跳至主要內容
  • 簡單快速地下訂單
  • 檢視訂單及追蹤商品運送狀態
  • 建立並存取您的產品清單
  • 使用「公司管理」來管理您的 Dell EMC 網站、產品和產品層級連絡人。

LinuxまたはUbuntu環境でDell BIOSをアップデートする

摘要: UbuntuおよびLinuxがインストールされているデルPCでBIOSをアップデートする必要がある場合、このページが参考になります。

本文可能採用自動翻譯。如果您對翻譯品質有任何寶貴意見,請使用此頁面底部的表單告訴我們,謝謝。

文章內容


症狀

原因

原因に関する情報は該当しません。

解析度

Linuxのみの環境でDell BIOSをフラッシュする

LinuxおよびUbuntuディストリビューションがDellシステムでますます一般的になるにつれて、Linuxのみの環境が存在する状況が増えています。

UEFIカプセルのアップデート

ご使用のシステムがhttps://fwupd.org/lvfs/devicelist このハイパーリンクをクリックすると、デル・テクノロジーズ以外のWebサイトにアクセスします。に記載されている場合は、UEFIカプセルのアップデートをサポートしており、OS内でネイティブにアップデートできます。

Ubuntu 16.04以降では、新しいBIOSアップデートがネイティブに通知されます。アップデートが利用できる場合、通知が表示され、アップデートが通知されます。

メモ: その他のLinuxディストリビューションでは、カプセル フラッシング ツールを手動でインストールする必要がある場合があります。詳細については、ディストリビューションのベンダーにお問い合わせください。
 

システムまたはオペレーティングシステムがUEFIカプセルのアップデートをサポートしていない場合:

  • 新しいシステム(2015より後)の場合は、下のセクション2を参照してください。
  • Linux/Ubuntuの古いシステムおよびリリースの場合は、ブータブルUSB BIOSアップデートを作成するプロセスが下のセクション3およびセクション4で参照されています。

トップに戻る


サポート対象のUEFIシステム(2015年以降)でBIOSをアップデートする

BIOSブートメニューのアップデート

2015以降のすべてのデル製システムは、ブートメニュー内からのアップデートされたBIOSのフラッシングをサポートしています。これらのシステムでBIOSをアップデートするには、下記の指示に従います。

  1. USBストレージ デバイスをフォーマット。

    Ubuntu 16.04以降では、USBストレージ デバイスをFAT32としてフォーマットする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。

    1. メモリー スティックなどのUSBストレージ デバイスを接続します。

    2. Ubuntu Dashアイコンをクリックまたはタッチします。

    3. disks」と入力して、「Disks」アプリケーションを検索します

      図1:[Disks]アプリケーションの検索

      SLN171755_en_US__4disks

    4. Disks]を選択します。

      図2:[Disks]アプリケーション

      SLN171755_en_US__5disksapp(1)

    5. 左側でUSBフラッシュドライブを選択します。(上記図2の1)

      図3:ボリュームのフォーマット

      SLN171755_en_US__6format volume

      メモ: 他のLinuxディストリビューションでは、USBストレージ デバイスをフォーマットする方法についてディストリビューション ベンダーに確認することが必要になる場合があります。
    6. 下の「Partition Type(パーティションタイプ)」を確認します。(上記図2の2)

      • パーティション タイプが[FAT32]になっている場合は、すでに正しくフォーマットされています。

      • パーティション タイプがそれ以外の場合は、フォーマットする必要があります。

    7. Size]の上にある歯車のアイコンをクリックします(上記図2の3)

    8. Format]を選択します。

    9. Type]が「FAT」であることを確認します。

    10. Format]ボタンをクリックします。

  2. BIOSアップデートのダウンロード:

    1. www.dell.com/support/driversにアクセスして、使用しているシステムを見つけます。

    2. [BIOS Update]を選択して、Webブラウザーでダウンロードします。

    3. [Downloads]フォルダーに移動して、BIOSをUSBディスクにコピーします。

      :BIOSフラッシュの末尾は.exe拡張子です。Linuxではネイティブには開けませんが、BIOSにより適切に処理されます。
  3. BIOSアップデートのフラッシュ

    システムを電源コンセントに未接続の場合は、接続してください。

    1. システムを再起動し、起動時のDELLロゴ画面でF12を押します。

      One-Time Boot Menu](図4)が表示されます。

      図4:ワンタイム ブート メニュー

      SLN171755_en_US__9OTBM(1)

    2. BIOS Flash Update]オプションを選択します。

    3. USBディスクに移動して、ダウンロードしたBIOSを選択します。

    4. アップデートが完了すると、システムが自動的に再起動します。

      図5:BIOSアップデート

      SLN171755_en_US__10BIOS_update_ubuntu


トップに戻る


FreeDOSの使用によりUSBブータブルストレージデバイスを作成する(レガシーシステム)

警告:この手順は、USB 3.0のみのシステムでは機能しません。このプロセスは特例として提供されており、ブータブルUSBキーを作成するには、サードパーティー製のユーティリティーが必要です。このプロセスはDellテクニカル サポートのサポート対象外です。個人の責任で行ってください。
 

古いバージョンのLinuxとUbuntuおよび2015年以前のシステムの場合、次の方法でBIOSをアップデートする必要があります。

メモ: この手順は、Linuxが出荷時にインストールされていないシステムでは機能しない可能性があります。このプロセスは特例として提供されており、ブータブルUSBキーを作成するには、サードパーティー製のユーティリティーが必要です。このプロセスはDellテクニカル サポートのサポート対象外です。
 

BIOSのフラッシュを続行するには、FreeDOSのあるブータブルUSBストレージ デバイスを作成する必要があります。

メモ: 繰り返しますが、このプロセスはFreeDOSまたはLinuxを出荷時インストールできないシステムでは機能しない可能性があります。
 

開始する前に、下記をシステムにダウンロードします。

  • www.dell.com/support/driversにあるお使いのシステムの最新BIOS
  • www.freedos.org/downloadにあるFreeDOS Base ISO 1.0 SLN171755_en_US__2iC_External_Link_BD_v1
  • Linuxのソフトウェアセンターに移動して、「UNetbootin」を検索してインストールできる、UNetbootinをインストールします。

UNetbootinをインストールした後、このプログラムを実行して、[Diskimage]オプションを選択します。[ISO]に設定して、ダウンロード済みのFreeDOS Base ISOファイルを選択します。

「Type(タイプ)」に「USB Drive(USBドライブ)」、ドライブに/dev/sdb1を選択して、「OK」をクリックします。

UNetbootin画面の外観を示す例として下のイメージを使用します。

図6:UNetbootin画面

SLN171755_en_US__141359412918706.unetbootin

この操作が完了したら、BIOSの.exeファイルをUSBストレージ デバイスにコピーします。

ここで、セクション4に移動します


トップに戻る


2015年以前のデル製システムでBIOSをアップデートする

  1. BIOSフラッシュ ファイルをコピーしたら、システムを再起動し、Dellのロゴが表示されたら、F12を押して[One Time Boot]メニューを表示します。

  2. USBスティックから起動するためのUSBストレージデバイスを選択します。

  3. システムに起動メニューが表示されたら、[fdos]オプションに続いて[safe mode]を選択します。

警告:オペレーティング システムを損傷するため、FreeDOSをハード ドライブにロードしないでください。
 
  1. ブート シーケンスが完了すると、「A:」プロンプトが表示されます。

  2. ドライブ文字をB:またはC:に切り替えます(USBメモリー スティックに割り当てられているドライブ文字)。

  3. アップデート処理を開始するには、BIOSフラッシュ ファイルのファイル名(例:O9010A12.exe)を入力して、Enterを押します。

  4. アップデートが完了すると、システムが自動的に再起動します。


トップに戻る

其他資訊

文章屬性


受影響的產品

Inspiron, Latitude, Vostro, XPS, Fixed Workstations, XPS 13 L322X

上次發佈日期

19 10月 2023

版本

8

文章類型

Solution