メイン コンテンツに進む
  • すばやく簡単に注文します
  • 注文を表示して配送状況を追跡します
  • 会員限定の特典や割引の利用
  • 製品リストの作成とアクセス
  • 「Company Administration(会社情報の管理)」では、お使いのDell EMCのサイトや製品、製品レベルでのコンタクト先に関する情報を管理できます。

MacBook M1リフレッシュ レートが可変(40~60 Hz)に設定されている場合にDellモニター画面がちらつく

概要: この文書では、MacBook M1に接続されているDellモニターS2721Q、S2721QS、およびS2722QCで画面がちらつく問題について説明します。

この記事は自動翻訳されたものである可能性があります。品質に関するフィードバックがある場合は、このページの下部にあるフォームを使用してお知らせください。

文書の内容


現象

モニター画面のフリッカー

MacBook M1のリフレッシュ レートが[ Variable ](40~60 Hz)に設定されている場合、Dellモニターで画面がちらつくことがあります。

対象製品

  • S2721Q
  • S2721QS
  • S2722QC
  • S2721QSA

原因

これは互換性に関する既知の問題であり、ハードウェアの交換は必要ありません。

解決方法

MACOSバージョン13.0.1以降にアップデートして、可変リフレッシュ レート(VRR)に関連するちらつきを回避します。

MacBookでリフレッシュ レートを[Variable]から[60 Hz]に変更します。

メモ: MacBookのリフレッシュ レート設定は、電源がオンになるたびに手動でリセットする必要があります。これはMacBookのオペレーティング システム設定であり、モニターの設定には関係ありません。

MacBookでリフレッシュ レートを可変(40~60 Hz)から60 Hzに変更するには、次の手順を実行します。

  1. AppleメニューAppleメニュー ランチャー→[System Preferences]の順に選択し、次に[Displays]をクリックします。

    Appleメニューのシステム環境設定
    図1: Appleメニューのシステム環境設定

     

  2. Displays Preferences]をクリックします。

    [Displays Preferences]
    図2:[Displays Preferences]

     

  3. [画面の設定]をクリックします。

    ディスプレイ設定
    図3:ディスプレイ設定

  4. 影響を受けるDellモニターを選択します(DellモニターS2722QCの例については、図4を参照)。

    [Dell S2722QC]を選択
    図4:Dellモニター S2722QCのディスプレイ設定が表示されます

  5. Refresh Rate]をクリックし、[60 Hertz]を選択します。

    [60 Hertz]を選択
    図5:[60 Hertz]を選択

  6. リフレッシュ レートが 60 Hzに設定されているかどうかを確認し、[ Done ] をクリックして変更を確定します。

    [Done]をクリックして変更を確定
    図6:変更の確認

 

文書のプロパティ


影響を受ける製品

Dell S2721Q, Dell S2721QS, Dell S2722QC, Dell S2721QSA

最後に公開された日付

21 11月 2023

バージョン

4

文書の種類

Solution