートの今後の展望

ネットワーク アダプター規格が、転送速度とその普及率において明らかに優位であることは間違いありません。

しかし、ノートパソコンはEthernetポートからWi-Fi接続に移行する傾向にあります。イーサネットポートを実装できない薄いケーシングのUltrabookやタブレットでは、この変化が多く見られました。

さらに、2020年までに現在のギガビット接続から400ギガビットに転送レートを向上させるための取り組みが進んでいます。

短期的または長期的に見ても、このテクノロジーが取って代わられる兆候はありません。長期にわたりこの状況は続くと思われます。

トップに戻る

その他の情報

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Fixed Workstations

最後に公開された日付

22 12月 2023

バージョン

9

文書の種類

How To